時差ボケや眠気をスッキリと解消し、やる気をみなぎらせるバイオグラス「Pocket Sky」

ブルーライトと言えば眼にとって有害な光であると言うのが一般的な常識になっています。
確かにブルーライトは光の3原色である赤・緑と比べて同じ明るさであればエネルギー量が大きい為、長時間ブルーライト光源を見続ける事は健康に良くありませんが、実はブルーライトにはもう1つの健康に良い面もあるのです。

と言いますのはブルーライトは脳の中で分泌されるメラトニンと言う睡眠誘導物質の分泌を抑制する効果があるのです。そしてこのブルーライトは朝日に多く含まれ、寝起きに朝日を浴びるとスッキリと起きる事ができるのは、この朝日に含まれるブルーライトのお陰なのです。
またブルーライトを浴びる事で体内時計がリセットされますので、徹夜したり海外旅行でズレてしまった体内時計を整えると言う効果もあります。

そんなブルーライト効果をかけるだけでもたらせてくれるメガネ型デバイス「Pocket Sky」をご紹介致します。
“時差ボケや眠気をスッキリと解消し、やる気をみなぎらせるバイオグラス「Pocket Sky」” の続きを読む

クスリは使用せず、1週間使うだけで夜にきちんと寝る事ができる様になる睡眠改質メガネ「PEGASI」

人は誰もが体内に時計を持っており(平均的に24.2時間と言われています)、その時計によって決められたサイクル(サーカディアンリズム)で身体は働く様にできています。
そしてその体内時計は朝日を浴びる事でリセットされ、睡眠であればそこからカウントして14時間〜16時間後に”メラトニン”と言う睡眠誘導物質が脳内で分泌される事で素直に眠気を覚えて寝る事ができ、朝6時に起床する方であれば20時〜22時の間あたりから分泌され出しますので、その分泌を始めた頃に寝るとスッと眠りに落ちる事ができるのですが、その頃にテレビやスマートフォンを真剣に見ているとテレビやスマートフォンの画面から発するブルーライトによってメラトニンの分泌が抑制されて眠る機会を失ってしまいます。

よって寝なきゃいけないのに眠れないと言う事が起こり、ついつい明日の仕事の事等を考えて睡眠導入剤等の力を借りないといけなくなるのですが、既に狂ってしまっている体内時計を朝日を浴びる事で戻せる時間には個人差があり最大で2時間程度なので、昼夜逆転の北米やヨーロッパへ旅行して2,3日時差ボケが治るまで時間を要するのも当然と言えば当然です。

そこでその狂った体内時計を朝に30分間だけ装着する事で確実に1週間あれば体内時計を元に戻す事のできる睡眠改質メガネ「PEGASI」を今回はご紹介致します。


“クスリは使用せず、1週間使うだけで夜にきちんと寝る事ができる様になる睡眠改質メガネ「PEGASI」” の続きを読む

AIで睡眠を分析し、夜どうしても寝られない、朝起きられないと言う方い悪循環を改善してれる目覚まし時計「Circa」

睡眠について満足できていないと言う方は世の中にはたくさんおられるわけですが、どうして夜眠いのに寝る事ができないのでしょうか?
それは物理的、生理学的には睡眠誘導物質の”メラトニン”が脳の中での分泌量が少ないか、分泌されていないからです。
つまり寝付きを良くしようと思えば、羊の数を数えるよりも睡眠のメカニズムを知る事の方が重要です。

メラトニンは朝起床後、次の睡眠の為に約14〜16時間経過すると自然と分泌され始める様になっており、睡眠中はずっと出続けて強い光を受けるとその分泌量は徐々に減り目が覚めます。つまり、朝起きるのが遅いとメラトニンの分泌開始時刻も遅れる事から夜になかなか眠る事がきなくなるわけなのです。

つまり夜寝れない方は寝る時刻から逆算して14〜16時間前には、朝日を浴びて(冬は日の出時刻が遅くので照明で調整するのがベターです)起きて調整するのが布団に入ってすぐに寝付ける様に習慣付けるコツなのです。

