睡眠のコントールからサウンドコントロールまでトータルにコーディネイトする「Auri」

快眠・快床は健康のバロメータですが、みなさんは布団やベッドに入った時にすぐに眠りに落ち、そして翌朝スッキリと起きる事ができていますか?
よくスマートフォンを寝る前に操作していると眼が冴えて眠る事ができないと言われますが、これは正解です。
人間はブルーライトの成分を含む朝日を浴びるとメラトニンと言う睡眠誘導物質の分泌が抑制されて目覚め、夕日に含まれる赤い光を浴びるとメラトニンの分泌が促進され、より快適に眠りに着く事ができます。

そこで今回は照明の光をコントロールする事で日常スッキリとした気分で過ごす事のできる「Auri」をご紹介致します。

“睡眠のコントールからサウンドコントロールまでトータルにコーディネイトする「Auri」” の続きを読む

AIと脳波をキーワードに自動合成したサウンドで安眠をもたらし集中力をアップさせるアイマスク「Luuna」

何かやらなければならない事があるのに気分が乗らないだとか、周囲のノイズや気になって集中できない、やらなければらない事以外の事が頭の中の中を占めてしまい、やらなければならない事がなかなか捗らないと言う事は誰にでもあります。

そう言う時に何か1つ確実にある事をやれば(ハンドスピナーを回すだとか)集中力を取り戻す事ができる、好きなアーティストの楽曲を聴くと集中力を取り戻す事ができると言う方法を持っているのであれば良いのですが、なかなか今日は良くても明日はダメとか、先月はこれで集中できていたのに今月はダメ……と言う様になかなか自分のルーティーンを見つけると言うのは難しいものです。

ところが今回紹介しますアイマスク「Luuna」は集中したい時に装着するだけで誰もが集中力をアップさせる事ができるのです。


“AIと脳波をキーワードに自動合成したサウンドで安眠をもたらし集中力をアップさせるアイマスク「Luuna」” の続きを読む

AIで睡眠を分析し、夜どうしても寝られない、朝起きられないと言う方い悪循環を改善してれる目覚まし時計「Circa」

睡眠について満足できていないと言う方は世の中にはたくさんおられるわけですが、どうして夜眠いのに寝る事ができないのでしょうか?
それは物理的、生理学的には睡眠誘導物質の”メラトニン”が脳の中での分泌量が少ないか、分泌されていないからです。
つまり寝付きを良くしようと思えば、羊の数を数えるよりも睡眠のメカニズムを知る事の方が重要です。

メラトニンは朝起床後、次の睡眠の為に約14〜16時間経過すると自然と分泌され始める様になっており、睡眠中はずっと出続けて強い光を受けるとその分泌量は徐々に減り目が覚めます。つまり、朝起きるのが遅いとメラトニンの分泌開始時刻も遅れる事から夜になかなか眠る事がきなくなるわけなのです。

つまり夜寝れない方は寝る時刻から逆算して14〜16時間前には、朝日を浴びて(冬は日の出時刻が遅くので照明で調整するのがベターです)起きて調整するのが布団に入ってすぐに寝付ける様に習慣付けるコツなのです。

そこでそれを手助けしてくれる目覚まし時計、睡眠トラッカー「Circa」を今回はご紹介致します。


“AIで睡眠を分析し、夜どうしても寝られない、朝起きられないと言う方い悪循環を改善してれる目覚まし時計「Circa」” の続きを読む