従来比2倍の速乾性を実現した事で、臭いや雑菌を気にせず何度も使えるバスタオル「K-25 Smart Bath Towels 3.0」

よくバスタオルは乾きが悪いからと何日か続けて使った後に洗濯される方が、洗濯せずに毎日続けて使い続けているとどれくらい危険なのかご存じですか?
バスタオルを洗濯せずに使い続けると言うのは絶好の雑菌の繁殖環境を提供しているのと同じで、3日続けて使うとその雑菌の数は雑巾並と言われ、1週間使い続けたバスタオルは排水溝並の雑菌が繁殖しており、数で言うと軽く1億個は突破しています。

では何故、それだけ雑菌が繁殖するのかと言いますと、やはりきちんと身体や髪を洗っていたとしても汚れがパーフェクトに落ちる訳ではなく、やはり洗い残しがありますし、皮脂や石鹸カス等が拭いた時にどうしてもタオルに移ってしまい、それをエサとし、高温多湿と言う脱衣場の環境とも相まって雑菌は増殖するからです。

ただ現実問題としてそう言われても目に見えない汚れをどうやって落としていいのか分かりませんし、雑菌のエサとなる皮脂や石鹸カスにしてもミクロのものはどうしようもありません。
だからと言って冬場の様ななかなか洗濯物が乾かない時期に、毎日洗濯してもパリッっと乾かない上に、生乾きの臭いは雑菌が繁殖した証でもあり、洗濯したとしても状況的には大差ありません。

そこで今回は、毎日洗濯しなくても雑菌の繁殖を抑える事のできるクリーンなバスタオル「K-25 Smart Bath Towels 3.0」をご紹介致します。

“従来比2倍の速乾性を実現した事で、臭いや雑菌を気にせず何度も使えるバスタオル「K-25 Smart Bath Towels 3.0」” の続きを読む

4~5回洗わなくても嫌な臭いがしたり雑菌が繁殖しない家計に優しいバスタオル「Temkhô」

 バスタオルの洗濯頻度が会話に登った時に、毎日必ず洗うと言う方から1週間は洗わないと言う方まで様々おられ、毎日バスタオルを洗う人から見れば1週間洗わないと言う人は非常に不衛生に思われます。
 ですが毎日バスタオルを洗わない人にとっては綺麗に身体を洗った直後の身体を拭いたタオルが洗濯しなければならない程汚れる事はないと言う明確な理由があるのですが、確かに綺麗に洗った身体を拭いたバスタオルが過度に汚れるとは思えませんが、水を吸ったバスタオルはそのまま湿った状態で空気中に放置しておくと空気中の雑菌を吸着しそこで雑菌が繁殖してしまい悪臭を放ったり、雑菌を繁殖してしまったりしますので、実はそのまま放置するのは不衛生であると言うのが正解なのです。ただ夏場で気温が高く空気が乾燥していて、濡れたバスタオルが直ぐに乾燥して乾いてしまう様な場合ではこの様な心配はしなくても良いので、季節や住んでいる地域の気候によっても左右されます。
 ですが、タオルが速乾性であれば雑菌が繁殖する環境が直ぐに消滅してしまう為に雑菌が繁殖し辛いと言うのは事実であり、そう言うバスタオルであれば洗濯せずに何日か連続して使用しても大丈夫と言う事になり、そんな雑菌の繁殖する環境を作り辛くする工夫をしたバスタオルがこの「Temkhô」です。


“4~5回洗わなくても嫌な臭いがしたり雑菌が繁殖しない家計に優しいバスタオル「Temkhô」” の続きを読む