スピードで明るさが変化する自転車用LEDヘッドライト&テールライト「BEAM & ICON2」

LEDライトは電球を使った昔のライトと比べてバッテリーの減りに合わせて暗くなったりはせず突然消えますので、自らそろそろかなと思って電池を交換したりバッテリーを充電しなければいけません。
そしてもしバッテリーが切れて無灯火で走ると、街灯の明るい道路であればまだ車に乗っている方にも気付いてもらえますが、街灯の殆どない農道や住宅街の中の道路等ですと非常に危険です。
と言いますのも日本では何故かハイビームではなくロービームを点灯して車を走らせる方の方が圧倒的に多く、その照射距離はたった40mと非常に短くロービームに照らし出されて気付いた頃には手遅れです。
ただ最近の新しくリリースされた車は自動的に対向車が来るとハイビームをロービームに配光を切り替えたり、レーダーやカメラで歩行者や自転車をセンサーで検出して表示してくれる装置を装備した車が出て来るなどしていますが、普及はまだまだです。

そこで今回はバッテリーの延命機能と、そして自分の身体を保護する機能を持った自転車用LEDライト「BEAM & ICON2」をご紹介致します。


“スピードで明るさが変化する自転車用LEDヘッドライト&テールライト「BEAM & ICON2」” の続きを読む

暗くなり視界が悪くなった時に自らの身を守る自転車用レーザー&LEDライト「Laserlight Core」

今までは全く気が付かなかった事も立場が変わる事で180°違った視点で見る事ができる様になり今まで見えていなかったものが見えて見識が増えると言うのはよくある事です。
そしてその1つが、大人になり取得できる自動車の運転免許です。
自転車に乗っていた時は車がいきなり飛び出して来て危ない目に合い運転手の技量を疑った様な事も、実際に乗用車を運転する様になり同じ目に合い、いかに自分が無謀な運転をしていたのかと言う事を思い知らされます。

例えば見通しの悪い交差点では必ず止まる様に指示する標識が掲示されています。これは自動車だけではなく軽車両である自転車も守る必要があるのですが、たいてい自転車はそんな標識など無視して止まらずに突っ走って行きますし、交差点でも本来は原付バイクの様に2段階右折しなければならないのに斜め横断したりして車と接触しそうになると言う事はよくありますし、逆に自動車が標識を守らないと言う事もあります。

これは一つは自転車に乗っている人が見えていない事に原因があります。特に市街地の見通しの悪い交差点などは交差点のギリギリ手前まで進行しないと相手の車のボディーやヘッドライトの光が見えないと言う事がよくありますし、それは自転車でも言えます。
特に自転車のライトと車のヘッドライトとでは光量(明るさ)が断然違いますので、見通しの悪い交差点では自転車のライトが照らし出し地面に反射する光など殆ど見えていませんので、何か自分で対策しないといつかは気をつけて走行していも事故に合う可能性があります。

そこで今回は転ばぬ先の杖に必ずなってくれるLEDライト「Laserlight Core」をご紹介致します。


“暗くなり視界が悪くなった時に自らの身を守る自転車用レーザー&LEDライト「Laserlight Core」” の続きを読む

LED内蔵でドライバーからの被視野性を高めたリバーシブル防水サイクリングジャケット「MOVA」

 暗い夜道を自転車で走行していて自動車と危うく接触しそうになった事ってありませんか?
 と言いますのも例えば点滅するLEDテールライトを自転車に取り付けていたとしてもその照射角度が狭かったりすると、そのLEDテールライトの向いている向きからしかLEDの点滅を確認する事はできない上にテールライトが小さいと光そのものも小さすぎて自動車を運転するドライバーから認識する事は非常に困難な上に周囲が真っ暗でそのLEDテールライトしか見えていないとすると距離感も掴めない上にヘッドライトが自転車を照らし出した頃にはヘッドライトのロービームの投影距離は40m程度と言われていますから、あっという間に自転車に追いついてしまいます。しかもダーク系の色のウェアを着用していれば更に見えません。

 ですから、日の落ちるのも早くなったこの冬の時期は特に、自ら光るか反射で光って自分の存在をアピールできる様なウェアを着用するのが自分にとっても身の安全を守る為に必要な事です。そんな自動車のドライバーから発見され易い工夫は随所に施されたサイクリングジャケットがこの「MOVA」です。


“LED内蔵でドライバーからの被視野性を高めたリバーシブル防水サイクリングジャケット「MOVA」” の続きを読む