外観を損ねないで自由に設計できるレゴ用ワイヤレスLEDブロック「i-Brix」

 レゴブロックで作った造形物をただ飾るだけではなく、LEDで光らせたいと思った事ってありませんか?例えば家であれば街灯や窓の中にLEDを仕込んで光らせるだとか、車ならヘッドライトにLEDを入れるだとか、ちょっと光らせるだけでガラッと雰囲気は変わりますし、また同じ物でも光るだけで良く見える事ってよくあります。

 ただ今までもレゴ純正ではなくサードパーティー製のLEDを内蔵したブロックって結構な種類が発売されているのですが、LEDを光らせる為には電気が必要です。その電気をLEDに送るにはブロックの中に電池を内蔵させるか、そうかケーブルを電池BOXや電源ユニットまで引っ張って来なければならず、このケーブルを隠すのに皆さんレゴに穴を開けて加工したりだとか色々工夫をされて作られているのですが、それでもブロックの組み方によってはどうしてもケーブルをうまく隠せずに露出する事もあり、それが悩ましい所なのです。

 その悩ましいケーブル問題を一気に解消してくれるのがこのワイヤレスLEDブロック「i-Brix」です。


“外観を損ねないで自由に設計できるレゴ用ワイヤレスLEDブロック「i-Brix」” の続きを読む

LEGOブロックを電動化しスマートフォンで操縦できる様にする「SBrick Plus」

LEGOの”TECHNIC”シリーズや自作のLEGOマシンをラジコンの様に操縦できたらいいな?と思った事ってありませんか?LEGOには”Power Functions”シリーズと言って”TECHINC”シリーズや自作のLEGOマシンに”Power Functions”シリーズのモーターやコントローラー、バッテリモジュールを搭載する事で、”Power Functions”シリーズの赤外線コントローラーを使ってラジコン化する事ができる様になっています。
ですが赤外線は受光部が死角になると赤外線を受ける事ができずに赤外線が切れた途端に動かなくなってしまいますし、ちょっと離れると赤外線も届かずに止まってしまいますので常に赤外線受光部が見える様に一緒に動いてないといけませんし、”TECHINC”シリーズのクレーン車などは走行はさせる事はできますが、アームを伸ばしたり動かしたりは”Power Functions”シリーズだけではできませんので、そう言う細かい部分も”Power Functions”シリーズのモーターを搭載してBluetoothでペアリングされたスマートフォンから操縦できる様にしたLEGOコントローラーが”SBrick”なのですが、”SBrick”も所詮は”Power Functions”をBluetooth化してスマートフォンでコントロールできる様にしただけでそれ以上の拡張性はありませんでした。

そこで今回、”WeDo 1.0”キットを使える様にしたのがこの「SBrick Plus」です。


“LEGOブロックを電動化しスマートフォンで操縦できる様にする「SBrick Plus」” の続きを読む

LEGOブロックでウォールアート!! 貼って剥がせる基礎板「Brik Tile」

子どもさんがいてLEGOブロックを知らない人も少数派でしょうし、LEGOブロックを持っていないと言う人も少ないかと思います。でも子どもが大きくなって来るといつの間にかそのLEGOも倉庫や天井収納の奥深くに眠ってしまっていたり、友達の家に嫁いで行ったりします。

その眠っているLEGOに再び、遊ぶ為の使命ではなくインテリアとしての使命を与えて活用しようと言うのがこの「Brik Tile」です。


“LEGOブロックでウォールアート!! 貼って剥がせる基礎板「Brik Tile」” の続きを読む

BeagleBoneでLEGOのEV3を作ちゃうキット「EVB」

LEGO® MINDSTORMS は持ってますか?このMINDSTORMSが出たのは確か13年か14年前。だんだんコントロールボードも進化して行き、現行バージョンのEV3では液晶ディスプレイを搭載し今ではWiFiやBluetoothでの通信も可能となっている。

ただこのEV3、使っている人はご存じだろうが、かなり高価。このEV3が高いのでちょっと買い足して違うものをと思っても二の足を踏んで、作ったものを分解して再度新しくブロックを組み上げて新しいロボット等を作っていくしかない(私の場合)が、このキットを使えばEV3コンパチブルのインタフェースボードが何と$70以下!!
BeagleBoneと組み合わせても1万円以下。ってことは半額以下でEV3が手に入るのだから素晴らしい!!

メニュー、インタフェース、そのまま同じになってます!!

しかも完全コンパチブルなので、ソースもそのまま書き込めます。EV3もスクラッチ風の(昔はフローチャートっぽいものを書くエディタでしたが)プログラムエディタなので、子供でも簡単にプログラムが書けてしまいます。

“BeagleBoneでLEGOのEV3を作ちゃうキット「EVB」” の続きを読む