太陽系の惑星の重力を実感できる重力体感模型「Gravity Museum」

みなさんは学生の頃に太陽系の惑星は太陽を中心に太陽に近い順番から「水金地火木土天海冥(水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星 ※冥王星は今現在惑星では外されてしまいましたが….)」と習ったかと思いますが、それ以外の太陽系の惑星に関して何か思えていますか?
よほど惑星好き、天体好きな方なら各惑星の特徴を事細かに覚えておられるでしょうが、普通の人は一番大きいのは太陽を除いて土星だっけ?木星だっけ?と言う様な記憶くらいしかないでしょう。

ですが近い将来、誰もが宇宙へ行ける様になり、近隣の惑星へ旅行へ行く事ができる様になった時に、一番重要な重力について学習できる教材「Gravity Museum」を今回は紹介致します。


“太陽系の惑星の重力を実感できる重力体感模型「Gravity Museum」” の続きを読む

ハンダ付けがとっても楽に行える基板ホルダー「PCBite」

ハンダ付け作業をする時に使用する道具の1つとして基板を固定するクリップ付きのヘルパースタンドがありますが、これって使い辛くありませんか?と言うのもクリップで基板を挟むのですが、小さい基板で部品をハンダする場所が基板の外に近いとクリップを深く挟むと部品がハンダ付けできず、逆に浅くクリップを挟むとちょっとハンダコテの先で基板を抑えただけで基板がクリップが外れたり。
その他にもクリップの固定が円柱の金属の棒にネジ1個なので基板に部品をたくさんマウントすると基板がお辞儀して来たり、ハンダを間違えてハンダを外そうとハンダコテをハンダ部分に力強く押しつけるとこれまら基板がお辞儀したり、便利な様で不便なのがヘルパースタンドです。

また、基板を机の上に置いた帯電防止マットの上に置いたとしても固定していませんからこれまたハンダし辛くどうしようもありません。ですがこの「PCBite」ならわずか1~2mm挟めばしっかりとホールドしてくれますから端の方に部品があってもハンダ付けの邪魔にはなりません。


“ハンダ付けがとっても楽に行える基板ホルダー「PCBite」” の続きを読む

ベースはArduino。PCでCANのパケット解析ができる「CANBus Triple」

$75でBluetooth搭載で、PCともUSB接続可能なCAN-BUSユニットがKickstarterで投資の募集をしているのを見つけた。
このユニットはベースはATMEGA32u4を載せたArduinoベースの互換機。それにMCP2515のCANトランシーバを載せて
32u4とはSPIで接続しているというとってもシンプルなもの。

BLuetoothも積んでいるので、AndroidやiOS用のCAN解析アプリなんかも使える

またオープンソースで、これから下記サイトでプログラムやファームは公開していくようなので、腕に自信のある人は、回路図も
公開されれば自作可能。
このユニットにもSPI端子があり、当然後からアップデート可能になっている。

https://github.com/CANBus-Triple/

http://docs.canb.us

“ベースはArduino。PCでCANのパケット解析ができる「CANBus Triple」” の続きを読む

スマホで車のタイヤの空気圧が監視できるTPMS「FOBO TIRE」

遂にスマホでモニターできるTPMSがIndiegogoで投資の募集を開始した。

TPMS製品で、スマホでモニターできる製品は初ではないだろうか?少なくとも私が知っている製品の中で
スマホで監視できる製品はない。

TPMSと言うのはタイヤの空気圧を常時監視する圧力センサーだ。(タイヤ内の温度も監視できる)

TPMSは最近はグレードの高い車種やMOP搭載車に搭載されているが、(エルグランドとかGT-Rとか)、
まだまだ一般的ではないし、センサーをホイール内部に固定するものが主流だ。

TYREDOGと言うメーカーがタイヤバルブにネジ混むセンサーをおそらく世界初で出してから、私は
TYREDOGの愛用者だ。バルブにネジ混むので、バッテリーの交換は用意。
シーズンでタイヤを入れ替えた時も、回して取って、交換したホイールに取り付けるだけと、とっても便利だ。

