電池内部の材質をリチウムポリマーにした事で、たった2時間でフル充電可能な単3,単4充電池「Pale Blue」

充電式の乾電池は一昔前はニッカド電池と言って、ニッケルカドミウムと言う素材が使われていたのですが、今の充電式乾電池の主流にはニッケル水素電池で、文字通りニッケルと水素の反応で電気を蓄え、そして放電します。
そして今現在、乾電池としは使われてはいませんが、リチウムポリマーバッテリーと言って、みなさんのスマートフォンに入っているバッテリーはほぼこのリチウムポリマー(通称LiPo:リポバッテリー)バッテリーです。

このリチウムポリマーバッテリーの特徴は一度に流す事のできる電流が大きい為に充電にかかる時間が短く、そして大きな電流を一気に流せるので、スマートフォンの電池や、ドローンのバッテリーとしてもよく使われています。

ただリチウムポリマーは衝撃に弱いと言う欠点を持っており、バッテリーに直接、強い衝撃を与えると最悪は発火すると言う重大な欠点を持っている為におそらく乾電池の材料としては用いられなかったのだと思いますが、今回紹介する充電式の単3,単4充電池「Pale Blue」は、そのあたりの対策をしっかりとする事でIEC 62133, CE, FCC, PSE, UN38.3, RoHS, REACHと言う電気製品の安全規格をパスしている安心して使える充電式乾電池です。
“電池内部の材質をリチウムポリマーにした事で、たった2時間でフル充電可能な単3,単4充電池「Pale Blue」” の続きを読む

エネループやエボルタの倍のスペックを持つ単3リチウムイオン充電池「Tenavolts」

充電池の良い所は何と言っても繰り返し使え地球環境に優しい事と、電池が使えなくなり電池の買い置きがなくても充電すれば再び使えるますので、この寒空の中、わざわざ買いに行く手間も省けます。

そんな充電池の中で一番メジャーなのが今は無き三洋電機が世に送り出したエネループと、Panasonicが作ったエボルタです。
三洋電機はPanasonicに吸収合併されましたがエネループは引き続き売られています。

そんなエネループとエボルタですが、ニッケル水素電池な為に出力電圧が1.2〜1.3Vと乾電池の1.5Vよりも低く、例えば乾電池を4本直列にセットして使う電子機器ですと1.5V×4-1.2V×4=1.2Vと言う風に、本来6V必要な機器なのに4.8Vしか出力がなく充電池はフル充電状態なのにも関わらずバッテリー切れと判断されて電源さえ入らないと言う機器もあり、万能に何にでも使えると言う訳ではありません。

ですが今回紹介するリチウムイオン充電池「Tenavolts」ではバッテリー容量がほぼゼロに近くなるまで1.5V出力を保ちますので、ほぼ全ての電池を使う機器に使用する事ができます。


“エネループやエボルタの倍のスペックを持つ単3リチウムイオン充電池「Tenavolts」” の続きを読む

単3電池1本で240時間も点灯する防水LED懐中電灯「Firefly Flashlight」

懐中電灯、いざと言う時の為に常備していますか?
夜間の停電時はもちろんのこと、何かモノを無くしてキャビネットの下や暗くて見えない場所、夜の車中での捜し物、口の中や耳の中を見たり結構、懐中電灯の出番って多くはないですか?
最近ではスマホのフラッシュライトを懐中電灯代わりに使ってたりしますが、意外とスマホって照らすのには向いていませんよね。置いたり口に咥えりして両手をフリーにして使ってのはスマホの場合は無理です。
そんな時はやっぱり懐中電灯なのですが、懐中電灯にも色々と電球を使った昔からのものからLEDを使ったものと多種あり、電源も充電式のものから専用のバッテリーを使うものや電池を使うものと様々です。
でも使い勝手から行くとやはり電池式のものが手軽でどこでも電池は変えますし、更にその使用している電池の数が少なければ、買いに行かなくても引き出しの中をちょっと探せば1本くらいは出て来ますよね。

この「Firefly Flashlight」は何と!!単3電池1本で点灯させる事ができる懐中電灯なのです。

“単3電池1本で240時間も点灯する防水LED懐中電灯「Firefly Flashlight」” の続きを読む