人差し指を耳に当てる通話できるから、常時耳に装着する不快感から解放されるハンズフリーユニット「Get™」

随分前に車の運転中に携帯電話やスマートフォンを手に持ち通話する事が道路交通法上違法となったからか、最近では歩いていても耳にハンズフリー通話用のBluetoothワイヤレスイヤホンをかけている方をよく見かけます。

このワイヤレスのハンズフリーイヤホンのメリットはもちろん、スマートフォンを手に持たなくても通話できる事ですが、もう1つ着信が確実に分かる事です。
例えばポケットに入れたりバッグの中にスマートフォンを入れていて気付かないなんて事、みなさんも経験された事があるかと思いますが、緊急性を要する電話の場合、気付かないでは済まされませんが、その点このハンズフリーイヤホンは耳元で呼び出し音が鳴るので100%分かります。

一方デメリットとして一番多く聞くのは装着感です。
メガネやサングラスでもそうなのですが、いくら軽いとは言え重さのあるものを同じ場所にかけている皮膚が圧迫される事で血流も一緒に阻害され、ある一定レベル以上になると痛みを感じますし、耳の穴の中に差し込むタイプのカナル型は完全に耳を密閉しますので、汗をかく夏場などは通気性を失って細菌が繁殖し、外耳炎等を起こしてしまう原因にもなります。

そこで今回は全く装着感のない、通話時以外は耳が完全にフリーになるBluetoothハンズフリーユニット「Get™」をご紹介致します。

“人差し指を耳に当てる通話できるから、常時耳に装着する不快感から解放されるハンズフリーユニット「Get™」” の続きを読む

体温で発電し充電不要なスマートウォッチが待望のバージョンアップしてより使い易くなった「MATRIX PowerWatch 2」

スマートウォッチと言えばAppleWatchを連想される方も多いかもしれませんが、世の中にはAppleWatch以外にもたくさんのスマートウォッチがあり、E-Inkディスプレイをいち早く使用しバッテリーの持ちを飛躍的に良くしたFitbitを始め、日本でもSONYやオムロンとメーカーがリリースしており、中国のメーカーと合わせると、かなりの数になります。

そんな中で2年前に注目を集めたのが今回紹介する「MATRIX PowerWatch 2」の前バージョンである”MATRIX PowerWatch”で、この”MATRIX PowerWatch”が注目を集めたのが体温で発電する事でスマートウォッチで一番ネックとなっているバッテリーの持ちの問題を無くしたのです。

ただその”MATRIX PowerWatch”にも問題があり、外気温が34°を超えると発電量が少なくなると言う問題を抱えており、昨年の夏の様に40°を超えるとペルチェ素子と言って温度差で発電する半導体を使っているこの”MATRIX PowerWatch”では発電量が下がりしばしばバッテリー切れを起こすと言う事もありました。

そう言う充電問題を始めとして他の問題を含めてバージョンアップされた「MATRIX PowerWatch 2」を今回はご紹介致します。


“体温で発電し充電不要なスマートウォッチが待望のバージョンアップしてより使い易くなった「MATRIX PowerWatch 2」” の続きを読む

ペットの位置をリアルタイムで監視し失踪を防止するGPS搭載タグ「Findster Duo」

 あなたのペットがいきなり見えなくなって焦ったって事はありませんか?小さい子どもでも同じですが、ちょっと目を離したスキに興味のあるものを見つけるとどこかへ行ってしまうと言う事はよくある事です。そして気付いてすぐに探しに出ればいいのですが、いつもならすぐに帰って来るからと待っていたら待てど暮らせど帰って来なくて結果として探し回ったけど見つからずに警察に届け出を出したけれども見つからず、保健所に問い合わせても該当する愛犬や愛猫やペットは保護されておらず寂しい思いをしたと言う方も少なからずおられるかと思います。
 ですからそんな経験をされた方、そしてそう言う目に遭った事がない方でもこれからそう言う目に遭わない為にオススメしたいアイテムがこの「Findster Duo」dす。


“ペットの位置をリアルタイムで監視し失踪を防止するGPS搭載タグ「Findster Duo」” の続きを読む