ホーム > タグ > QuickCharge

QuickCharge

QuickCharge対応の充電器があればiPhone8/8 Plus/Xが30分で50%急速充電可能なLightningケーブル「C-Force」

モデルチェンジがなされたiPhone8/8 Plus/Xがワイヤレス充電に対応した他にLightningケーブルでもとっても早く充電できる様になった事はご存じですか?
例えばiPhoneではワイヤレス充電の規格にQiと言う規格を採用しているのですが、このQiでも5V1A(5W)でしか充電できないものと、9V1.1A(10W)に対応したものもあり、みなさんが使われているiPhoneに付属の5V1A出力の充電器ではなくQuickChargeと言うクアルコムが作った規格に対応したUSB充電器やモバイルバッテリーと組み合わせる事で9V1.1Aでの充電が可能となりワイヤレスでも倍の速さで充電する事ができます。
一方、iPhone8/8 Plus/Xの特徴の1つとして”30分で50%充電可能”と言う事が書かれているのですが、実はこれはiPhoneに付属しているいつもの充電器ではなく、USB-Cと言う規格に対応した充電器が必要で、例えば新しい2016年以降にリリースされたMacBookやMacBook Proに付属している充電アダプタがこのUSB-C充電器になり、MacBookオーナーはこの充電器とMacBookとiPhoneを接続する”USB-C – Lightningケーブル”を新たに購入しなければ充電できません。
そしてまた、MacBookを持っておられない方はこの両方を新たに購入しなければならずかなりの出費になりますし、色々なデジタルガジェットを持ち歩いている様な方であれば更に荷物が増える事になります。

そこで、オススメなのが今回紹介するUSB-Lightningケーブル「C-Force」です。

全文を読む

エンジン始動もok!!AC100W出力コンセントを備えた容量22,000mAhモバイルバッテリー「Compower」

 MacBook Pro 2016(Later)が出荷されてまだ1ヶ月程度しか経過していませんので、まだまだMacBook Pro 2016(Later)やそれ以前に発売された12インチ MacBookに採用されているUSB-Cに対応した周辺機器もまだまだ少なく、どれが最新のMacBook Pro 2016(Later)で実際に使えるのかどうかと言う情報もメーカーも対応を大々的に謳っている製品も少なくネットでレビューされている記事を探すしかありませんが、それもなければまさに人柱状態で買ったのはいいけれど結果として使えなかったと言うレビュー記事もちらほらと見かけます。
 特にMacBook Pro 2016(Later)では13インチではUSB-PDに対応した最低でも61Wの電源出力がなければ最大限の充電パフォーマンスを出す事はできませんし、15インチに至っては87W出力の電源が必要になります。そして今現在分かっている事はUSB-C出力のある急速充電器やモバイルバッテリーであっても2Aの出力しかないものは充電する事はできても消費に供給が間に合わずバッテリーは充電しているのにバッテリーは徐々に減って行ってしまい、それがPhotoShop等を使って画像処理をする様なCPUもGPUもフルに使用する様な電力消費の多い処理を連続してやるとバッテリーはあっと言う間に減って行き最終的には使用しながらの充電は無理になります。

 ですから最新のMacBook Proを購入した人は急速充電器やモバイルバッテリーのスペックだけを見て買ってしまうとUSB-Cコネクタは付いているのにも関わらず実際にはMacBook Pro 2016(Later)の充電最低スペックすらクリアしておらず人柱になっただけ終わってしまいます。

 なら、どう言うモバイルバッテリーなら一番消費電力の大きい15インチ MacBook Pro 2016(Later)を最短時間で充電してくれるのか?その1つの解決策を備えたモバイルバッテリーがこの「Compower」です。

全文を読む

Home > タグ > QuickCharge

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。