PM2.5が気になる季節、手軽に使えるポータブル・エアモニター「Huma-i」

一時期は大陸からやって来るPM2.5がメディアで大々的に取り上げられ問題にもなりましたが、今ではサッパリとメディアに取り上げられる事もほぼなくなっています。
それはPM2.5が飛来して来なくなったのではなく、ただ単にメディアの関心が薄れただけで、相変わらず大陸からはPM2.5が同じ様に飛来していますし、日本国内でもPM2.5は排出されており、それは黄砂の様に見えるワケでもなくPM2.5の濃度が上がり霧の様に見えるならば、それは人体に対して危険レベルであると言う事を意味しています。

そこで今回は、簡単にPM2.5をはじめ人体に有害な物質の濃度を計測する事が可能なポータブル・エアモニター「Huma-i」をご紹介致します。


“PM2.5が気になる季節、手軽に使えるポータブル・エアモニター「Huma-i」” の続きを読む

PM2.5,PM10,VOC,CO2と言った目に見えない空気の状態を観測する世界最小!?のポータブルエアーモニター「PiCO」

数年前には盛んにテレビ等の報道番組でも取り上げられた有害物質であるPM2.5が今はどうなっているのか、みなさんはご存じですか?
メディアも他に話題があるのか、それとも大気汚染の話題には飽きたのか取り上げられないだけで、実は盛んにメディアに取り上げられていた頃と殆ど現状は変わっていませんし、その当時は中国から飛散する窒素酸化物をはじめとするPM2.5が取り上げられていましたが、実は国内でも割と工場や自動車の排気にも含まれており年中PM2.5は大気中に拡散されていますので、偏西風が吹いているこの時期だけでなく常に気にする必要があります。

そんな気になる大気の状態を常に手元で計測できる世界最小!?とも言える観測機器「PiCO」を今回はご紹介致します。


“PM2.5,PM10,VOC,CO2と言った目に見えない空気の状態を観測する世界最小!?のポータブルエアーモニター「PiCO」” の続きを読む

人間の様に目と耳を使って留守宅を守ってくれるホームセキュリティーEYEロボット「Moon」

みなさんはIPカメラ(ネットワークカメラ)と言うジャンルのカメラをご存じでしょうか?
このIPカメラはインターネットに接続できるカメラで、外出先から世界中どこにいてもスマートフォンの専用アプリケーションやブラウザ等を使って自分で設置したカメラの映像をリアルタイムで遠隔で見る事ができるカメラの事で、最近では家の様子を見守る防犯カメラとして自宅に設置したり、自宅に残しているペットの様子を見守りペットカメラ、そして別の部屋に寝かせている赤ちゃんを見守る為のベビーカメラとして利用されていたりするのですが、今回紹介する目玉の様な形をした「Moon」は何と、自宅のワイヤレスコントロールする事ができる電化製品やAV機器と言ったものまで操作する事ができる素晴らしいカメラなのです。


“人間の様に目と耳を使って留守宅を守ってくれるホームセキュリティーEYEロボット「Moon」” の続きを読む

目に見えないPM2.5や花粉を可視化するモトローラ”Moto Z”用気象観測アクセサリ「Inhale」

 杉やヒノキの花粉症の方はこれから数ヶ月間は花粉によるアレルギー症状と戦わなければいけない辛い季節がやって来ましたが、いくらマスクや花粉用のメガネを装着したとしても空気中に飛んでいるものは飛んでいますから、それが衣服についてマスクやメガネを外した途端に眼や鼻や口の中に入るとせっかくのガードも台無しです。
 ただその花粉も飛散予測や実際の観測状況をネットやスマートフォンのアプリケーションで確認したとしても、それは観測機器のある場所での計測結果であって、今自分がいる場所の実際の状況ではありませんから、こればかりは何ともわかりませんし、今日は花粉の飛散予測も少ないし、実際の観測状況も少ないから大丈夫!!と思っていたら実際には自分がいた場所では風に乗って大量の花粉が飛散して来ていて自分の衣類に大量に付着しているのを知らずに、花粉を払わずに部屋へ入ってマスクを取ったら鼻水とクシャミが止まらない….と言う経験を花粉症の症状のきつい方は今までにも何度も経験されています。

