猫背が気になるあなたへ!!今使っている椅子で姿勢を正しくキープする唯一のサポーター「Posture Keeper」

みなさんは椅子に座っていて気が付かないウチにどんどん前のめりになり、気が付くとニワトリが餌をつつく時の様に顔だけが飛び出していると言う事はないでしょうか?
そうなると見た目からして格好は良くありませんし、背中は曲がるし肩凝りや腰痛は誘発するしと良い事は1つもありません。
ただ、そうならない様にするガジェットはこの世の中には既にたくさんあります。1つは骨盤を座面に対して垂直に保つ様にする骨盤サポートの様なものや、腰がS字カーブを描く様にと腰に当てるクッションであったり、姿勢の悪化を検出して知らせるアラームであったりします。
ところが骨盤を固定する様なサポーターも、腰当ても、前傾姿勢になろうと思えばなれますし、アラームもうるさいと感じれば電源をOFFにするか、使わなければ鳴らなくなります。

と言う様にどれも強制的に良い姿勢をキープさせる為のガジェットではなく、あくまでも良い姿勢を保つ為のサポーターで、本人が努力しなければ姿勢をキープする事はできません。

そこで今回は、本人の意思とは関係なしに椅子に座った時は常に良い姿勢を取り続けなければならない姿勢矯正サポーター「Posture Keeper」をご紹介致します。


“猫背が気になるあなたへ!!今使っている椅子で姿勢を正しくキープする唯一のサポーター「Posture Keeper」” の続きを読む

日々の運動ばかりでなく睡眠や姿勢までをもトラッキングしてくれるネックレストップ型アクティブトラッカー「OPTER POSE」

あなたは姿勢が悪いって言われる事ってありますか?
例えば”姿勢が悪いよ”、と言われたとしても本人的には殆ど気づいていない事の方が多く、もし意識しているとすれば例えば座っている姿勢であれば、肘を机の上に置いて手で顎を支えたり、机の上に顔をつけて寝そべった状態で勉強をしたりしている様な極端な姿勢を取っている時で、多少前傾姿勢を取って座っていたり、前傾姿勢で原始人の様な頭を前方に突き出し背中を丸めた様な格好で歩いていたりしても気づかない事の方が多いのです。
そんな時にこのアクティブトラッカー「OPTER POSE」があれば、姿勢だけでなくスマートウォッチ並にあなたの行動を監視しそして知らせてくれるのです。


“日々の運動ばかりでなく睡眠や姿勢までをもトラッキングしてくれるネックレストップ型アクティブトラッカー「OPTER POSE」” の続きを読む

知らず知らずのウチに正しい姿勢を維持できる様にする姿勢リマインダー「POZE」

 子供さんに”真っ直ぐ座りない”だとか”姿勢を正しくしなさい”と口すっぱく言って子どもに煙たがられたり嫌がられたり、頻繁にそう言わなければならない自分に嫌気が差すと言う事ってありませんか?ですが注意しませんと子どもの場合は気がついて直そうなんて事はしませんし、その状態が続くと姿勢もそうですが視力の低下も気になる所ですから言わざるおえません。
 ですが常に注意できるわけではありませんし気がついた時だけ注意していたのでは勉強と同じで1+1=3と覚えてしまっているものを気がついた時だけ注意して1+1=2に訂正している様では常は1+1=3と書いていたのではなかなか直るものも直りませんし、それは姿勢にも通じる所があり注意した時だけ姿勢を正している様では勉強と同じでなかなか正しい姿勢を維持すると言う力はついては来ません。

 そこでこの「POZE」の登場です。この「POZE」は常に姿勢を監視し姿勢が悪くなると知らせてくれますので身につけている本人は正しい姿勢を取らざるを得ませんから必然的に自然と正しい姿勢をする事を習慣づけられると共に親も「POSE」を使う事で姿勢について子どもを注意する事がなくなりますから子どもも親も姿勢の事でストレスがたまる事がなくなります。