私は使い始めて5年くらい経過するが、これまで2度、このセンサーに助けられた。パンクだ。パンクしてそのまま
走行しているとタイヤはもちろん、ホイールまで傷ついたり歪んだり、2度と使い物にならなくなる。
このセンサーをつけていれば、空気圧が減ってくればアラートを出してくれるので、早期発見する事ができる。
おかげで私は、タイヤ交換すると言う事態は避けられている。ブリジストンのREGNOを履いているので1本4万。
その値段を考えたらTPMSつけておいてよかった!!になる。

“スマホで車のタイヤの空気圧が監視できるTPMS「FOBO TIRE」” の続きを読む

ワンタイムキーで盗み聴き防止「JackPair」

通話がアナログからデジタルに変わっても、変調・復調方式さえわかっていれば
現在でも盗聴は可能だ。
昨今、どこかの国の情報機関が政府要人の通話を盗聴していたとか、よくニュースで見たりするが
別に暗号をかけてなければ盗聴はデジタル化されていても可能だ。

この、Kickstarterで投資の募集を開始したデバイスは簡単にワンタイムキー(銀行とかのセキュリティーキーとかで
使っているワンタイムパスと同じ様なもの)をデバイス同士でボタン1つで交換して通話を暗号化して
盗聴を防止してくれると言う優れものだ!!

ビジネス等で外部に漏れては困ると言った内容を通話する人には安心して通話できるデバイスとなる。

“ワンタイムキーで盗み聴き防止「JackPair」” の続きを読む

プロジェクター腕時計「Ritot」

面白いコンセプトの腕時計がindiegogoに登場した

プロジェクターが内蔵された腕時計なのだ!!

そう、プロジェクターなので、ディスプレイや針はない。

手の甲に時刻を投影してくれるのだ!!

そしてどうやら、時計だけではないみたいだ。スマホと連携して、表示させる色を変えたり(20色)、スマホにかかって来た
電話の番号やSMSを表示したりできる

“プロジェクター腕時計「Ritot」” の続きを読む

23インチIPSパネルのフォトフレーム「Electric Objects:EO1」

Kickstarterで1日で、目標金額の10倍の投資を集めたフォトフレームがある。「Electric Objects」だ

23インチのIPSパネルにPi搭載か?

WiFiでネットと繋がり、好きな絵を絵画として表示する事ができる。

部屋に絵があると心が和んでほのぼのとするが、絵画もピンキリ。いい絵は高いので、こう言うフォトフレームがあれば
気分にあわせて絵が替えられるので素晴らしいのではないだろうか

“23インチIPSパネルのフォトフレーム「Electric Objects:EO1」” の続きを読む

紙飛行機がラジコンに!!「PowerUp3.0」

既にKickstarterでの募集は終わってしまったが、目の付け所がSHARPな!?ラジコンを見つけてしまった。
コンセプトは電動の紙飛行機。
このガジェットは紙飛行機にプロペラをつけて飛ばすって言うラジコンだ。確かに昔、紙飛行機がラジコンになったら
とか思ったこともあったようななかったような。でも、ラジコン飛行機って言うと離着陸させる場所を選ぶし、手軽に
飛ばせるって感じではない。最近はトイラジコンが増えて、手投げで飛ばせたりするものもあるが、機体を自由設計できるってのはいい。
しかも紙を折って作れるってことろが手軽でいい!!


“紙飛行機がラジコンに!!「PowerUp3.0」” の続きを読む

フルカラーLED、WS281Xを制御できる「FadeCandy – Dithering USB-Controlled」

adafruit社のページを何気にブラウジングして新しいガジェットがないか探していたら、1-wire接続でコントロールできるフルカラーLEDのWS2811やWS2812をUSB接続でコントロールできる制御基板が出ていた。

“フルカラーLED、WS281Xを制御できる「FadeCandy – Dithering USB-Controlled」” の続きを読む

Kicstarterで見つけたディスプレイ付きのArduino基板「MicroView」

 

 

4b55b80bc2c025f4c20891003bb87d93_large

KicstarterをDiscoverしていると、週1ペースか、2週間に1回くらいは新しいArduinoの基板やシールドの出資を募っている。

そしてエンジニアとしては、ついつい欲しくなってしまうんだよね。ポチッっと出資しちゃうんだよね。

そして今回見つけたのが、「MicroView: Chip-sized Arduino with built-in OLED Display!」って言う、ちっこいディスプレイのついたAtmega328P仕様の
arduino互換基板

“Kicstarterで見つけたディスプレイ付きのArduino基板「MicroView」” の続きを読む