AirPods、AppleWatch、iPhoneを同時に充電可能なLEDデスクスタンド「ToQi Base」

一昨年にAirPowerと共に発表されたワイヤレス充電対応のAirPodsは、ようやく1年半に月日を得てこの3月にようやくH1チップと共にバージョンアップされてリリースました。
ただ新しいAirPodsはワイヤレス充電の他に従来のLightningコネクタで充電するケース(ケースもワイヤレスイヤホン共々バージョンアップされています)もリリースされており、価格も5,000円も低く設定されている事から、ワイヤレスイヤホンの性能が同じ分、どちらにするか悩まれている方もおられるのではないでしょうか?

そこで今回はiPhoneの3種の神器とまでは言いませんが、iPhone、AppleWatch、ワイヤレス充電AirPods、Lightningコネクタ充電AirPodsを同時に充電できるLEDデスクスタンド「ToQi Base」をご紹介致します。
“AirPods、AppleWatch、iPhoneを同時に充電可能なLEDデスクスタンド「ToQi Base」” の続きを読む

本を高速で取り込む自炊機能の他に、AIを使ってトリミングや文字起こしまで全自動で行う高性能スキャナ「Aura」

”自炊”と言う言葉だけを聞けば自宅で食事を作り食べる事を想像する方が殆どですが、その他に書籍や書類などをスキャナを使い電子データ化する作業の事も”自炊”と呼んでいます。
一般的に書籍をスキャナにかける場合コピーでもそうですが、厚みのある本は製本の仕方にもよりますがページの繋ぎ目でページが曲がったり歪んだりして真っ直ぐに取り込んだり、コピーできなかったりします。
そう言う時はどうするのかと言いますと、背表紙の部分を糊付けされている部分からカットして1ページを1枚の紙にした後にスキャナにかけて電子化します。
そうする事で取り込んだページは文字お歪まず真っ直ぐに取り込めるのですが、裁断してしまった本は元通りには戻りません。

そこで本を裁断せずに背表紙の部分で文字が歪んでいても真っ直ぐに取り込める高性能なスキャナ「Aura」を今回はご紹介致します。


“本を高速で取り込む自炊機能の他に、AIを使ってトリミングや文字起こしまで全自動で行う高性能スキャナ「Aura」” の続きを読む

スイッチは引き下げるものではなく引き上げるLEDランプ「Heng Balance Lamp」

 世の中にはこれは実用品として本当に使えるのか?と言う奇抜なデザインをしたガジェットがたくさんありますが、デザインは奇抜であっても実際に使って見ると実はとても使いやすいと言うガジェットが意外と多い事に気が付きます。例えばダイソンのエアマルチプライヤーと言う扇風機です。最初は羽もないのにどうして風が出て来るのか?(実際には土台の部分に羽が入っており周りの空気を吸い上げて円形や楕円形のフィンの部分に送り込んでいるのですが)、まともに扇風機の様な強い風が出て来るのか?と思った方もエアマルチプライヤーが発売された頃には多くおられたと思いますが、実際に家電量販店で触れて見ると見た目とは全く違う遠くまで届く強い風が出て来るのにビックリし何でも見た目で判断してはいけないと言う事がよくわかります。

 そしてこの「Heng Balance Lamp」も真ん中に穴の空いたその中心に紐がついた木でできた球が2つ浮遊する奇抜なデザインをしたLED照明なのですが、実はこの意味のない木の球がこの「Heng Balance Lamp」のキーなのです。


“スイッチは引き下げるものではなく引き上げるLEDランプ「Heng Balance Lamp」” の続きを読む