MESHネットワークを使う家中の植物の状態を監視するプラント・モニター「FYTA Beam」

花を育てる事は好きなのに、知らない間に花を枯らしてしまっていると言う方は意外な程にたくさんおられます。

これには様々な要因が関係しており水やりもそうですが、プランターや鉢植えを置いた場所、そして土の状態まで関係して来るのです。

例えば植物によってはよく太陽の当たる場所を好む植物もあれば、日陰を好む植物もありますし、風通しの良い場所=湿度の引い場所を好む植物もあったりと本当に千差万別で、プランターや鉢植えを置く場所によってせっかく咲く花も咲かなかったりと言う事も実際にはあります。

そこで、そう言う植物を育てるのが苦手な方に植物の生育状態をモニタリングし、アドバイスするプラント・モニター「FYTA Beam」を今回はご紹介致します。
“MESHネットワークを使う家中の植物の状態を監視するプラント・モニター「FYTA Beam」” の続きを読む

コーヒー好きが最後に拘るのは水!! コーヒーを抽出するのに最適な水を作り出す精水ポット「Peak Water」

よく私達は同じ大豆と”にがり”から作った豆腐でも水が違えば全く違う味になるし、お茶も水が違えば甘みが強くなったり、渋味が強くなったりすると言う事を昔からよく言います。
それは水に含まれる様々な有機化合物、つまりミネラルによる水の性質から来ています。

日本の水は一般的には”軟水”(カルシウムやマグネシウムの量で決められる指標です)が多く、性質的には中性から酸性に位置します。一方ヨーロッパの水は”硬水”であると言う事はよく聞きますし、カルシウムやマグネシウムを大量に含むためアルカリ性を示し、生水を飲むとお腹がゆるくなったりします。

こう言った硬度(硬水なのか軟水なのか)の違う水がコーヒーの味にどう言った変化をもたらすのかと言いますと、コーヒー豆そのものは酸性です。ですからアルカリ性の硬水でコーヒーを淹れると酸味が抑えられてまろやかな味にはなるのですが、逆に苦味が際立ちます。

一方、日本の水はと言いますと酸味は強いものの苦味が抑えられるので、苦いのが苦手と言う方には適した水と言う事になるのですが、中にはコーヒーの苦味が好きと言う方もれいば、酸味が強い方が好きと言うかたもおられますし、コーヒー豆によっても酸味が強くそれがウリの豆があれば、苦味がウリの豆もあります。

ですからこう言うコーヒー豆のうま味を如実に抽出するなら自家焙煎も良いのですが、最終的には水が味を決定しますのでその水を何とかしなければならず、今回紹介します「Peak Water」はどの国の水でもコーヒーを淹れるのに適した水を作り、世界中どの国に行ってもコーヒー豆さえ同じなら同じ味のコーヒーの味を出す事のできる精水ポットです。


“コーヒー好きが最後に拘るのは水!! コーヒーを抽出するのに最適な水を作り出す精水ポット「Peak Water」” の続きを読む