不快な手首の蒸れから手首を解放してくれるAppleWatch用シリコン製バンド「Groove Watch Band」

何時になったら日本でもEEG(心電図)の計測が可能になるか分からないAppleWatchですが、そのAppleWatchのバンドって何種類くらい持っていますか?
AppleWatchにはシリコン製のバンドから金属、そしてレザー製のバンドまで幅広くラインアップが取りそろえてありますが、そらくそのバンドについての不満を聞かれると誰もが”蒸れ”を挙げられるのではないでしょうか?
スポーツ中にかいた汗、台所仕事や掃除中にバンドの中に入り混んだ水分、こう言ったものは冬場も夏場も何もしなければなかなか乾きませんし、夏場などは気温の高さも手伝ってすぐに皮膚やふやけたりもし、汗に含まれる塩分で皮膚に炎症を起こしてしまう方もおられます。

そこで今回はバンドの皮膚の間に水分が残らない、すぐに乾いてしまうAppleWatch用のバンド「Groove Watch Band」をご紹介致します。


“不快な手首の蒸れから手首を解放してくれるAppleWatch用シリコン製バンド「Groove Watch Band」” の続きを読む

夏の革靴のあの不快感!!そしてあの蒸れた臭いを防いでくれる画期的な革靴「Youngsense」

 革靴と言われてあなたはどう言うイメージを持っていますか?革靴と言うとビジネスマンの定番シューズですが、この革靴って通気性がない上に汗をかくと汗が蒸発しないまま靴下がその汗を吸って、それでも吸えない汗は靴底にたまり、あの嫌なムワ〜とした異臭を玄関で放ち、家族からも嫌がられます。
 ですから夏は通気性の良い革靴を履く様にしていると言う方でも、この夏の強い日差しの下で1日中外を歩いていれば靴下は汗で湿りそして足の皮膚はプールに長時間入った後の様にふやけていますし、靴の中もその汗で濡れ、その汗に含まれる皮脂等を栄養にしてバクテリアや細菌が繁殖してあの嫌な臭いを放ちます。

 ではどうすれば汗をかいてもカラッと靴の中は乾いている状態が保て、そして汗が靴底にたまらずに細菌やバクテリアが繁殖しないのか?それを突き詰めて設計・デザインされた革靴がこの「Youngsense」たちです。


“夏の革靴のあの不快感!!そしてあの蒸れた臭いを防いでくれる画期的な革靴「Youngsense」” の続きを読む