そこでそれを手助けしてくれる目覚まし時計、睡眠トラッカー「Circa」を今回はご紹介致します。


“AIで睡眠を分析し、夜どうしても寝られない、朝起きられないと言う方い悪循環を改善してれる目覚まし時計「Circa」” の続きを読む

睡眠中に特殊なパルス電流を流す事で睡眠をコントロールするブレスレッドデバイス「Sleepman」

みなさんは朝スッキリ起きられないだとか、夜中に何度も目を覚ます、夜しっかりと寝ているはずなのに日中に睡魔に襲われ眼を開けているのが辛いと言った様な経験をされた事はありますでしょうか?
これらは全て睡眠不足が一番の原因と言われ、つまり脳もそうですし、身体も十分回復するまで睡眠を取れていない事による反射であるとも言え、そう言う状況が続くと別の不快感や別の身体の不調が出て来る上に、それが原因でまた別の症状が出て来たりとどんどん負のスパイラルではありませんが、悪くなる事はあってもなかなかスッキリと良くはなりません。

ですから世の中には快眠グッズと呼ばれる商品が数々存在するわけなのですが、これら商品は自分に合えば効果が出ますが、合わなければ全く効果が出ないばかりか、逆に症状が更に悪化すると言った事も考えられます。

そこで今回はその人の身体を分析する事でその人に合ったパルス電流を流す事で良質の睡眠が取れる様に誘導するブレスレッドデバイス「Sleepman」をご紹介致します。


“睡眠中に特殊なパルス電流を流す事で睡眠をコントロールするブレスレッドデバイス「Sleepman」” の続きを読む

日の出を完璧に演出して自然に目覚める様に誘導してくれるBluetoothスピーカー内蔵LED照明「UP」

 よく週末になると寝溜めをする方がおられますが、それがかえって不眠や睡眠不足を引き起こしていると言う事実はご存知でしょうか?
睡眠にはメラトニンと言うホルモン物質が関与しており、メラトニンが体内で増える事で入眠する事ができメラトニンが減少する事で起床できる様になります。
またこのメラトニンは起床してから14〜15時間後に分泌が始まるので朝6時に起きる方であれば20時〜21時頃から自然と分泌量が増えて行きその頃に眠るとスッキリと疲れも取れて朝スッキリと目覚める事ができるのですが、朝ダラダラと寝てしまって昼前に11時頃に起きるとすると夜中1時〜2時にならないとメラトニンが分泌されませんから日曜日の夜はなかなか寝られずに夜更かししてしまう事になり、月曜日になって朝6時に起床しなければならないとすると自然と寝不足になります。そしてこのリズムはすぐには元に戻る事はなく徐々にしか体内時計は元に戻れませんから、週の始めはかなり辛い日々を過ごし、そして週末にやっと体内リズムが戻り普通に目覚める事ができる様になったと思うとまた週末を迎えて寝溜めをしてまた体内時計が狂ってしまうと言う悪循環が続いてしまうのです。そしてまたメラトニンの分泌と比例して分泌される疲労回復を担う成長ホルモンの分泌にも影響も及ぼし、寝ても疲れが取れないと言う事にも繋がるのです。

 ですから休日と言えども平日と同じ時間に起床して過ごすのが健康的であり体にとっては最も良いのですが、起床に関しては日光が関係します。これは朝強い光を浴びる事でメラトニンの分泌が徐々に減って行き快適に目覚める事ができ、これから夏になるに連れて日の出の時間が早くなりますからカーテンを開けて寝ると朝スッキリと目覚める事ができるのですが、雨が降っていて暗かったり、冬場で日の出の時刻が遅くなるとどうしても太陽の光を起床前から浴びる事ができませんからスッキリと目覚める事ができません。

 そんな時にこのLED照明「UP」があれば、雨降りであろうと冬場であろうとスッキリと朝、いつもの時間に目覚める事ができるのです。


“日の出を完璧に演出して自然に目覚める様に誘導してくれるBluetoothスピーカー内蔵LED照明「UP」” の続きを読む