直線は引けないけど、凹凸があっても曲がっていても長さを測る事ができるローリングメジャー「Rollbe Click」

モノを長さを測る時、凹凸があったり曲がっていたり、測る対象が曲線を描いている様なものですと直定規ではどうしても測る事ができないものってよくあります。

そう言う時にみなさんはどうやって長さを測っていますか?

多くの方が身体の寸法を測る時によく使われるテープメジャーを使われると思いますが、テープメジャーの場合は平面に描かれた曲線や凹凸のあるものを計測するのはちょっと骨が折れます。

ですがこのローリングメジャー「Rollbe Click」ならタイヤと一緒なので、平面に描かれた曲線であろうと凹凸のあるものであろうとコロコロと転がすだけで簡単に長さを計測する事ができるのです。


“直線は引けないけど、凹凸があっても曲がっていても長さを測る事ができるローリングメジャー「Rollbe Click」” の続きを読む

とりあえず撮影しておけば、後から画像を見ながら寸法を割り出せるレーザー距離計「iPin Pro」

模様替えをしたりする時にみなさん部屋の大きさだとか既に置いてある家具の大きさを測った上で家具屋さんに行かれると思いますが、家具屋さんで家具を見ているウチに、あそこにこれ置いたらどうだろう?、これってあそこに置けば便利じゃない!?なんて空想が次から次へと出て来る事ってよくあります。

でも普通は目的の家具を置く場所しか測って行きませんし、この大きさなら置けるから大丈夫と買って帰ったら見事に大きくて入らなくてまた返品に行くハメになったと言うのも良く聞く話です。

そんな時に今回紹介する「iPin Pro」を持っていれば、とりあえずスマートフォンで部屋の中を撮影しておくだけで、ショップで見つけた素敵な家具が、実際に部屋のその場所に入るかどうか撮影した画像を見ながら確認する事ができるのです!!


“とりあえず撮影しておけば、後から画像を見ながら寸法を割り出せるレーザー距離計「iPin Pro」” の続きを読む

曲線や狭い場所と言った定規やメジャーでは測れない場所で活躍するスマート・ローリングメジャー「ROLLOVA!」

みなさんはローリングメジャーってご存じでしょうか?
その代表的なものがよく道路で距離を測るのにメーターのついたタイヤを転がして距離を計測しているアレです。
その他にも曲線に裁断線を描いた生地や、地図上の2点間の距離を計測する為の目盛の描かれたピザカッターの小型版の様なローリングメジャーもありますが、このローリングメジャー、別に曲線や長い距離を計測するだけでなく狭い空間を計測するのにも有効ってご存じだったでしょうか?
例えば身近な所では引き出しの中のサイズです。引き出しのサイズを測ろうと長い定規を入れてしまうと底まで定規が入らずに計測できなかったり、今度は短い定規で挑戦するも定規の端から端まで目盛が打ってある定規でなければそのブランク部分の長さを把握しておいて足さなければならないので計算の手間がかかる上に継ぎ足して定規で計測した時に間違っている可能性もあります。

そう言う時にこのローリングメジャー「ROLLOVA!」であれば意図も簡単に計測してくれるのです。


“曲線や狭い場所と言った定規やメジャーでは測れない場所で活躍するスマート・ローリングメジャー「ROLLOVA!」” の続きを読む

持って移動するだけで距離、角度、面積、体積等自動的に計測表示してくれるARメジャー「Moasure® ONE™」

みなさんはDIYで何か工作をする時に、測り辛いと思う様な事ってあると思います。
特に一人で広い空間や曲がっいたり曲面になっている場所の長さや面積を割り出そうとすると、ちょっとの計測誤差で実寸より短すぎたり足らなかったりして、新たに材料を買い直して材料を無駄にする事ってあると思います。

そう言う時、今回紹介するARメジャー「Moasure® ONE™」であればいかなる複雑かつ広大な場所を長さであれば最初7cmから最大300mまで±0.5%の精度で計測する事ができるのです。


“持って移動するだけで距離、角度、面積、体積等自動的に計測表示してくれるARメジャー「Moasure® ONE™」” の続きを読む

部屋の大きさから家具、そして身長までワンクリックで簡単にしかも誤差2mmで計測可能なレーザーを使ったスマートメジャー「P1」

 そろそろ気候も良くなって来たし、古くなった家具でも入れ替えて気分でも一新しようかな?なんて思う時ってありますが、その時にまずやらなければならないのは部屋の”見取り図”の作成です。これをやらずにIKEAや家具屋さんに行ってデザインだけで家具を選んでしまうと、その家具が思っていた場所にピッタリとはまらなくて困る事になってしまうのですが、ちゃんと測って行ったのに寸法が違ったって言う事は実はよくある事なのです。
 と言いますのも例えば部屋の寸法を測る時に壁に添わせてメジャーをピッタリと当てて部屋の大きさを測れば良いのですが、壁際に家具等が置いてあるとどうしても部屋の中央の空間のある場所で測ってしまいますが、これが誤差を生む元で、向かい合った壁同士、隣り合った壁からの距離をしっかりと測って位置合わせをしてから測れば良いのですが、目分量でメジャーを当てて測ると実は部屋の中を斜めに測っていていると言う事が良くあります。そしてその距離が短ければ良いのですが、広いリビングで14畳も18畳もあると壁と壁までの距離が6mも7mにもなり長くなればなるほど、ちょっとの1度,2度の角度さのズレがセンチ単位のズレとなって現れますので部屋の大きさピッタリの家具を購入すると入らない!!と言う事態を招いてしまうと言う事です。
 さらにそれが一人でやらないといけないとなると誤差ももっと大きくなるのですが、そう言う時に便利なのが電子式メジャーで、ピッとボタンを押すだけで一瞬で長さを測る事ができます。


