最近流行のレトロアーケードゲームと一緒に置きたい「Charge Machine」とカセット型バッテリー「Hotline 16000」

最近は昭和時代のレトロファッションやインテリアが人気を博している他、玩具に関してもその人気は顕著です。
例えばタカラトミーが発売したレコードやテープレコーダー、テレビのレプリカは中身は最新のBluetoothスピーカーであったり、テレビはスマートフォンを仕込んでスマートフォンの画面にレトロ感満載の画質の荒い映像を流したり、砂嵐を起こさせたり、斜め45°から叩くと流れていた画面が止まったりと、当時を懐かしく思い起こさせる仕掛がいっぱいです。
そしてそれに呼応するかの様に、ファミコンやネオジオの復刻版ミニゲーム機が相次いでリリースされるだけでなく、スペースインベーダやパックマンと言った昭和30年代、40年代生まれの方が青春時代にハマったゲーム機のミニチュアまでもがたくさんリリースされています。

そんなレトロ感タップリなガジェットにピッタリのUSB電源「Charge Machine」と平成や令和世代では全く分からない”ウォークマン”を連想させるモバイルバッテリー「Hotline 16000」の2ガジェットを今回はご紹介致します。

“最近流行のレトロアーケードゲームと一緒に置きたい「Charge Machine」とカセット型バッテリー「Hotline 16000」” の続きを読む