AirPods2越えは確実!!全てにおいてAirPods2を越えているBluetooth5対応TWSワイヤレスイヤホン「Pamu Slide」

Apple純正のワイヤレスイヤホンAirPods2はW2チップを搭載する事でAirPodsと比べて非常に早くiPhoneと接続され、そして音が途切れる事なく最高の音質で楽曲を再生してくれるiPhoneユーザーにとっては最強のイヤホンです。

ただ1つ難点があるとすればそれは価格で、22,800円(税別)(※ワイヤレスチャージャー対応タイプ)もするイヤホンを誰しもが気軽に購入でき、使用できる訳ではありません。中には1万円程度まで価格が下がれれば何とか手を出せるのにと価格の高さを恨めしく思っておられる方は多い事でしょう。

そこで今回は、たったの$69で購入する事のできる、見た目はAirPods、でも中身はAirPods2以上の性能を持っているBluetoothワイヤレスイヤホン「Pamu Slide」をご紹介致します。
“AirPods2越えは確実!!全てにおいてAirPods2を越えているBluetooth5対応TWSワイヤレスイヤホン「Pamu Slide」” の続きを読む

あらゆるBluetoothスピーカーと繋がりサラウンドシアターを構築する事ができるBluetoothスピーカー「Belle」


“あらゆるBluetoothスピーカーと繋がりサラウンドシアターを構築する事ができるBluetoothスピーカー「Belle」” の続きを読む

鳴らなくてもビートを感じる事ができるウェアラブルサブウーファー・ブレスレット「The Basslet」

いくらオーディオを再生するプレイヤーやスピーカーが良くなったからと言ってもライブやコンサートに行って生のサウンドを聴く事には及びません。
ではどうして生の音には叶わないのでしょうか?その1つの答えとして”体感”と言うキーワードがあります。それはどう言う事かと言うと、スピーカーから流れ出て来るサウンドはスピーカーには指向性と言うものがあり、スピーカーの前の空気を振動させて耳へと音を届けます。ですがライブやコンサートでは楽器から出たサウンド、歌声と言うものは360度広がり、身体全体で音波(サウンド)を感じて体感できると言うのが一番の違いです。
ただボリュームを上げればその空気の振動は強く大きくなり肌で感じる事もできますが、それは据え置き型のスピーカーの話でヘッドフォンでは耳とスピーカーの間の距離が近いので肌で感じる事はできません。

ですが良いサウンドは肌でも感じたいと思うのは誰でも同じです。そんな体感を与えてくれるブレスレットがこの「The Basslet」なのです。


“鳴らなくてもビートを感じる事ができるウェアラブルサブウーファー・ブレスレット「The Basslet」” の続きを読む

ウーファーがついたセパレートBluetoothモバイル・スピーカー「Ark」

スピーカーってその再生する音の周波数(高い音や低い音)で種類分けされ、様々なスピーカーがあるってご存知ですか?
一般的なスピーカーは左右それぞれの音を再生するステレオスピーカーがあります。その他にセンター(主にボーカルやセリフと言った音を再生するスピーカー)、ウーファー(低音域の音を再生するスピーカー。その中でも非常に低い音だけを再生するのがサブウーファー)、ツイーター(主に高音域の音を再生するスピーカー)と、再生する音のに合わせて様々なスピーカーがあります。
確かにTV内蔵のスピーカーやiPad内蔵のスピーカーも期待以上に良い音はしますが、所詮はステレオスピーカーなので太鼓やドラムのお腹にズンズンと響く様な音を再現するのは無理です。

この「Ark」はそんな重低音を再生できるサブウーファーとステレオスピーカーを厳選して組み合わせて音の再現能力を向上させたスピーカーシステムです。


“ウーファーがついたセパレートBluetoothモバイル・スピーカー「Ark」” の続きを読む