“知らず知らずのウチに正しい姿勢を維持できる様にする姿勢リマインダー「POZE」” の続きを読む

4-7-8呼吸法ができていますか?呼吸と姿勢からストレスを評価してくれる健康トラッカー「PRANA」

ストレスを受けて緊張したときにする事って何でしょうか?たいていの人は落ち着いて平常心を取り戻す為に深呼吸をして副交感神経優位にしてリラックスさせようとしますよね。つまり呼吸と言うのはストレスを低減してれる1つのトリガーになるわけなのです。ですが呼吸を常に気にして日々過ごしたり仕事をしたりしている人って殆どいませんよね。

ただそれをちょっと気にするだけで、かえってリラックスできて低ストレスな生活を送れる事だってあるのです。それを気づかせて、気を付けさせてストレスがかからない様にアドバイスしてくれるデバイスがこの「PRANA」です。

“4-7-8呼吸法ができていますか?呼吸と姿勢からストレスを評価してくれる健康トラッカー「PRANA」” の続きを読む

肩こりをはじめとするスマホ症候群を予防するウェアラブルデバイス「ALEX」

VTD(Visual Display Terminal Syndrome)症候群やスマホ症候群と言う言葉を聞いたことはありますか?これらはモニター等をずっと見続けて同じ姿勢を取り続けた結果として現れる症状の総称で、例えば目に現れる症状としては眼精疲労、ドライアイ、視力低下等があります。
そして身体に出てくる症状としては首の不快感や痛み、肩こりや背中の痛みやストレートネック。更には精神面への影響もあり、自律神経が不調になりイライラしたり不意に不安感に襲われたり、抗うつ症状が出て来たリと様々な症状をもたらします。

そこでVTD作業についてはガイドラインが制定されていて長時間同じ姿勢で連続作業をする場合は連続作業が1時間を超えない様に、そして作業と作業の間に10~15分間程度の休息時間を設け、連続作業中は作業中に1,2回程度は小休止を設ける様に提唱しています。

ただ、集中して仕事をしていれば時間の経過など忘れていますし、わざわざタイマーをセットして時間が来たら休憩するなんて、職場環境によってはちょっと無理な場合もありますよね。

この「ALEX」は姿勢をリアルタイムで監視し、VTD症候群やスマホ症候群になるのを予防してくれるデバイスです。

“肩こりをはじめとするスマホ症候群を予防するウェアラブルデバイス「ALEX」” の続きを読む

腰痛防止に役立つクッションセンサー「Darma」。姿勢が悪くなったらお知らせ

腰痛に悩まされているのは日本人だけではないようだ。欧米人にも腰痛持ちは多くなって来たので
こんな製品が出て来たのだと思われるが、これはなかなかのアイデアだと言える。まさに目から鱗。

腰痛は何故起こるのか?生理学的に言えば、上半身を支えるために腰部の筋肉を過度に使いすぎて
筋肉疲労が起こり、それに伴い筋緊張が高まり(筋硬度が上がると言った方が分かり易いか?)、筋肉
への血液供給量が減って、痛みが出る。(メカニズム的にとっても簡略して書くと、血液が送られないと
、細胞が壊死するので、それを自覚、防止する為に発痛物質を血管が放出して痛感神経を刺激する
ワケだが。)

なので腰痛の防止は適時椅子から立ち上がり、動く事だ。それにより血流が促されるので、筋緊張が
和らぐ。

このデバイスはまさに、クッションに圧力センサー!?(MEMS加速度センサーを使用か!?)を内蔵
し、長時間座っているとアラートを出したり、座面にかかる圧力を比較して前傾姿勢になってたら背筋を
伸ばす様に働きかける。

なかなか気の利いたデバイスとアプリだ。気を付けていても、なかなか気を付けられないので、こうやって
管理してもらえば腰痛が減るだろう

“腰痛防止に役立つクッションセンサー「Darma」。姿勢が悪くなったらお知らせ” の続きを読む