ホーム > タグ > グローブ

グローブ

マイナス気温の雪山で、固まって動かない指先をポカポカと温めるヒーター内臓グローブ「RAVEAN」

今冬は例年にも増して寒さが厳しい上に雪も多く、雪害に悩まされた方も多かったのではないでしょうか?(そろそろ過去形にしても良い季節だとは思うのですが…..)
そして寒さで足の指先、手の指先の冷たさでも困られたのではないでしょうか?

と言いますのも、みなさんがよく勘違いされているのが、暖かい服や布団はそれら繊維自らが発熱して身体を温めてくてれいると感じている事です。
実はあれは自分自身が出す熱で服や布団の繊維の間に閉じ込められた空気が温められ、その温められた空気の熱を感じ取って暖かいと感じているだけで、実は自分が放熱したものが戻って来ているだけなのです。
ですから身体が冷え切った状態で布団に入ってもちっとも暖かくならないのは身体が冷えすぎていて布団の中の空気を暖める事ができないからであって、消して布団の性能が悪いだとかそう言う事ではないのです。

そして人間は熱を肝臓と筋肉で作ります。動くと身体がポカポカして来たり、寒いと身体がガクガクブルブルと震えるのは実は筋肉を動かして熱を作っているからで、身体を動かさずにじっと極寒の屋外に立っていたり、あまりに寒くて自らの発熱が追いつかなければ身体の熱はどんどん奪われて冷えて行きます。
繊維の中には遠赤外線を放射する事で皮下細胞を振動させて熱を作り出すものもありますが、それ以上に冷えていてはその効果も限定的です。

そこで威力を発揮するのがヒーターを内蔵して自ら発熱する衣類です。その中から今回は「RAVEAN」の手袋バージョンをご紹介致します。

全文を読む

ジャスチャーで操作するグローブ型コントローラーとモーターユニット「Ziro」

その時代時代によって子どもが欲しいおもちゃと言うものは変化しますが、昔から定番と言うものもあります。例えばレゴブロックであったりプラレールであったりリカちゃん人形であったり。そしてその中でもかなりマイナーなのですが根強い人気なのがラジコンです。最近ではおもちゃ売り場で見るラジコンと言えばドローンが幅を効かせていますが、その昔ラジコンと言えば車でした。
そのラジコンを操作するものがプロポなのですが、意外とあのプロポの操作って両手を使って操作するので慣れないとピアノで両手別々のフレーズを弾くのと同じ様に難しいものです。例えばこれが片手で操作できるとしたら片手だけに意識を集中させればいいだけですので、片手だけなら以外と簡単かもしれませんよね。

では片手で操作できるコントローラーってどう言う構造にすれば簡単にしかも様々な操作ができるのか?を考えて作られたのがこの「Ziro」です。

全文を読む

はめたままスマートフォンの画面操作もでき、画面を触らなくても操作できる手袋「BearTek Gen II」

この寒い時期、屋外でスマートフォンを操作しようと思うと手袋を外さないといけないのがとっても嫌ですよね。最近では導電糸を縫い込んではめたままスマートフォンの画面操作ができる手袋も増えていますが、いまいちファッション性の高い手袋があるかと言うと疑問です。

ましてやライダーグローブやスノーグローブとなると、需要も少ないのか存在すらしません。そんなライダーグローブやスノーグローブをはめたままスマートフォンの操作を可能にし、なおかつバイクを運手中でもグリップから手を離さずとも指先のタップだけで様々な操作をできる様にしたのがこの「BearTek Gen II」です。

全文を読む

Home > タグ > グローブ

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。