Newガジェット

自分が思い描く映像の仕上がりを忠実に再現してくれる、世界一賢い電動雲台「Polaris」

昔であればプロのカメラマンが知識とテクニックを駆使しなければ撮影できなかった様な映像もたった1つの電動雲台とスマートフォン等があれば簡単に撮影できる時代になっています。

例えばタイムラプス撮影1つとっても、ある特定の星や月を追いかけながら天体撮影を行う、街の風景をカメラのアングルを変えながらタイムラプス撮影すると言った場合でも、ある程度、電動の三脚、電動の雲台にプログラムしてやれば撮影できますが、タイムラプス撮影で言うと一定間隔で一定のスピードでしかカメラを動かす事しか多くのプログラム式の電動雲台では出来ません。

例えば満月をフレームの中央にずっと捉えながら一晩かけてタイムラプス撮影したと言う時、常に満月をフレームの中央に捉えておこうと思えば、やはり一晩起きてファイダー越に満月を見てカメラのアングル補正を手動で行わないといけません。

ですが今回紹介する電動雲台「Polaris」はそう言った事も全部、自動でやってくれる素晴らしく賢い電動雲台なのです。


Starトラッキング


ではこの「Polaris」が持っている機能を順次紹介して行きますが、この「Polaris」にはGPS及び、地磁気センサーと言った今自分がどの場所にいるのか?そしてどの方向に向いているのか?と言う事を認識する為の装置が組み込まれて更に天体マップまでをも持っています。

そして例えば星空をタイムラプス撮影する時、あまり天体に詳しくないと言う方でも目的とする惑星や衛星、星、星座がすぐに見つけられる様に、連動させているスマートフォンを夜空に向けるとカメラはスマートフォンの動きに追随して動き、スマートフォンにはカメラを通した夜空が映し出され、更にそれに星座や星の名前などがマッピングされる様になっており、簡単に撮影したい星空を見つけマークキングする事ができます。

そしてGPSからの位置情報と時間情報、そして天体マップから星の移動する軌道を計算し、この「Polaris」は撮影者が撮影したい映像の撮影の手助けをしてくれるのですが、それは星を追って撮影するだけでなく、露光時間、撮影間隔、またはカメラのアングルと言ったものも時系列を追ってスマートフォンを使って細かく設定する事が可能ですので、今まで誰もが見た事のない夜空を1つのタイムラプス映像として表現したりする事も出来ます。


日の出、日の入り撮影


また「Polaris」は星空の他に太陽の軌道もメモリーされており、日の出の撮影、日の入りの撮影が簡単にできる様になっています。
つまりどう言う事かと言うと、始めての場所で日の出を撮影すると言った場合、日の出時刻は検索すれば分かりますが、太陽が昇って来る方向と言うのは、太陽ははるか地平線の下ですので分かりませんし、太陽が昇り始めてカメラの向きを変えていたのでは、日の出の瞬間は捉えられません。

そこでこの「Polaris」では事前にスマートフォンの画面にカメラが向いている方向に太陽の軌跡をオーバーラップさせ、事前にどの方向から太陽が昇り、どの方向へ移動して行くのかと言う事が分かる様になっているのです。
つまり事前に太陽がどこからどちらへ移動するのかと言う事を知り、予め撮影パターン、スケジュールをセットしておく事で失敗なく日の出、そして日の入りの撮影が可能になるのです。


多焦点合成(Focus Stacking)撮影


また「Polaris」はただ天体や月を追いかけるだけではありません。
最近のスマートフォン用のカメラアプリなどでもよく見かけるフォーカススタッキング撮影がこの「Polaris」単体で行え、しかも画像の合成までも「Polaris」が行い1枚の画像に仕上げてくれるのです。

これは撮影している物体全てにピント(フォーカス)を合わせる撮影方法で、ピントを変えながら何枚か画像を撮影し、その画像の中からピントの合っている部分のみを抜き出して合成すると言う手法で、後からPhotoShop等を立ち上げて画像を読み込ませて行わなければならない作業を省略する事ができます。


プラグラミング撮影


そしてタイムラプス撮影においては自分自身でカメラの動きをプログラミングし、撮影コントールすると言うメニューも用意されています。

それはカメラの軌跡をポイントで結んで細かく設定できるだけでなく、カメラのパンスピード、撮影間隔、シャッタースピードや露出と言ったものもそのタイミング、タイミングで細かくマニュアル設定が可能になっています。

またこの他にもパノラマ撮影であるとか、リモコン撮影など紹介し切れていない「Polaris」の能力はこの他にもありますので、詳しくは下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/benropolaris/polaris-smart-electric-tripod-head

320LXと超明るくテレワークにも最適なカードサイズのLEDライト+αのセット「CARD Light & new KableCARD」前のページ

最大150psi(10.5kg/cm²)で空気入れできるだけでなく空気抜きも可能なバッテリー内蔵電動空気入れ「NewoCube」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    もう少し鮮明な映像が記録できる防犯カメラが欲しいと言う方の為のワイヤレス2Kカメラ「HeimVisi…

    防犯カメラを設置してはみたものの、思ったより画質が悪くて、もうちょっと…

  2. Items

    小さく折り畳めるので車に常時積んでおいても邪魔にならないルーフキャリー「TAIR」

    車の屋根に上にモノを乗せる時に使うルーフキャリーと言う道具がありますが…

  3. Newガジェット

    1時間に1000ccもの容積を造形できる超高速LCD-SLAプリンタ「SLASH」

    3Dプリンターと一概に言っても方式によって色々とあります。一番メジャー…

  4. iPhone

    防水だから水没ok!!ゾウに踏まれても壊れない自撮りBluetoothリモートシャッター「EmoFi…

    周りに撮影を頼める人もおらず、自撮りする時にスマホを持った手を目いっぱ…

  5. Newガジェット

    自宅やオフィスにいながらにして旅行へ出かけた様な気にさせてくれるデジタルフレーム「Atmoph Wi…

    デジタルフォトフレームと言うとかなり昔から存在するガジェットです。…

  6. Newガジェット

    Bluetoothタグにパスワードを記録する「SmartKee」

    ちょっとユニークなタグが登場した。Find it!!タグの機能も備えな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP