ホーム > タグ > ゲームボーイ

ゲームボーイ

世界最小!?キーチェーンサイズのArduinoZeroベースのポケットゲームマシン「PocketStar」

今回はGameBoyにインスパイアされたArduinoZeroベースの超小型ゲーム機「PocketStar」をご紹介致します。

この「PocketStar」はArduinoZeroやArduino M0等でも使われているARM Cortex-M0+(Atmel ATSAMD21G18A)の32bitCPUを使った言うなればArduinoボードで、フラッシュメモリ256 KBにSRAMを32KB搭載し、外部クロック48MHzで動作し、0.95インチ(96×64pixel)のOLEDディスプレイを搭載しています。

これとArduinoシリーズの中でも一番売れたArduinoUNO他に使われていたATMega328P(8bit,clock:16MHz,Flash:32kB,SRAM:2kB)と比べるとFlashメモリー空間が8倍に増えクロックスピードも3倍になった事で、Flashメモリーにたくさんのキャラクターをディスプレイに描く為のbitデータをメモリーしておける他、CPUスピードが上がった事で外部メモリ(SDカード等)からデータを読み込んでそれをディスプレイのメモリーに転送して表示すると言った作業も早くなり、昔なら1枚の32×32pixelの絵をSDカードカードから読み込んで表示させるのも、読み込んで表示させているのがしっかりと目視できるくらい遅かったのが、外部I/Oの性能は同じでもCPUの性能が上がった事で非常にスムーズに書き換える事ができる様になり、今回紹介する「PocketStar」の様にストレスなく遊べるゲーム機が作れる様になったのです。

全文を読む

”Raspberry Pi Zero”をメインCPUに使ったDIYで作るゲームボーイ「Gameboy Zero」

 今回紹介する「Gameboy Zero」は”Raspberry Pi Zero”をメインCPUに使ったDIYで1から基板に部品を半田つけして作り上げるゲームボーイ互換機で、ハンダ付けが大好き、ハンダ付けを自分でしなくてはならないけれども家に眠っているゲームボーイのゲームを再びプレイしてみたいと言う方向けの基板単品ないし基板と部品一式がセットになった製品です。
 と言ってもCPUは”Raspberry Pi Zero”を使っていますし、電源&充電モジュールも市販のLi-Po充電モジュールを使用しておりハンダ付け作業はそう多くはありませんが、通電表示用のLEDとそのLED用の電流制限抵抗はSOP品(チップ部品)を使っていますので多少ハンダ付けの慣れは必要ですが、それでもチャレンジしてみたいと言う方にとってはチャレンジのし甲斐のあるキットでしょう。

全文を読む

Arduinoで作るゲームボーイ「Arduboy」

小さい頃、あなたは白黒のカード型ゲームで遊んだことはありますか?ゲームボーイは知っていますか?ゲームウォッチと言うカード型ゲームもありましたが、ここまで知っているとかなりの年代ですが、そんな昔懐かしいゲームをたまにはプレイしてみたいと思いませんか?
世の中にはエミュレーターと言うものもあり、著作権フリーなゲームはPCでゲームソースやバイナリをダウンロードして来て遊ぶこともできますし、今回紹介する様な、ゲームボーイみたいなものを作って楽しんでいる方も多いでしょう。何せその時代のげームは今と比べれば使用メモリーも少なければCPUのスペックも低かったので、Arduino UNO等で使われているATmega32u4でも十分動いてしまうのです。ですのですでに世の中にはGAMEBUINOっていうArduinoベースのゲームボーイが既に存在しています。

この「Arduboy」もその1つになります。この「Arduboy」の特徴は何と言ってもクレカサイズの大きさにディスプレイと6個のボタンを配置したそのデザインでしょう。しかもゲーム機なのヒートアップしてボタンを強く押しすぎても大丈夫な様にメタルプレートとポリカボーネードの板で基板を挟み込んでいます。これならポケットに入れておいても折れませんよね!?

全文を読む

Home > タグ > ゲームボーイ

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。