“部屋の大きさから家具、そして身長までワンクリックで簡単にしかも誤差2mmで計測可能なレーザーを使ったスマートメジャー「P1」” の続きを読む

1分もあれば部屋の大きさが計測できる空間計測に強いレーザー距離計「VH-80」

 メジャーの使い方が難しい!!と感じた事はありませんか?特に部屋の大きさを測ると言った様な長い距離を計測する場合、ちょっとしたメジャーの”たわみ”や歪みで寸法って変わって来ます。ですから金属製のメジャーってUの字にクセがつけられていて長い距離を計測する時でもメジャーが曲がって姉妹計測した寸法に狂いが出ない様に工夫はされているのですが、メジャーを這わせている床の上に何か障害物があったり、気づかずに部屋を斜めに計測したりと計測者の測り方や技量に左右される所があるのも事実です。
 ですから世の中には超音波やこの「VH-80」と同じ様にレーザーを使って距離を計測する距離計があるのですが、これも間に何か障害物があれば正確には計測できませんから、部屋の壁から反対側の壁が見える場所で計測する必要がありますが、部屋によっては全ての壁際には建具が置かれていたりしてかなり変な格好で計測しないとできない様な部屋もありますが、この「VH-80」なら壁際に建具がズラッと並んでいようと一方の壁に「VH-80」を当ててその反対側の壁までの距離を計測すると言った様な計測の仕方を行わなくても計測できますので、非常に楽にそしてスピーディーに空間の距離を計測する事ができるレーザー・メジャーです。


“1分もあれば部屋の大きさが計測できる空間計測に強いレーザー距離計「VH-80」” の続きを読む

凹凸も曲線も正確に長さが計測可能なボールペン型ローラーメジャー「01」

 モノサシにも様々な形があり、みなさんがよく使うのが定規(直定規)や巻き取り式のメジャーや裁縫用のメジャーがありますが、たまに道路を歩いていて一輪車の様なものを押して距離を測ってる運動会や測量等で使うサークルメジャー(ローラーメジャー、ホイールメジャー等々呼び方多数)なんてメジャーもありますが、直線を測るのであれば定規やメジャーで十分事足りますが、こと曲線やデコボコとした面を計測するとなるとそれに適したメジャーと言うものは存在しませんし、計測しようとするとメジャーが折れてしまって計測できなくて誰かの手を借りないと計測できない様な壁のある場所からある場所までの距離を計測する様な場合等にとってもピッタリなメジャーがこの「01」です。

 


“凹凸も曲線も正確に長さが計測可能なボールペン型ローラーメジャー「01」” の続きを読む

あっ!!測り忘れたが100%ないiPhoneを使ったレーザー空間測定器「iPin」

家具を新調したり買い換えたりする時に必ずしなければならないのがサイズの計測です。例えば前の家具はこれくらいのサイズだったから、このサイズだったらきっと入るよね、と言う予測で買ってしまって実際に設置しようとしたら入らなかったと言うのはよくある事です。

ですが人によってはそう言う作業がとっても苦手、メジャーを使うのが苦手と言う人もおり、そう言う人がよくやるのが計測し忘れです。縦横は測ったんだけれども奥行きを計測するのを忘れただとか、家具と部屋の壁との間には結構なスペースがあったのにこのスペースの分を計測し忘れて実際には今使っている棚の幅が80cmで、壁まで20cm空いているから1m幅の棚が買えるのに、隙間の計測をし忘れたが為にちょっと幅狭めに90cmの棚を買ってしまってまた10cmも無駄なスペースをつくってしまっただとか、そう言う事例は多々あります。

そう言う事がない様に全ての空間、距離の計測のし忘れをなくす事ができるiPhoneを使ったメジャーが「iPin」です。

“あっ!!測り忘れたが100%ないiPhoneを使ったレーザー空間測定器「iPin」” の続きを読む

ボタン1つで計測データをボイスメモと共に記録する事ができるデジタルメジャー「Bagel」

メジャーを使って何かの長さを測った時にメモを取らずにいたら測り忘れたり忘れてしまい後からまた測り直したと言う事はありませんか?それが自宅いいる状態ならまだいいのですが、買い物に行って測るのを忘れていた事を思い出したり、測った寸法を忘れてしまったりしてまた出直す事になるのですが、ついつい誰しもがやってしまう過ちなのです。

そしてそう言う1つのエラーがまた次の買い忘れと言うエラーを生んでしまうのです。これが収納ボックスを1つ買いに行くのならエラーの起こる確率は低いのですが、部材を買って自分で組立るとなるとまた材料を買いに行かなければいけませんから何度もお店と自宅を往復しなければならず大変な時間のロスですよね。

その様な時間のロスがない様に計測したらすぐに記録してメモまで取れるデジタルメジャーがこの「Bagel」です。


“ボタン1つで計測データをボイスメモと共に記録する事ができるデジタルメジャー「Bagel」” の続きを読む