スマホでFPSゲームに勝つ為の最強のウェポン!!PCと同じプレイ環境が整えられるBluetoothアダプタ「GAMO G+」

FPSゲームをプレイする際に、最近のFPSゲームはPCだけでなくスマートフォンやPS4,Xbox、Switchと言った様なゲーム専用機でもプレイできる様になっており、どのプラットフォームでプレイするかが一番問題です。
同じタイトルのゲームでもそのフィールドはマシンによって分かれており、スマートフォン<Switch<PS4 or Xbox<PCの大小関係で難しくなって行き、スマートフォンとPCのレベルを比べると、と言うかその難しさは比べものになりません。

その1つにはマシンのスペック(強さ)もありますが、やはりコントローラーによる所が大きいのは否めません。
PCは基本的にキーボードとマウスを使ってキャラクターを操作しますし、キーボードにはたくさんのキーがあるのでその分機能も豊富で武器なども瞬時に使えたり交換したりする事ができます。

一方スマートフォンはと言いますと、画面の表示されたバーチャルキーを操作しますので、あまりたくさんのバーチャルキーを表示させてしまうとフィールドがボタンで覆い隠されて見えなくなってしまいますので必然的にキーの数は少なくなりその分、PCでできた操作はスマートフォンではできなかったりとかなり簡素化されています。
またバーチャルキーの上に乗せた指によって画面が覆い隠されてしまい細かい部分が見えないと言う欠点もあります。

そこで今回は、スマートフォンでFPS (First Person Shooter),、RPG (Role Playing Games)、 RTS (Real Time Strategy)ゲームをプレイされる方に必ず勝てる環境を提供するBluetoothコントローラーアダプター「GAMO G+」をご紹介致します。
“スマホでFPSゲームに勝つ為の最強のウェポン!!PCと同じプレイ環境が整えられるBluetoothアダプタ「GAMO G+」” の続きを読む

VRゴーグルを装着した状態でのFPSゲームのプレイ中の移動をとても楽にしてくれる歩行検出アダプタ「WalkOVR」

VRゴーグルを装着し、FPS(First Person shooter)と呼ばれるジャンルのゲームをプレイは、キーボードやマウスを使って操作するよりもずっと臨場感に溢れ、しかもキーボードやマウスの操作が不慣れな方でも十二分に楽しむ事ができます。

と言いますのはVRゴーグルにはVRゴーグルの動きを検出する9軸センサー(加速度、ジャイロ、地磁気)が内蔵されており、顔がどちらを向いているのか、どれくらいどの方向に動かしたのかを精密に検出してくれますので、真後ろを振り向いたり、上を向いたり、走りながら顔を動かして周囲の状況を確認したりと言うのが顔を動かすだけで良いのでとても簡単なのですが、ただ唯一の難点は移動です。

移動や身体の向きを変えたり、ジャンプしたりしゃがんだりと言った操作は手に持ったコントローラーで行いますので、コントローラーの操作になれないと、ゆっくりと移動したいのにダッシュしたり、斜め前の建物の中に入りたいのになかなか扉を通り抜ける事ができなかったりと、コントローラーを使うが故になかなか上手にコントローラーを操作する事ができない方にとっては難しい部分があったりします。

ですが今回紹介します「WalkOVR」を使う事で、よりリアルな動きに近づける事ができますので、もうコントローラーがうまく使えないからと悩まされる事はありません。
“VRゴーグルを装着した状態でのFPSゲームのプレイ中の移動をとても楽にしてくれる歩行検出アダプタ「WalkOVR」” の続きを読む

ツイングラフェン・ドライバーを内蔵しゲーム用にチューニングされた3Dイヤホン「GAMO」

FPS(ファーストパーソンシューティング)ゲームにおいて音と言うのは非常に重要な役割を果たします。
と言いますのもFPSゲームは通常、広いバーチャル空間を移動しながらプレイするゲームです。ですからどこに敵が待ち伏せしているかわかりませんし、FPSゲームにおいて見えている部分は人間の視界と同じでせいぜい140°前後と言ったところなので、その視界から外れている敵を察知するのは敵が出す音しかないからです。

ですからFPSゲームをプレイする上でヘッドホンやイヤホンと言うのは非常に重要で、方向性のわかるサラウンドヘッドフォンや3Dヘッドフォンを使用した方が敵の位置が音で分かるので、相手より優位なのは明らかです。

そこで今回はFPSゲームをプレイする上で勝てる様にチューニングされた画期的な3Dサラウンドイヤホン「GAMO」をご紹介致します。


“ツイングラフェン・ドライバーを内蔵しゲーム用にチューニングされた3Dイヤホン「GAMO」” の続きを読む