鳴らなくてもビートを感じる事ができるウェアラブルサブウーファー・ブレスレット「The Basslet」

いくらオーディオを再生するプレイヤーやスピーカーが良くなったからと言ってもライブやコンサートに行って生のサウンドを聴く事には及びません。
ではどうして生の音には叶わないのでしょうか?その1つの答えとして”体感”と言うキーワードがあります。それはどう言う事かと言うと、スピーカーから流れ出て来るサウンドはスピーカーには指向性と言うものがあり、スピーカーの前の空気を振動させて耳へと音を届けます。ですがライブやコンサートでは楽器から出たサウンド、歌声と言うものは360度広がり、身体全体で音波(サウンド)を感じて体感できると言うのが一番の違いです。
ただボリュームを上げればその空気の振動は強く大きくなり肌で感じる事もできますが、それは据え置き型のスピーカーの話でヘッドフォンでは耳とスピーカーの間の距離が近いので肌で感じる事はできません。

ですが良いサウンドは肌でも感じたいと思うのは誰でも同じです。そんな体感を与えてくれるブレスレットがこの「The Basslet」なのです。


「The Basslet」の特徴はスマートフォンや音楽プレイヤー、PCのイヤホンジャックに”Sender”を差し込み、”Sender”にヘッドフォンを差し込むだけで腕に巻き付ける”Basslet”をつけておくだけで、音楽が再生されれば”Basslet”が振動してズンズンと言うビートを感じさせてくれる事です。またプレイヤーのイヤホンジャックから流れて来るサウンドを独自に分析して制御していますので、アプリケーションも不要で、このプレイヤーでなければ動かないと言う制約はありませんからイヤホンジャックのある機器であればどの様な機器でも使えると言うのが「The Basslet」の良い所ですよね。

では「The Basslet」では音の出るウーファーがないのにズンズンと体幹に響くサウンドを体感する事ができるのか?それは独自に開発したLoSoundエンジンと呼ばれる電磁コイルの様なもを制御する事で可能疑似的に体感できる様になっています。
原理は送信機”Sender”が低音域の音(10〜250 Hz)を抽出して分析して”Basslet”を振動させる信号を送り、”Basslet”はその制御信号に基づいてLoSoundエンジンを動かします。LoSoundエンジンが動く事で振動を起こし、その振動が腕に伝わる事で疑似的にウーファーからの音波を身体いっぱいで受けているような錯覚に陥ると言うワケです。

ですから「The Basslet」からは音は出ません。通常、音を肌を感じようとするとボリュームを上げて空気を振動させれば身体全体でサウンドを感じる事ができますが、それでは回りに人がいる場合には回りの人に迷惑をかけてしまいます。
ですがこの「The Basslet」はその様なボリュームを上げなくても身体でビートの利いたサウンドを体感する事ができますから、回りの人に迷惑をかける事なく一人でその世界に入り込んで楽しむ事ができる様になります。

また”Sender”に差し込むヘッドフォンにマイクがついていてハンズフリー通話ができたり、ボリュームの調整や音楽の再生をコントロールするボタンがついている場合は、その機能はそのまま使用可能ですから、今使っているセットをそのまま使えます。

また「The Basslet」の気になる稼働時間は1時間のフル充電で6時間の連続再生が可能になっています。

 

やはりサウンドはビートが利いていなきゃと言う人にとっては待ちに待ったと言うデバイスですよね。詳細については下記URLをご覧ください

https://www.kickstarter.com/projects/basslet/the-basslet-a-wearable-subwoofer-for-your-body

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/75120

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です