16もの翻訳エンジンを駆使する事で105の言語を理解し翻訳するモバイル翻訳機「Travis Touch」

インバウンドで大勢の外国からの旅行者が来る様になったり、技能実習で海外から日本へ様々な仕事の技術を習得する為にやって来る外国人が増え、街中で声をかけられる機会が多くなりましたが、そう言う時に役立つのがスマートフォンです。

みなさんも相手の言っている事がわからずに、スマートフォンで翻訳ソフトを起動させてスマートフォンに話しかけてもらいそれを日本語に翻訳し、更に返答をキーボードや音声認識で入力して会話をすると言う事を試した時に、意外な程に”理解できる翻訳”をしてくれる事に驚きを覚えたのではないでしょうか?

これが10年前なら、マイクで話した内容を文字起こしするのも、それを翻訳するのもスマートフォンでは到底無理でしたが、今ではスマートフォンの性能も向上してはいますが、ネット回線のスピードアップとクラウドサーバーの性能アップ、そして機械学習の進歩なくしては今の流暢な自動翻訳は成り立ちません。

更にメーカーによって得意不得意な分野があり、それを知った上で16もの翻訳エンジンを駆使して105もの言語を理解し翻訳する事のできるモバイル翻訳機「Travis Touch」をご紹介致します。


“16もの翻訳エンジンを駆使する事で105の言語を理解し翻訳するモバイル翻訳機「Travis Touch」” の続きを読む

長さたった5cmのチタン合金よりも固いモノを開けるのにも使えるEDCボールペン「NanoPen」

”EDC”と言う言葉のついたツールがありますが、この”EDC”って何の略語なのかご存じですか?
”EDC”は”EveryDay Carry”の頭文字を取った略称で、毎日持ち歩くモノと言う事になり、毎日持ち歩いていた方がいいよと言う道具になるわけですが、いつもは持っていないのだけど、たまに必要でもっていればよかったのに…..だとか、持っていても使えない…..なんてモノはありませんか?

例えば文房具で外出先で使いたいのに持っていない文房具として挙げる事ができるのが”切る”ために使うハサミやカッターナイフでしょう。
その中でよくあるのがタグで、壊れたり破れたりした時に外出先で新しいモノを買った時にタグのワイヤーはなかなか手では切れませんし、引きちぎる事でせっかく買った新しいモノの生地を伸ばしたりと言う事も有り得ます。

その次が筆記具でしょう。ただ最近はスマートフォンやガラゲーがありますので何か書いてあるものを書き写す、メモを取ると言うのであればカメラで撮影すれば事済みますが、言葉で伝えられた伝言などをスマートフォンでメモる場合はボイスメモを立ち上げたり、メモ帳で自分で打ち込まないといけませんので、そう言う場合は手書きのメモがあった方が便利です。

そしてそれとは別に、何かに記入しなければならない場合、気を使って誰からか筆記具を借りるよりも、自分で持っているモノを使えた方が気を使わなくて済みます。

そう言う時に今回紹介するEDCボールペン「NanoPen」を持っていれば、とても役立ちます。


“長さたった5cmのチタン合金よりも固いモノを開けるのにも使えるEDCボールペン「NanoPen」” の続きを読む

自転車で夜間走行する時の危険性を減らす、360°どの方向からでも自らの存在をアピールする反射板「FLECTR 360 OMNI」

自転車で通勤や通学をされている方で、周囲が暗い時間に走っていて恐い思いをされた方、それは相手から見えていない可能性が高いですよ。
自分自身では前方はライトで点灯し、後ろにはフラッシュする赤色LEDのテールライトを取り付けていたとしても、そのライトの光が全く見えていない事だってあるのです。
その要因として挙げられるのは自分自身は結構明るいライトをつけていると思っていても、20m、30m離れた所から見ると小さな点にしか見えず更にそれが市街地だと街明かりに紛れて全く自転車のライトだと気付かない事はよくある事です。
またリアのフラッシュライトも、サドルの下に取り付けていたり数mしか光が届かないとするとこれも全く見えません。

そこで今回は360°どの方向からでも自らの存在を周囲にアピールする事のできるリフレクター「FLECTR 360 OMNI」をご紹介致します。

“自転車で夜間走行する時の危険性を減らす、360°どの方向からでも自らの存在をアピールする反射板「FLECTR 360 OMNI」” の続きを読む