ホーム > タグ >

音と光でより良い眠りへと導くだけでなく、寝ている間にスキンケアも行うアイマスク「Dreamlight」

みなさんは夜寝るときはいつ寝たのか覚えていないくらい直ぐに寝落ちし、そして起床時間までは一度も目を覚ます事なくしかもスッキリと起きる事ができていますでしょうか?

少し前までは8時間睡眠が人間にとって最良の睡眠時間と言われていましたが、現代人でそれだけ長時間の睡眠時間を取れると言うのは極々わずかな人々だけで殆どの方がもっと短く、昨年出されたレポートでは6時間半〜7時間半、つまり7時間前後であれば健康に支障を来さない睡眠時間であると言われており、逆に6時間以下の睡眠時間では徹夜しているのと変わらないと言うレポート結果が出されており、7時間睡眠を取っている方に比べて死亡率も高くなっております。

ですから睡眠時間はできるだけ長く取った方が良く、例えば朝6時に起きる人が7時間の睡眠を取ろうと思うと23時には寝なければなりませんが、帰宅時間が遅ければなかなか23時寝ると言うのも大変で、更に布団に入ってからなかなか寝付く事ができなければどんどん睡眠時間が減って行き、それこそ毎日徹夜の状態になり、体調を崩しかねません。

ですから、いかに布団に入ったら直ぐに入眠できるかが睡眠の質の向上に直結し、それをサポートしてくれるアイマスク「Dreamlight」を今回はご紹介致します。

全文を読む

空き巣に侵入されない様に自宅内に人がいるかの様にカモフラージュする事で泥棒の被害を防ぐ「Kevin」

”空き巣”に入られたから次は入られない様にと防犯カメラを玄関や勝手口に設置し、侵入されそうな窓の下には砂利を敷いて入り込んだら足音が鳴る様にするなど万全の防犯対策をしたのに、また”空き巣”に入られたと言う様な方はこの世の中にはたくさんおられます。

では何故、カメラを設置したり外構に対策を施したのに再び泥棒に入られるのでしょうか?

そこにはいくつも入りやすいと言う条件が整っているからに違いありません。例えば立地的に周囲の住宅から見え辛いとか、昼間に入られたとすれば周囲の住宅の昼間の在宅率が極端に低いと言う様な事などです。でも防犯カメラも設置したのにと思われるかもしれませんが、それも自宅周囲360°死角なく設置するのでしたらまだ良いのですが、死角があればその方向から近づいてカメラの配線をカットされればそれで証拠は残りませんし、ワイヤレスカメラだとしても電源をカットすれば終わりです。

ではどの様にすれば”空き巣”の侵入を防ぐ事ができるのか?それを突き詰めたのが今回紹介します「Kevin」です。

全文を読む

音、光、レーザーセンサー搭載のデジタル一眼レフ・コントローラー「CamBuddy Pro」

人間の反射スピードってどれくらいかご存じですか?一般的に言われているのは何かモノを見て反応するまでが最速0.2秒と言われていますから、例えば落ちて来る(自由落下する)ものを撮影しようとすると0.2秒の間にその自由落下する物体は約20cmも移動していますから、かなり離れた場所から撮影するのであればその一瞬を捉えられなくはありませんが、近距離での撮影となると完全に出遅れますから、手動で例えば落下してリンゴを撮影しようなんて言うのは到底無理ですしシャッターを切った瞬間には既にフレームから外れてしまっています。
それはモノだけではなく光はももっともっと速く、例えば雷が鳴っているからと撮影しようと思ってもなかなかいつ光とも限らない雷を待って集中して光るのを待つなんてなかなかできませんよね。そう言う時に役立つのがセンサーで、そう言うセンサーを持った一眼レフ用のシャッターコントローラーがこの「CamBuddy Pro」です。

全文を読む

Home > タグ >

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。