精鋭選手のトレーニングにも最適な水中でもクリアなサウンドを楽しむ事ができるワイヤレス骨伝導イヤホン「Zygo」

ジムでトレーニングマシンを使っている時と同じ様に、泳いでいる間も音楽を聴いていたいからと防水タイプのBluetoothイヤホンを買ったのに、いざプールの中に入って泳いでいると音が途切れたり、全く聞こえななかったりと言う事がよく起こります。
これはBluetoothイヤホンの故障や、イヤホンが悪いと言う訳ではなく、元々Bluetooth4.2以前の規格を採用したBluetoothイヤホンは10m程度しか電波は届きませんし、更に水は電波を吸収してしまうからで、耳にはめたBluetoothイヤホンが水に浸かっただけでも電波は途切れます。

ですから潜水艦は無線で通信する時は海面に浮上しますし、敵を探知したり周囲の状況を知る為に空なら電波を使ったレーダーを使いますが、水中では音波を使ったソナーを使うと言う様に、実は泳ぐ時にイヤホンをして楽曲を聴くと言うのは、そう簡単にできる事ではないのです。

更にイヤホンを身に着けた耳の中に水が入ると、これまた水が音を吸収してしまいますので、元の楽曲のサウンドとはかけ離れてしまいます。

そこで水中と言う悪条件でもクリアなサウンドを再生できる骨伝導イヤホン「Zygo」を今回はご紹介致します。


“精鋭選手のトレーニングにも最適な水中でもクリアなサウンドを楽しむ事ができるワイヤレス骨伝導イヤホン「Zygo」” の続きを読む

4スピーカーでクリアなサウンドを楽しめ、頭の締め付け感がない骨伝導スピーカー搭載キャップ「ZEROi」

 骨伝導ヘッドホンと言うジャンルのヘッドホンをみなさんはご存知でしょうか?この骨伝導ヘッドホンはダイレクトに骨(頭蓋骨)を振動させて音を伝達させますので、鼓膜で音を聴く様に周囲の雑音の影響を受ける事がありません。しかも鼓膜を防ぎませんので周囲の音も自然と耳に入って来て自動車の走行音等やクラクションの音に気づかなくて怖い思いをすると言う事がなくなりますし、知り合いに呼びかけらたのがわからずにシカトするつもりはなくても結果的にシカトしてしまい気まずい思いをする事もありません。
 ただ骨伝導ヘッドホンの場合、骨に振動を伝えますので骨伝導スピーカーと呼ばれる音を振動に変えて骨に伝えるスピーカーを密着させる必要があり、もし少しでも浮いていると振動が伝わらずに全く聞こえないか、聞こえても浮いている事で伝達される振動が弱くなって結果的に聞こえる(認識できる)音が小さくなって聞こえ辛くなり、今度はボリュームを上げると普通のヘッドホンと同じ様に音漏れを起こして周囲の方に迷惑をかけてしまいます。
 ですから骨伝導ヘッドホンの場合、接触している皮膚が次第に痛くなって来るくらい密着させるのがコツなのですが、前述した様に身につけていて痛くなるのは嫌ですし、だからと言ってユルユルで聞こえ辛いのも嫌です。

 そんな締め付けの圧力による痛みと聞こえ易さと言う相反する問題を帽子を利用する事で解決したのがこの「ZEROi」です。


“4スピーカーでクリアなサウンドを楽しめ、頭の締め付け感がない骨伝導スピーカー搭載キャップ「ZEROi」” の続きを読む