世界最薄!!厚さたった14mmのMacBook Proも充電可能なトラベルモジュラー付き45W TYPE-C電源アダプタ「Mu One」

2016年末以降に発売されたMacBook Proの充電に採用されているUSB-C PD(Power Deliver)って実は下位互換性があるってご存じでしたか?
下位互換と言うのは新しい規格が出て来た時に、古い規格に沿って作られたものでも100%対応していますよと言う古くても見捨てないと言う、従来からのユーザーにとっては有り難い規格と言いますか制度で、iPhone 8/8 PLus/Xは従来のUSB-A出力端子を持ったUSB電源でも充電できますが、USB-C出力のMacBook Proの純正電源アダプタとLightning,<–>USB-Cの変換ケーブルを使う事で最大18W(9V2A)で急速できるのは有名です。

ですが実は、「USB-C – Lightningケーブル」とUSB-C PD対応の電源アダプタを使う事で従来のiPhone7や6、5と言った古いiPhoneも充電できる上に”USB-C – MicroUSB ケーブル”があればmicroUSBを採用しているモバイルバッテリー、GoPro、Andoridスマートフォン、モバイルルーターなども実は充電できてしまうのです。
ただその場合は18Wなんてパワーでの充電は無理で充電するデバイスがどう言う充電規格に対応しているかにもよりますが5W程度での充電となります。

そんなUSB-C PD対応で厚みがハンパなく薄く!!たった14mmしかない最大45W出力のUSB-C電源アダプタ「Mu One」を今回はご紹介致します。


“世界最薄!!厚さたった14mmのMacBook Proも充電可能なトラベルモジュラー付き45W TYPE-C電源アダプタ「Mu One」” の続きを読む

MacBook Pro 2016(Later)にiPhoneやiPadへの充電もできUSBハブにもなる充電器「PowerUp」

 MacBookに使われているリチウムポリマーバッテリーってどういうバッテリーがみなさんご存知ですか?よくバッテリーに関してはシャットダウンするまで100%使い切るのは良くないだとか80%の充電状態を維持するのが良いだとか色々な事が言われていますが、MacBookに限ってはバッリー監視用のICがバッテリー管理していますので別段電源アダプタを接続しっぱなしであってもバッテリーに影響すると言う事はありません。
 それよりもMacBook Pro 2016(Later)を例に見ると13インチも15インチも保証されているバッテリーの充電回数は1000回になっており、1000回を越えるとバッテリーが劣化して行ってバッテリー容量が減って行きますので、バッテリー寿命を気にする方は常に充電回数を見てチェックされておられるかと思いますが、よく勘違いされるのは充電回数と言うのは充電コネクタを差し込んだ回数ではなく、15インチMacBook Pro(Later)であればバッテリーを充電する為にバッテリーに流した充電電流が76.0Whに達して初めて1回とカウントされると言う事です。ですから毎日充電ケーブルを挿して充電をし、それを1年間繰り返して365回とカウントするのではなく1年間の充電電力の総和を76.0Whで割った回数が実際の充電回数になります。

 ですので、もしバッテリーを長持ちさせたいのであれば電源が取れる場所では充電アダプタを使用して常に充電し続ける方がバッテリーが長持ちするのです。


“MacBook Pro 2016(Later)にiPhoneやiPadへの充電もできUSBハブにもなる充電器「PowerUp」” の続きを読む

米軍規格のタフネス カー用USB急速充電器「ZUS」

車によく乗られる方なら車に車載用のUSB充電器の1つや2つ搭載されていると思います。特にスマ-トフォンやタブレットでナビゲーションさせている方なら充電器は必須ですよね。なければ見る見る間にバッテリーが減って行ってしまいバッテリー切れで泣かなくてはいけません。

そんな車載用USB充電器ですが、長く使っていると充電が悪くなったんじゃない?と思う事ってありませんか?そう、ご存じない方も多いかと思いますが、電子部品には動作可能温度であったり、耐熱温度ってものがあります。つまりその温度の範囲を超えてしまうと正常に動きませんし、高温になれば部品は劣化して行きます。パソコンや液晶TY,HDDレコーダーやBlueRay等々を見てもらうとケースにファンがついていますよね。これは内部の電子部品が発した熱をケース外へ放出して外部の空気を入れて冷やす為についているのです。ですので、高温のまま放置すれば段々と部品の能力は劣化して行き、しいては動かなくなります。
ですので夏場、ずっと車内に置いておいた電子製品は電気を通さなくても劣化して行きますし、また車載するものは高温に耐えられる様な部品を使用してなおかつ設計をしております。

この急速充電器「ZUS」は夏場に車内に放置しても機能を損なわない様に米軍のMIL-STD-810Gの耐熱性を有しているのです!!