 ではどうすれば花粉対策ができるのか?それはもう自分自身で花粉を観測するしかありませんし、その観測が簡単にできるのがこの「Inhale」です。


“目に見えないPM2.5や花粉を可視化するモトローラ”Moto Z”用気象観測アクセサリ「Inhale」” の続きを読む

数秒で空気を充填可能なミニガスカートリッジを使った自転車用空気入れ「Air Lever」

 自転車用の空気入れで水草を育てる為の水槽や家庭用のビアサーバー、最近では炭酸水を作るソーダーメーカー等に使う小型の二酸化炭素ボンベを使用してタイヤに空気を補充する事ができる空気入れがあるのをご存知ですか?
 この空気入れがあると何が便利なのか?と言いますとCO2炭酸ボンベのガスをタイヤに注入しますから手動の空気入れの様にポンプを押して疲れないと言う事と持ち歩くのはCO2ガスのボンベ2本とボンベを接続してタイヤに空気を注入する為のインフレーターと言うアダプターさえあればいつでもどこでも空気を入れる事ができますので、空気入れの様に嵩張りませんし、なおかつ空気入れは長年使っていると紫外線でゴムチューブが劣化して来て亀裂が入っていざ空気を入れようと思うとチューブから空気が漏れて空気を入れる事ができないと言う事はたまにしか使わない空気入れならよくある事ですが、そうなると空気を入れる手段がなくなってしまいますが、このCO2ガスボンベを使う空気入れの場合、紫外線で劣化する事も湿気で錆びる事もありませんから空気を入れたい時に確実に入れる事ができるのがこのCO2ガスボンベを使った空気入れの特徴です。

 また気になるCO2ボンベの入手のしやすさですが、これは汎用品で規格も同じなのでソーダメーカー用のボンベや水槽に二酸化炭素を添加する為のボンベと様々なタイプのボンベが使えますので入手もソーダメーカーを扱っている店舗があればそう言うショップでも買えますし、もちろんネットではどの大手通販サイトでも手に入れる事ができます。


“数秒で空気を充填可能なミニガスカートリッジを使った自転車用空気入れ「Air Lever」” の続きを読む

屋内、屋外のPM2.5やCo2をリアルタイムで監視するエアモニター「AirVisual Node」

二酸化炭素の濃度が高くなるとどうなるかご存知ですか?地球温暖化の原因が二酸化炭素だと言う事はテレビや新聞で報道されていますのでご存知の方も多いかと思いますが、二酸化炭素の濃度が高くなると地球だけではなく人体にも悪影響を及ぼします。

例えば通常大気中の二酸化炭素の濃度は400ppm前後です。エレベーターや映画館の中で1,000ppm前後、混雑した地下鉄車両内で4,000ppm程度の濃度があり、30,000ppmを超えると頭痛や吐き気をもよおし、80,000ppmを超えると昏睡状態に陥って更に濃度が高くなると窒息死に至ります。

また文部科学省の学校環境衛生基準においても教室内の二酸化炭素濃度は1,500ppm以下が望ましいとされ、これは二酸化炭素濃度が2,500ppmを超えたあたりから思考能力や集中力が急激に下がると言う結果に基づいています。

ですから換気して二酸化炭素の濃度を下げる事が必要になって来るわけですが、二酸化炭素って眼に見えるワケではありませんから今どれくらいなのか?って事がわかりませんよね。この「AirVisual Node」は二酸化炭素以外にも様々な空気の状態を監視し、身体に与える影響を分析して知らせてくれるデバイスです。

“屋内、屋外のPM2.5やCo2をリアルタイムで監視するエアモニター「AirVisual Node」” の続きを読む