ホーム > タグ > レンズキャップ

レンズキャップ

ワンタッチでカパッと開くので外す必要のない、紛失の心配がない52mm径レンズキャップ「LENSCAPT」

みなさん、一眼レフのレンズキャップの役割についてご存じでしょうか?
あのレンズキャップってただ単に飾りとしてついているのではなく、レンズにホコリやゴミが付着するのを防ぐと共に、レンズを保護する役目を担っています。
と言いますのも一眼レフのレンズはスマートフォンのカメラのレンズとは比べものにならないくらい大きいので、静電気も帯電し易いのでホコリやチリが付着しやすく、写真を撮影した際にそのレンズに付着したホコリやチリが影となって写真に写り込んで写真を台無しにします。

更にレンズ口径が大きい事で机や柱や扉のノブなど飛び出た部分にレンズを当てやすく、またレンズの当たった場所が悪ければ最悪の場合はレンズが割れ、そうでなくてもレンズが当たった勢いで外れたりと言う事もたまにあったりと、レンズキャップがいつの間にか外れ落ちていて、こう言った最悪のケースに合った事があると言う方も少なくはないのではないでしょうか?

そこでそう言う最悪の事態を回避するレンズキャップ「LENSCAPT」を今回はご紹介致します。

全文を読む

一眼レフのレンズをあらゆるものから保護し、幅広いサイズのレンズに使える新しいレンズキャップ「KUVRD」

一眼レフを使っているみなさん、レンズキャップを無くしてしまったって経験はありませんか?
例えば撮影に夢中になり過ぎていたり、カメラにレンズをつけた状態で移動した後で、カメラからレンズキャップを外そうと思ったり、つけたりしようと思った時にレンズキャップがなくなっている!!と言う事って誰しもがよくある事です。

これがプロの方や長年カメラを趣味やられている方であれば予備のフロントとリアのレンズキャップを持ち歩いておられたりしますが、普通の方はレンズキャップなんて紛失するなんて思っていませんし、またそんなに簡単にレンズキャップが外れるなんて思っておられないでしょう。

ただ、外れて紛失しただけならレンズキャップを買いに行って取り付ければ良いのですが、その買いに行って取り付けるまでに砂埃がついたり何か硬いものが当たってレンズが傷ついたりと言うのはよくある事です。

そんな時に今回紹介するレンズキャップ「KUVRD」を使っていればレンズキャップを無くす事がありませんし、それ以上にレンズをしっかりとあらゆるモノから保護してくれます。

全文を読む

Home > タグ > レンズキャップ

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。