フォーカスまでも自動化する事で様々な映像表現が可能なフルオート電動雲台「Rhino Arc II」

最近の電動雲台は昔の様にモーターでビデオカメラやスチールカメラの向きを一定のスピードで変える事ができると言うだけでなく、スマートフォンを使いリモートで制御できたり、パン・チルトと上下左右方向でスピードを変化させながら動かしたり、スライダーを使ってカメラの視点を移動させながら撮影したりと、本当に複雑な撮影を行う事ができます。

ただ唯一それら最近の電動雲台やスマートフォンを使ったリモートコントロールで出来ないのがフォーカス、つまりピントです。
今のカメラはオートフォーカスですのでピント合わせをする必要がないと言えばないのですが、実際のところそのフォーカスを画角の中でどこを基準にするかはカメラに搭載されたプログラムで、いくらフォーカスポイントを設定しておいても実際にピントを合わせるのはカメラ任せです。

そこを今回紹介する「Rhino Arc II」は手動で設定する事ができますので、更に多彩な映像表現を行う事が可能です。


“フォーカスまでも自動化する事で様々な映像表現が可能なフルオート電動雲台「Rhino Arc II」” の続きを読む

撮影プログラムをジェスチャーで覚えさせる自動電動雲台「Astro Core」

雲台って何だかご存じですか?元々はモノを乗せる台の事を言うのですが、普通雲台と言うとカメラや双眼鏡等を三脚に固定して自由な方向に向ける事ができる台の事を指します。

その雲台にも色々な雲台があり、3way用雲台(上下左右(パン・チルトの他に角度を微調整できる)、自由雲台(ボールヘッド雲台:接続がボールジョイントなのであらゆる方向へ自由に動かせます)、ビデオ雲台(パン・チルト方向のみ)が代表的な雲台なのですが、これら雲台は全て人の手で動かさなければならず例えば一定スピードで走ってランナーや車を撮影する場合、ランナーはまだ遅いので人の手で追ってもフレームアウトする事はありませんが、時速200km程度で前を通過する車をフレームアウトする事なくしかもフレームの真ん中に固定したまま車を追いかけて撮影しようとすると一定のスピードで動かさないとすぐに車はフレームの中心から移動してしまいます。
ですが、そう言う撮影を人の手で行うのは難しく機械に任せた方が正確で失敗がありませし、それができるのがモーターで動く電動雲台なのですが、その電動雲台をスマートフォンを使って緻密に制御できる電動雲台がこの「Astro Core」です。


“撮影プログラムをジェスチャーで覚えさせる自動電動雲台「Astro Core」” の続きを読む

ユーチューバーの自撮りに最適な自動追尾機能を搭載した雲台「Picbot」

今ではスマートフォン1台あれば特別な機材はなくても簡単に誰もがユーチューバーになる事ができる時代です。ただYouTubeに動画を投稿してそれなりの試聴回数を稼ごうと思うと、動画を編集してテロップを入れたり、効果音を入れたり不要なシーンをカットして映像を繋いだりと言う編集作業も重要ですが、それ以前に動画を撮影しなければいけません。
ゲーム実況ならゲームをプレイしている画面を録画すればいいだけですが、何かを行ったり紹介したりと自分を登場させなければならない場合1人で撮影するとなると最低でも三脚さえあれば何とか撮影をする事はできますが、動き回わって撮影するとなるとフレーム画面からはみ出てしまう為に動ける範囲も制約されます。

そう言う、自撮り撮影でも自由に動けてフレームからはみ出ない様に撮影の補助をしてくれるのがこの雲台「Picbot」です。


“ユーチューバーの自撮りに最適な自動追尾機能を搭載した雲台「Picbot」” の続きを読む

パン・チルトができる電動雲台「PANLIGHT」

パン・チルトできる電動雲台ってあまり種類がないと思いませんか?あってもワイヤードリモコンのものがほとんどで高価です。が、今回Kickstarterで募集を始めた電動雲台は$149と何と2万円を切る価格!!そしてワイヤレス!!(電波到達距離は約30m)

更に可動範囲はパンが360度。チルトが180度!!と可動範囲も申し分ありません!!し、1人での撮影時にいちいちフラッシュの角度を変えにフラッシュの所まで行くのはかなり面倒ですし時間のロスですし、カメラを構えたまま、フラッシュの角度変更が可能なので、フラッシュの角度を変えに行って帰って来たら撮影場所がちょっとズレてて、またフラッシュの角度変更、そしてまた撮影…..なんて不効率な撮影はなくなります。ちょっと、もう少し角度を変えたいと思ったらファインダーを覗いたままでも変更可能ですから。かなり効率的に撮影が行えます


“パン・チルトができる電動雲台「PANLIGHT」” の続きを読む