ホーム > タグ > SIGFOX

SIGFOX

通信方式に今話題のSIGFOXを採用したGPS搭載マルチトラッカー「TrackALL」

数年前なら1km程度しか離れていない場所に置いた観測装置から観測データを受信しようと思うと一般的にはモバイルルーターの様なものを利用して携帯電話会社の公衆回線を利用してデータを収集するしか方法はありませんでしたが、今では低消費電力で長距離通信が可能な通信規格やユニットがたくさん出て来ており、昔に比べれば非常に手軽に離れた場所からのデータを受信する事が簡単にできる様になっています。
そして現在、最も利用範囲が広がっているのが”LoraWAN”です。この”LoraWAN”はお互いが最大10km離れた場所にあっても通信できますので、最近では気象データ等の観測から(徘徊するクセのある方の見守りの為の)GPSトラッカーとしてまで幅広く利用され、大手通信会社も興味を持って投資を行っていたりします。

一方今回紹介する「TrackALL」にも採用されているSIGFOXと言う通信方式は”LoraWAN”よりも遙かに長距離、最大50キロも電波が飛ぶ通信規格で、国内では京セラコミュニケーションシステム(KCCS)が国内でのネットワークの展開をしており、既に大都市部では利用可能で、今年中には全ての政令指定都市でも利用可能予定となっています。

全文を読む

LPWA通信ユニットを搭載したMicroPythonマイコンボード「FiPy」

 LPWA(Low Power Wide Area)と呼ばれる通信規格の事はご存じでしょうか?少なくともIoT(Internet of Things)は聞いた事があると思いますが、IoTはモノのインターネットと言われ例えば、自宅にあるテレビやBlueRayだけではなく電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機、照明、エアコン、インターホン、ありとあらゆるものをインターネットに接続すると言う技術です。ただインターネットに接続しようと思うと必ず通信ユニットが必要なのですが、そこで最近注目を集めている技術がLPWAです。
 このLPWAは例えば単3電池2本で10年以上も通信可能と言う省電力性能と長い通信距離を持っているのが特徴で既にサービスを開始している「SIGFOX」と「LoRa」と言う規格で言えば「SIGFOX」は100bpsと言う低速通信しかできませんが(例えば計測した気象データ(気温や湿度、気圧etc)を送信するのであれば十分です)、最大通信距離は何と50kmです。そして「LoRa」は3Kbpsと言う通信スピードで最大通信距離は15kmとこちらもWiFiやBluetoothとは比較にならないくらいの通信距離を誇っています。
 更にこららは920MHzと言う決められた周波数を使った独自の通信規格なので最大通信距離以上の通信を行う場合はリピーターと呼ばれる電波を中継する機器を設置する必要がありますが、最近docomoやSoftbank、auと言った大手通信会社が続々と参入を表明しているLTE通信網を使った「Cat.M1」や「NB-IoT(NB1)」は既存の通信会社の通信網を使用できますのでその距離の制約は受けません。

 そう言う次世代の通信規格を詰め込んだMicroPythonマイコンボードがこの「FiPy」です。

全文を読む

Home > タグ > SIGFOX

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。