機能そのままで重さサイズ共に軽く小さくなってポータブル性が向上したマルチ・スキャナ「CZUR LENS Pro」

その昔、書類を取り込んだりする際に使用するスキャナと言うコピー機の様な形状をした装置は、ドキュメントスキャナと言う紙を自動送りしながら取り込む専用の装置以外はプリンターの様に据え置きで持ち歩くと言う事が出来なかったので、書類をデジタル化、ファイル化して取り込みたいと言う時にわざわざスキャナのある場所まで行かなければなりませんでした。

ですが今ではスマートフォンでプリントを撮影するとデジタル化されるだけでなく真っ直ぐに方向を修正してくれたり、書かれた文字を文字認識してデジタルなデータに変換してくれる様なスマホアプリまであり、紙媒体をPCやスマホに取り込むと言う作業が非常に簡単に行える様になっています。

とは言え、綺麗に取り込もうと思えば明るい場所で撮影する必要がある上に照明が紙に反射しているとうまく取り込めなかったりと、上手に取り込むにはコツが必要な上、カメラで写真を撮影するのと手順は同じなので枚数が多いとピントもなかなか合わなかったりすると結構時間がかかります。

そこで今回はどこででも持って行けるマルチ・スキャナ「CZUR LENS Pro」をご紹介致します。


オートなら瞬時にファイル化


今回するマルチ・スキャナ「CZUR LENS Pro」は1200画素のCCDでスキャン対象を最大300DPIでスキャンするスタンド型と呼ばれるスキャナで、この「CZUR LENS Pro」はシリーズ化されており、言うなればこの「CZUR LENS Pro」は集大成的な製品で1番の目玉はポータビリティー性で重さは500gを切っているのが特徴です。
このスタンド型のスキャナはいくら軽くても優にLEDスタンドと同じ様に1kg以上はあるのが一般的なのですが、思いっきりスリム化して軽くそして折り畳んだ時はスティック状にもなるので、バッグの片隅に入れて持ち歩いたりする事も余裕で出来ますし、専用のバックパック等も同時にリリースされています。

またスティック型スキャナ全般に言える事ですが、最近の製品は自動スキャナモードにしておく事で書類を置くと瞬時にスキャンしてjpegやpdfと言ったファイルにファイル化してくれますので、非常にスムージに短時間でたくさんの書類をスキャンする事ができます。

そしてスティック型のスキャナの中にはこの「CZUR LENS Pro」と同じ様に、たくさん並べた名刺を一気に撮影して個別にファイル化してくれる機能があったりするので、たくさんの名刺を取り込んで電子化するのも非常に簡単ですし、昔の写真をスキャンしてデジタル化すると言う作業もただ並べるだけで良い上に歪んで置いても角度も自動的に修正されて真っ直ぐな状態でスキャンしてくれますので写真の整理などにも便利なのです。

またOCRの機能もあるので、印刷された書類や紙であれば文字認識機能を使って編集可能なファイルで取り込んでくれますので、PCの中に目的のファイルが見つからなくても、現物の印刷物からファイルに変換する事ができますの便利です。


動画撮影やリモート会議にも便利


またこの「CZUR LENS Pro」は1200万画素のCCDで被写体を撮影しますので、もちろん動画を撮影する事もできます。
ですのでこの「CZUR LENS Pro」を使って料理動画、調理動画を撮影すると言った事も天井からカメラを吊さなくても出来ますし、リモート会議で紙の資料を共有すると言った場合もこの「CZUR LENS Pro」で撮影できますし、商品サンプルなどもPCの解像度の低いカメラで撮影するよりもこの「CZUR LENS Pro」で撮影し共有した方が鮮明な画像を送る事ができます。

また「CZUR LENS Pro」を折り畳む事でカメラはスタンドに設けられた穴から見えるので、折り畳んだ状態でPC内蔵のカメラの代わりに自分を映すカメラとしても利用する事もできます。


LEDスタンドにも


更にこの「CZUR LENS Pro」では撮影用のLED照明をLEDスタンドとして使うと言った使い方も出来る様になっていますので、普通のスタンド型スキャナでしたらあまり出番がないのでデスクの上に出しっぱなしにしていると邪魔なだけですが、この「CZUR LENS Pro」はLEDスタンドとして使える事で常に何かに使える様になっており、そう言う意味でもマルチなスキャナですので、もし興味を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://igg.me/at/lenspro/x/7929074#/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です