まるでトラックパッドを触っているのと同じ様に操作できる指輪型マウス「Coolest mouse ever」

みなさんはPCで入力作業している時にカーソルを動かしたり、画面をスクロールしたり、タブを変更する時にそのキーボジションのまま、トラックパットに手を移動させなくても出来たら良いのにな、と思う事ってありませんか?
特にエクセル等で大量のデータを入力しなければならない様な時は、そのマウスを持って動かして、トラックパッドを指先でなぞってと言う操作にかかる時間がとても無駄な時間に感じる事も多々あります。

だからか最近はキーボードそのものをタッチスクリーンに置き換えてキー入力以外に画面の操作にも使える様なノートPCも現れたりもしていますが、それよりも今使っているPCでキーボジションを移動させる事なく画面操作できるデバイスがあったとしたらすごく便利だと思いませんか?

今回はそんなキーボジションを維持したままカーソルの移動や画面のスクロールを実現できる指輪型マウス「Coolest mouse ever」をご紹介致します。


“まるでトラックパッドを触っているのと同じ様に操作できる指輪型マウス「Coolest mouse ever」” の続きを読む

3Dプリンターがあれば、ボディーを自分の手に合わせて設計・造形可能なゲーミング・マウス「Astrum」

パソコンの入力デバイスとして当たり前の様に使っているマウスですが、みなさんはマウスに対しての違和感や不満はありませんか?
特に毎日何時間もマウスを使う方であれば、そのマウスの大きさや形状の少しの違いが手や腕に対する負担となって現れます。

例えば肘から手首には橈骨と尺骨と言う2本の骨が平行に並んでいるのですが、これは上を向いて寝た状態で掌が天井を向いている状態で平行になっており、マウスを手に持って操作する状態で言えばこの橈骨と尺骨は平行ではなくクロスしている状態になり、前腕だけを見れば180°捻れれた状態にあります。
ですので掌が机の天板に向いている時点で前腕にはかなりの負荷がかかっており、更にマウスに置いてクリックを行う人差し指や中指も真っ直ぐ伸ばされれば伸ばされるほど総指伸筋や短橈側手根伸筋に負荷がかかり、最悪は肘の周辺に痛みを感じたりします(一般的にはテニス肘と言ってスマホの操作のし過ぎでも同様の症状が起こったりもします)。

ですから手はちょうどテニスボールを持つ様な感じでマウスを持つ事ができれば手にかかる負担も最小限で済むのですが、1サイズのマウスでさすがに万人に優しいマウスを設計する事は不可能で、手にピッタリとフィットする方もおられればそうでない方も必ず出て来ます。

そこを自分でカスタマイズできる様にして手にかかる負担を最小限にするのが今回紹介する「Astrum」と言うマウスです。


“3Dプリンターがあれば、ボディーを自分の手に合わせて設計・造形可能なゲーミング・マウス「Astrum」” の続きを読む

”Swiftpoint”が進化し、プレゼンターとしても使える様になったiPadでも使えるつまんで動かすマウス「ProPoint™」

みなさんは”Swiftpoint”と言うマウスはご存じでしょうか?
このマウスはiPadで使えるマウスを検索しているとHitするマウスで、iPad上で動くアプリケーション全てがマウスで動くと言うのではなく、リモートデスクトップ系のiPadからオフィスのWindowsマシンにアクセスしてWindowsマシンを操作したり、Amazon WorkSpacesの様な仮想マシンをiPad上で操作する様な場合のみです。
ですが出先でリモートでオフィスや自宅のマシンにアクセスする事が多い方にとってはノートPCよりも軽くて薄く持ち運びがし易いiPadを使ってリモート操作できたりできますので、とても便利なのです。

ただこの”Swiftpoint”はiPadで使えるのが特徴なのではなく、トラックパッドを使った操作やWindows10からサポートされたモニターをタブレットの様に使うタッチ操作をこの”Swiftpoint”1つでできてしまうと言うマウスです。

その”Swiftpoint”が今回、プレゼンターとしての機能を付加してバージョンアップされましたのでご紹介致します。


“”Swiftpoint”が進化し、プレゼンターとしても使える様になったiPadでも使えるつまんで動かすマウス「ProPoint™」” の続きを読む

Magic Mouseを氷の上を滑っているかの様に滑らかに動かす事ができる様になるマジックマウスパッド「PureShape」

みなさんはマウスが重いな?と感じる事はありませんか?
仕事で何十時間もマウスを操作していると、少しずつではありますが手に疲労が蓄積して行き、歩き過ぎて足が重く感じるのと同じ様にマウスを持つ手も重く感じる様になります。
では同じ様にマウスを操作していて疲れない様にするにはどうすれば良いのでしょうか?

