ワンハンドルで長さの調整が可能なカメラストラップ「Universal Camera Strap」

カメラストラップやバッグ等のベルトの長さを調整する為の金具にアジャスターやバックル、調整金具等の名前がついた金具がありますが、この長さを調整するには、金具に通してあるベルトを緩めてからベルトを送って調整すると言うやり方をしなければ調整できません。

これがバッグの様なものですとベルトの長さは一度設定すればほぼほぼ変える必要がないので良いのですが、ことカメラストラップとなるとそうは行きません。

と言いますのもカメラストラップは肩に肩掛けする、首にかける、たすき掛けにすると言った掛け方によって長さを変えなければいけないからです。
中には同じ長さのままと言う方もおられますが、首にかける為に調整した長さのまま肩掛けするとカメラ本体が骨盤あたりまで垂れ下がり、歩く振動でカメラが骨盤に当たって跳ねたり、人やモノに当たったりと言う事があるからです。
ですので、人に当たると人に迷惑をかけますし、モノに当たるとカメラ本体やレンズを破損してしまうかもしれません。

ですから掛け方によって本当はベストな長さに調整するのがベストなのですが、アジャスターやバックルの調整ってハッキリ言って面倒です。

そこで今回は、その調整をワンハンドルで簡単に行える「Universal Camera Strap」をご紹介致します。
“ワンハンドルで長さの調整が可能なカメラストラップ「Universal Camera Strap」” の続きを読む

決定的瞬間を見逃さない!!カメラストラップの取り回しを劇的に変えるストラップアダプタ「SPINN CP.01」

みなさんはカメラストラップにイラッとした経験ってありませんか?
何故か昔からカメラストラップを取り付ける穴はカメラの上端に両サイドに決まってありますが、この位置って特に右側はシャッターを押したりするので、急いでカメラを構えた時にストラップが指に巻き付くと非常にシャッターが押し辛く邪魔ですし、カメラを縦に構えた時もミラーレスカメラなどは液晶モニターの上にストラップが覆い被さり映像の確認ができないなど非常に邪魔です。

かと言ってストラップを取るのも勇気が必要です。
何故ならストラップを取ると、誤って手からカメラが離れた時に無残にも地面にカメラを落下させてしまうかもしれないからです。
しかもそれがン十万円もする一眼レフだとしたら、考えただけでもゾッとしますよね。

ですからストラップを外したくてもなかなか外せないのです。

そこで今回はそのストラップを邪魔にならない全く別の場所へと移動させつつカメラの取り回しをも向上させた「SPINN CP.01」と言うアダプタをご紹介致します。
“決定的瞬間を見逃さない!!カメラストラップの取り回しを劇的に変えるストラップアダプタ「SPINN CP.01」” の続きを読む

磁石で脱着容易なカメラストラップ「SHOOT」

首から下げたカメラ、とっさの時にストラップが邪魔をして構えられなくてシャッターチャンスを逃した事はありませんか?
一眼レフカメラには普通、カメラストラップを付けて持ち歩きますよね。でもそのカメラストラップに邪魔をされた事はどなたにもあるでしょう。ストラップを長くすると、他の荷物等と干渉したりしますし、逆に短いと首から外す時に引っ掛かって手間がかかります。
そうこうしているウチにシャッターチャンスを逃してしまった(T_T)って事はよくある事です。そのストラップが普段は簡単に外れなくて、外そうと思った時に、一瞬で外れたら便利だと思いませんか?この「SHOOT」はそんな、外れないけど外す時は簡単に外れるカメラストラップなのです。

原理はフックと磁石。

取り付ける時はこの動画の様にフックを近づけるだけで磁石の力で難なく、くっつき、外す時に横にスライドして外します。
これで、くっつけるのは近づけるだけと超簡単、外すのは意識的に横にスライドしなければならないと言う、ちょっとひっぱたりヨレたりしただけでは外れない構造になっています。

“磁石で脱着容易なカメラストラップ「SHOOT」” の続きを読む