フォーカスまでも自動化する事で様々な映像表現が可能なフルオート電動雲台「Rhino Arc II」

最近の電動雲台は昔の様にモーターでビデオカメラやスチールカメラの向きを一定のスピードで変える事ができると言うだけでなく、スマートフォンを使いリモートで制御できたり、パン・チルトと上下左右方向でスピードを変化させながら動かしたり、スライダーを使ってカメラの視点を移動させながら撮影したりと、本当に複雑な撮影を行う事ができます。

ただ唯一それら最近の電動雲台やスマートフォンを使ったリモートコントロールで出来ないのがフォーカス、つまりピントです。
今のカメラはオートフォーカスですのでピント合わせをする必要がないと言えばないのですが、実際のところそのフォーカスを画角の中でどこを基準にするかはカメラに搭載されたプログラムで、いくらフォーカスポイントを設定しておいても実際にピントを合わせるのはカメラ任せです。

そこを今回紹介する「Rhino Arc II」は手動で設定する事ができますので、更に多彩な映像表現を行う事が可能です。


“フォーカスまでも自動化する事で様々な映像表現が可能なフルオート電動雲台「Rhino Arc II」” の続きを読む

水平だけではなく斜めにも駆け上がる事ができ、360°パノラマ撮影も可能な撮影用スライドレール「Trek」

ビデオカメラを使ってカメラを移動させながら撮影しようとすると、昔は手振れ補正なんて便利な機能がビデオカメラには搭載されていませんでしたので、その昔はスライドレールと言って鉄道のレールのミニチュア版を地面に敷設し、そしてその上にカメラを据え付けた台車を乗せ、そして台車を押して移動させながら滑らかな映像を作ったものですが、最近では手振れ補正機能も高度化しており、ビデオカメラの中には走りながら撮影しても画面が全く揺れないと言うビデオカメラもあり、その静止した映像を後から見直すと感動すら覚えるわけなのですが、手持ちで撮影するとどうしても移動速度にムラが出てしまいますので、本当に一定速度で移動させながら撮影すると言う撮影にはやはり専用の一定速度で移動しながら撮影する事ができるスライドレールが必要となって来るのですが、今回はそんな撮影にとても力を発揮するパーソナルユースのスライドレール「Trek」をご紹介します。


“水平だけではなく斜めにも駆け上がる事ができ、360°パノラマ撮影も可能な撮影用スライドレール「Trek」” の続きを読む

レールがいらない特撮用・電動スライダー「Hercules」

映画やテレビを見ていて、これってどうやれば撮影できるの?って思った事はありませんか?
たまに撮影の裏側とかを撮した映像で、セットの中に列車が走るわけではないのにレールが敷いてあってそのレールの上に撮影機材が載っているのって見た事がありませんか?
それはスライダーって言う機材を使っています。そんなレールを敷かなくても室内で手軽に使えるスライダーもありますが、レールを敷いてその上にスライダーを載せてと手間がかかります。
できればレールを敷かないでスライダーが電動で移動してくれて撮影してくれるものがあれば便利ですよね。

そんな専用のレールが不用の自走式の電動スライダーがこの「Hercules」です。


“レールがいらない特撮用・電動スライダー「Hercules」” の続きを読む