“米軍規格のタフネス カー用USB急速充電器「ZUS」” の続きを読む

ボール!?じゃないよ充電器だよ「ORA pod」

スマホを持ってますか?あなたなら、機能的な充電器とスタイリッシュな充電器、どちらが好みですか?このちょっと卓球のボールよりもちょっと大き目のボールの様な「ORA pod」は充電器なのです!!

通常、端子は外に出ていなくて、ボールをクルッと回す事により変形させる事により、端子が飛び出してきて、コンセントに直挿しできる充電器に大変身!!なのでポケットの中に入れていても、カバンの中に入れていても引っかかる事はありません。何故なら通常はコネクタ部分は格納されているからなのです。

“ボール!?じゃないよ充電器だよ「ORA pod」” の続きを読む

ANKER 36W4ポートUSB充電器購入

端末が増えてくると比例して充電器も増える
だが、1ヶ所のコンセントプレートに挿せるのは2個。分岐タップを使ってもそう何個も挿せないし
コンセント回りが充電器だらけになってあまり見栄えが良くない。

なので、ケーブルのない、コンセントに直挿しできる充電器を探していたら、ちょうど楽天で見つけたので買ってみた。

★ANKER公式★36W 4ポート USB急速充電器 iPhone5S/5C/iPad5/iPad Air/Xepria/Galaxyなどに対応【マラソン201408_送料込み】

4ポートもあればiPad2個とiPhone2個充電できるので私にとってはこれで十分。しかも出力36Wなので、7.2Aまで流せる!???

外箱はこんな感じ
20140903-104839.jpg

充電器本体

20140903-104855.jpg

USBの差し込み口には上段2個にはAndroid。下段2個はAppleとマークが

説明書を見て納得。上2段はAndroidで急速充電できるように、D+とD-がショートされているか
数百ohmの抵抗で接続されている模様
Apple用ポートは急速充電できるようにデータ線に電圧かけているものと思われる

20140903-104903.jpg

試しにiPad(第4世代)に電圧と電流チェッカーをかまして計測してみると

Appleポートに繋ぐと1.78A流れている

20140903-105005.jpg

電圧は5V

20140903-105014.jpg

Androidポートだと1.47Aになった。

20140903-105020.jpg

確かに説明通り。ちなみに、充電にはAppleの純正Lightningケーブルを使用
ちなみに充電はホント、充電ケーブルの性能で差が出ます。1本300円くらいの安いケーブルだと
Appleポート使っても1.5Aも出ませんでした。iPhoneなんか、0.5Aの普通充電になりましたから。
やはり電源も重要ですが、ケーブルもとっても重要です

 ちなみにこのコンパクトな充電器、思ったより小さいので旅行に持って行くのに便利!!

↓楽天で売ってます

 

 

トースターじゃないよ!!充電クレードル「foaster」

世の中、面白いガジェットを作る人はいるもので、まるでサン○ーレアモノショップで売っていそうな
充電クレードルがKicstarterで投資の募集を行っている。

見た目は本当にトースター。でも、パンは入れなくて、スマホの充電台なのだ。使い方は簡単で差し込むだけ。
タブレットを充電する時は、ポップアップレバー!?を下げると、左右に開いて、タブレットが挿せる様にスリット
が広がる。
スマホだけ充電するだけならレバーを上げてスリットを閉じておけばいい。

何かキッチンに置いておいたら間違ってパンを焼きそう(^-^;

“トースターじゃないよ!!充電クレードル「foaster」” の続きを読む

コンセントに直挿しするスマホ用充電器「Pocket Dock-It」

ケーブルレスな充電器って。目の付け所がイイ!!
確かにコンセントプレートに充電器を差し込み、スマホを充電器に差し込めば、
コンセントプレートがクレードルの背もたれの役目もしてくれるので、クレードルいらず

ケーブルがないって所に個人的には魅力を感じる。壁に立てかけておけば邪魔にも
ならないし、床に置いておいて踏む心配もない。机が狭くて、邪魔になることもない

“コンセントに直挿しするスマホ用充電器「Pocket Dock-It」” の続きを読む