1つはマウスを軽いものへと変える事です。ワイヤレスマウスはバッテリーが内蔵されている分、ケーブルで接続するマウスに比べると重くなっておりそれが負担となっていますので、マウスを軽いものへ変えるだけでかなり違って来るですが、Appleユーザーの中には純正のMagic Mouse以外は使わないと言う方もおられます。

そのMagic Mouseを軽くし、快適な操作環境を作るマウスパッド「PureShape」を今回はご紹介致します。


“Magic Mouseを氷の上を滑っているかの様に滑らかに動かす事ができる様になるマジックマウスパッド「PureShape」” の続きを読む

マウスを持つ手が軽快かつ俊敏に動く様に夏は涼しく、冬は暖かく保つホット&クールファン「INEVITEK」

昔は認知度も低く何かと世間から白い目で見られていたゲームも今やプロが誕生し、対戦型のゲームはe-Sportと言ってスポーツにまで昇格し、ひょっとすると2024年のパリ・オリンピックでは正式種目になるのでは?とかなり注目されつつあります。

そこで今回は、コンマ何秒が勝敗を分けるコントローラーの1つであるマウス、このマウスの操作環境を快適に保つ手元ホット&クールファン「INEVITEK」をご紹介致します。


“マウスを持つ手が軽快かつ俊敏に動く様に夏は涼しく、冬は暖かく保つホット&クールファン「INEVITEK」” の続きを読む

直感的にFPSをプレイするのに最適なアナログジョイスティックを搭載し傾斜するゲーミングマウス「LEXIP」

今PCでプレイするゲームとなるとマイクラ(マインクラフト)かFPS(First Person shooter:ファーストパーソンシューター)と言うネットに接続してプレイするシューティングゲームが流行です。そしてFPSをプレイするのに欠かせないコントローラーと言えばゲームコントローラーではなくキーボードとマウスで、このキーボードとマウスもワイヤレスではなくケーブルでPCと接続されるキーボードとマウスです。
と言いますのもFPSはオンラインでモニターの向こう側にいる人々と戦っていますので、コンマ何秒で勝負が決まりますので、遅延のあるワイヤレスではシームレスにゲームが反応しないので遅延のないケーブル接続のキーボードやマウスが必須なわけですが、その中でもゲームミングキーボード、ゲーミングマウスと言ってFPSをプレイするのに最適な様にチューニングされたキーボードやマウスがあり、今回紹介します「LEXIP」もそんなゲーミングマウスの中の1つなのですが、この「LEXIP」には今までのゲーミングマウスの常識を払拭する便利な機能・性能が満載です。


“直感的にFPSをプレイするのに最適なアナログジョイスティックを搭載し傾斜するゲーミングマウス「LEXIP」” の続きを読む

トラックパットを内蔵したワイヤレスマウス「Tmouse2 」

みなさんはマウスでノートPCに搭載されているトラックパッドの様に指のジェスチャーで画面のズームやウインドの切替やメニューの呼び出し、ウィンドの切替と言った便利な操作ができたらいいなと思った事はありませんか?
と言いますのも、マウスはボタン等をクリックしたり、グラフィック系のソフトを使って絵を描いたりCADソフトを使って設計をしたりする時に微妙なマウスカーソルの位置決めをしたりするのにトラックパッドよりもずっと正確にかつ素早くでき便利なのですが、トラックパッドはマウスではできないウィンドの操作を指のジェスチャーでできたりメニューを呼び出したりする事ができます。
ですからこのマウスとトラックパッドが合体すれば最強の操作デバイスができるに……..と言うコンセプトの元に開発された「Tmouse2 」を今回は紹介致します。


