コーヒー好きが最後に拘るのは水!! コーヒーを抽出するのに最適な水を作り出す精水ポット「Peak Water」

よく私達は同じ大豆と”にがり”から作った豆腐でも水が違えば全く違う味になるし、お茶も水が違えば甘みが強くなったり、渋味が強くなったりすると言う事を昔からよく言います。
それは水に含まれる様々な有機化合物、つまりミネラルによる水の性質から来ています。

日本の水は一般的には”軟水”(カルシウムやマグネシウムの量で決められる指標です)が多く、性質的には中性から酸性に位置します。一方ヨーロッパの水は”硬水”であると言う事はよく聞きますし、カルシウムやマグネシウムを大量に含むためアルカリ性を示し、生水を飲むとお腹がゆるくなったりします。

こう言った硬度(硬水なのか軟水なのか)の違う水がコーヒーの味にどう言った変化をもたらすのかと言いますと、コーヒー豆そのものは酸性です。ですからアルカリ性の硬水でコーヒーを淹れると酸味が抑えられてまろやかな味にはなるのですが、逆に苦味が際立ちます。

一方、日本の水はと言いますと酸味は強いものの苦味が抑えられるので、苦いのが苦手と言う方には適した水と言う事になるのですが、中にはコーヒーの苦味が好きと言う方もれいば、酸味が強い方が好きと言うかたもおられますし、コーヒー豆によっても酸味が強くそれがウリの豆があれば、苦味がウリの豆もあります。

ですからこう言うコーヒー豆のうま味を如実に抽出するなら自家焙煎も良いのですが、最終的には水が味を決定しますのでその水を何とかしなければならず、今回紹介します「Peak Water」はどの国の水でもコーヒーを淹れるのに適した水を作り、世界中どの国に行ってもコーヒー豆さえ同じなら同じ味のコーヒーの味を出す事のできる精水ポットです。


では実際のところ、この「Peak Water」ではどう言う方法でコーヒーに適した水を作っているのかと言いますと”イオン交換樹脂”と言うもので水を濾過する事でpHが一定の水を作り出しています。
水に溶けている物質は必ずプラスの電気を帯びているか、マイナスの電気を帯びており、これを特定の物質を使った交換樹脂で取り込む事でpH値を安定化すると共に不純物を確実に濾過します。

よく活性炭を使った浄水器がありますが、これは炭の中を水を通す事で炭に不純物を吸着させているのですが、活性炭そのものが粒子状のものなのでその粒の隙間をぬって水が透過すると濾過された水にそのまま不純物が混じったままになりますが、この「Peak Water」ではそう言う事がない様に濾過する為に”イオン交換樹脂”を使っています。

そして実際の使い方はよくある浄水ポットと同じです。ポットの蓋を開け水を注ぎ、そして自重で濾過されるのを待つだけです。

その時に重要なのがポット上部のダイヤルの設定です。付属のテストストリップで水道水をテストする事で、ダイヤルをどの位置で濾過すると同一品質の水を作る事ができるのかが表示されますので、テストストリップの結果からユーザーガイドを見てダイヤルを設定するだけです。この設定は使用する水が変わらなければ変わりません。

そしてこの「Peak Water」を使う事で言えるのは、決して美味しいとは言えない水道水でも、劇的に味が変化して美味しくなると言う事ですので、詳細につきましては下記URLにてご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/522120647/peak-water-coffee-brewing-elevated

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です