iPhoneユーザーにオススメ!!BT5.0+グラフェン+AAC codec+UV監視機能までついたワイヤレスイヤホン「ONEvido」

有線のイヤホンは今でも家電量販店の店頭に行けば結構な種類のイヤホンを実際に耳に装着して聞き比べをする事ができますが、試聴用のワイヤレスイヤホンを置いているショップは本当にごくごく僅かでなかなか聞き比べをして購入すると言う事ができません。
ですからiPhoneユーザーは無難にAirPodsを選ぶ傾向にあったりするのですが、AirPods以上に音質の良いイヤホンはいくらでもあり、それを見分ける1つの基準がスペック(仕様)です。
さすがに周波数特性のグラフまで掲載しているイヤホンは少ないので、音質を想像するには再生周波数や使われているドライバー(スピーカー)から想像するしかありませんが、オーディオ技術に詳しくない方にとっては想像できるものでもありません。

そこで今回は「ONEvido」と言うiPhoneユーザーにオススメのBluetoothイヤホンを例にワイヤレスイヤホンの選び方を解説致します。


まずBluetoothイヤホンの選び方で重要な項目として”コーディック”と呼ばれるものがあります。これはサウンドの音質を決める重要なファクターの1つで、”SBC”と呼ばれるコーディックが最初に作られた規格で、その後にiPhoneで採用されている”AAC”、そしてAndoridスマートフォンで採用されている”apt-X”があり、apt-xは”apt-X LL”や更にハイレゾ音源の伝送にも対応している”apt-X HD”等のバージョンもあります。

そしてここでiPhoneユーザーが重要なのは”apt-X”ではなく”AAC”がコーディックとしてサポートされているかです。もしapt-Xは搭載していてもAACを搭載していない場合、SBCでの転送となりせっかっくの高音質な音源も音質は低下してしまいます。

その次はドライバーと呼ばれるスピーカーです。基本的にはドライバーは直径が大きいほど低音域の音を再生するのに優れており、直径が小さくなると高音域の再生に優れています。
ですから本来はドライバーを多数搭載した方が低音から高音域までムラなく再生できて良いのですが、イヤホンの特性上大きさの制約があり、そうも行きません。

そこで最近注目されているのがこの「ONEvido」でも採用されているグラフェンスピーカーです。
グラフェンと言う素材はダイヤモンドよりも硬い素材で炭素でできており、電気を通す事で伸縮する事からシート状にしたグラフェンシートをスピーカーのコーンとして使っているのですが、このグラフェンスピーカーの特徴は何と言っても均一化された再生周波数の広さです。

実際、この「ONEvido」でも20Hz〜2kHzの間でほぼフラットな再生特性を持っている事で、イコライザーで周波数補正すれば誰でもが最高の音質でサウンドを楽しむ事ができます。

そして次に重要な要素はBluetoothバージョンです。現在Bluetoothはバージョン5まで進化しており、バージョンが上がれば上がるほど音質、バッテリーの持ち、そして電波の安定性も良くなっており途中で電波が切れたりと言う事がなくなっています。

更にこの「ONEvido」にはハンズフリー通話用のマイクを利用してセーフモードと言って周囲の音を再生しているサウンドに合成して再生する事で、例えば車の走行音や自転車のベルの音などが聞こえる様にして危険を減らすモードがあったり、周囲の騒音を半分にまで低減する為の耳栓として使えたりします。

そしてこの「ONEvido」の充電ステーション兼イヤホンキャリーが少し変わっています。
何が変わっているのかと言いますと、最近特に気になる紫外線を計測し、その強度を数値で表す機能を持っている事です。
特に最近は紫外線アレルギー等を持った方もおられますので、常に持ち歩くキャリーケースにUVの強度を測る機能があれば実際には見えなくても数値化して示してくれますので予防にもなります。

なお「ONEvido」の連続再生時間は最大4時間でキャリーケースがフル充電の状態であれば3回フル充電でき最大16時間再生する事ができますので、詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1094205223/onevido-earbuds-with-safe-ambient-mode-and-uv-dete

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です