“トラックパットを内蔵したワイヤレスマウス「Tmouse2 」” の続きを読む

スマートフォンをマウスやタッチパッドに変身させてしまうBluetooth USBドンクル「AnyTouch Blue」

 スマートフォンがパソコンのマウスやタッチパットになるって聞くと、知らない人は”すごい!!”と言う素直な反応を示してくれますが、昔からスマートフォンをPCのマウスやタッチパット、キーボードにしてしまうと言うアプリケーションは数多く出回っており、使っている方にとっては”そんなの既にいっぱいあるじゃん”って事になります。
 ですがその多くが初心者にとってはこれが結構ハードルが高いアプリケーションであったりもするのです。と言いますのも、スマートフォンをタッチパットやマウス、キーボードにする為のアプリケーションをインストールしなければいけない、これは誰もが出来ると思いますが、次にPCにも同様にアプリケーションをダウンロードしてインストールしなければならず、中には起動すればすぐに使えると言うものもあれば、複雑な設定を有するものもあり一筋縄では行きません。
 そしてスマートフォンをマウスやタッチパット化する多くのアプリケーションがWiFi経由でスマートフォンをPCに接続させる為にまずはスマートフォンとPCが同じWiFiルーターにアクセスして接続できる環境が必要になる上に、スマートフォンから接続する為のPCを探して接続すると言った使用開始するまでの前手順が非常に多く、スマートフォンでアプリケーションを立ち上げればすぐに使い出せると言うものでもありません。中にはBluetoothを使って接続するものもありますが、これも使用できる環境に制限があります。

 ですがこの「AnyTouch Blue」にはそう言う制限は一切なく、PCに「AnyTouch Blue」を差し込んでスマートフォンでアプリケーションを立ち上げればすぐに使い出せると言う便利なガジェットなのです。


“スマートフォンをマウスやタッチパッドに変身させてしまうBluetooth USBドンクル「AnyTouch Blue」” の続きを読む

6軸センサーにアナログスイッチ搭載のゲーミングマウス「The Z」

FPS(ファーストパーソン・シューター:First Person shooter)、MMORPG(マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロール・プレイング・ゲーム:Massively Multiplayer Online Role-Playing Game)、MOBA(Multiplayer online battle arena:マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)と言った様なオンラインで多人数で対戦するゲームが世の中にはたくさんあります。

これらゲームは昔のテンキーとABボタンだけのコントローラーで操作するのではなく、マウスとキーボードを駆使してプレイヤーを操作しなければならないのですが、実際にマウスもキーボードもデジタルなデバイスなので押すか押さないか、押した時間で微妙な角度であったり方向であったり力であったりを調整するしかありません。ですがそれには慣れが必要ですし訓練が必要ですから、素人がちょっと面白そうだから始めたとしてもなかなか思い通りの位置や場所で止めるのは至難の業なのです。

それを加速度センサーやジャイロセンサーやアナログスイッチを使ってより誰にでも直感的に動かすだけで思い通りの操縦をする事ができるマウスにしたのがこの「The Z」です。


“6軸センサーにアナログスイッチ搭載のゲーミングマウス「The Z」” の続きを読む

指がつらないトランスフォームするマウス「Tmouse」

あなたはよく使う手の人差し指が固まったりバネ指の様に曲がるが伸びるかどちらかしかできなくなったって経験はありませんか?それはマウスやスマートフォン、タブレットの使いすぎです。

手の人差し指を動かしている筋肉を大まかに言うと屈筋と伸筋があります。掌側にあるのが屈筋、手の甲側にあるが伸筋です。指を動かす筋肉は手先にあると思っている人が殆どなのですが、実は起始部(筋肉が骨に付着している場所)は肘のあたりあり、それが指先にくっついていて、これら屈筋や伸筋を縮める事で指を曲げ伸ばししています。

そしてマウスを使ったりスマートフォンを操作したりする時の人差し指と言うのは常に真っすぐに伸ばした状態です。この状態と言うのは伸筋を常に縮めて指を伸ばした状態を維持しなければならず伸筋だけが異常に疲労してしまい、指を曲げようと思っても伸筋が疲労して固くなっていますからなかなか伸びませんから結果として握力が低下したり前腕に何かしら違和感や怠さ、痛みと言った症状が出たりと言った事もあります。

ではどうすれば伸筋の疲労を最小限に抑えられるのか?その鍵を握っているのがこの「Tmouse」の構造です。


“指がつらないトランスフォームするマウス「Tmouse」” の続きを読む