フォーカスまでも自動化する事で様々な映像表現が可能なフルオート電動雲台「Rhino Arc II」

最近の電動雲台は昔の様にモーターでビデオカメラやスチールカメラの向きを一定のスピードで変える事ができると言うだけでなく、スマートフォンを使いリモートで制御できたり、パン・チルトと上下左右方向でスピードを変化させながら動かしたり、スライダーを使ってカメラの視点を移動させながら撮影したりと、本当に複雑な撮影を行う事ができます。

ただ唯一それら最近の電動雲台やスマートフォンを使ったリモートコントロールで出来ないのがフォーカス、つまりピントです。
今のカメラはオートフォーカスですのでピント合わせをする必要がないと言えばないのですが、実際のところそのフォーカスを画角の中でどこを基準にするかはカメラに搭載されたプログラムで、いくらフォーカスポイントを設定しておいても実際にピントを合わせるのはカメラ任せです。

そこを今回紹介する「Rhino Arc II」は手動で設定する事ができますので、更に多彩な映像表現を行う事が可能です。


“フォーカスまでも自動化する事で様々な映像表現が可能なフルオート電動雲台「Rhino Arc II」” の続きを読む

ストレスを解消する以外にもPC作業を快適にする機能が満載されたフィジェットダイス「Masta Box」

昨年大流行したハンドスピナーも何だったのか?と言うくらい一気にそのブームも萎んでしまい、ゲームセンターのUFOキャッチャーにも殆ど入っている事が少なくなり、バラエティーショップでも見かける事が少なくなってしまい、みなさんの机の引き出しの奥にも探せば何個か出て来るのではないでしょうか?

このハンドスピナーを始めとするフィジェット・トイはストレス解消・集中力アップと言う効果があると言う事で爆発的に売れたわけなのですが、引き出しの奥にしまわれてしまっては何の約にも立ちませんし、イライラがつのるばかりです。

そこで、そのフィジェットトイに実用性を持たせる事で、机の奥に仕舞い込まれない用にし、ちょっとイラッとした時にふと手に取ってカチャカチャと動かして落ち着きを取り戻す事のできる実用派のフィジェット・トイ「Masta Box」を今回はご紹介致します。


“ストレスを解消する以外にもPC作業を快適にする機能が満載されたフィジェットダイス「Masta Box」” の続きを読む

直感的にFPSをプレイするのに最適なアナログジョイスティックを搭載し傾斜するゲーミングマウス「LEXIP」

今PCでプレイするゲームとなるとマイクラ(マインクラフト)かFPS(First Person shooter:ファーストパーソンシューター)と言うネットに接続してプレイするシューティングゲームが流行です。そしてFPSをプレイするのに欠かせないコントローラーと言えばゲームコントローラーではなくキーボードとマウスで、このキーボードとマウスもワイヤレスではなくケーブルでPCと接続されるキーボードとマウスです。
と言いますのもFPSはオンラインでモニターの向こう側にいる人々と戦っていますので、コンマ何秒で勝負が決まりますので、遅延のあるワイヤレスではシームレスにゲームが反応しないので遅延のないケーブル接続のキーボードやマウスが必須なわけですが、その中でもゲームミングキーボード、ゲーミングマウスと言ってFPSをプレイするのに最適な様にチューニングされたキーボードやマウスがあり、今回紹介します「LEXIP」もそんなゲーミングマウスの中の1つなのですが、この「LEXIP」には今までのゲーミングマウスの常識を払拭する便利な機能・性能が満載です。


“直感的にFPSをプレイするのに最適なアナログジョイスティックを搭載し傾斜するゲーミングマウス「LEXIP」” の続きを読む

手放しで使えるVRゲーム用コントローラー「VRGO」

”Apple Store”や”Google Play”で”VR”(バーチャルリアリティ・仮想現実)と入れて検索をかけると数多くのVRゲームやVR体験アプリが出て来ますのでVRマウントアダプタさえあれば手軽にVR体験やVR対応ゲームをプレイする事ができます。
それくらいVRが特別なハードがなくてもスマートフォンさえあればいつでもどこでもできる時代になりました。ただスマートフォンをディスプレイにする場合はスマートフォンはアダプタに装着したままになり画面をタッチして操作する事はできませんので、スマートフォンに内蔵のセンサーを利用して操作するしかありません。例えばヘッドマウントをつけたまま頭を動かすと景色が同期して変わります。見ている景色の方角は変わりますが、その仮想現実の中を移動しとう思うと何かしら操作用のコントローラーがないと、その仮想現実の中を移動したりする事もできません。
そんな時に使われるのがゲームコントローラーですが、ヘッドママウントをつけたままコントローラーを操作しようと思うと、ボタンの数が多い多機能なコントローラーほボタンが見えず誤操作してしまいます。そう見ていない様で実はコントローラーへ視線は度々落としてボタンの位置は確認しているのです。できればコントローラーもジェスチャー等で操作できるコントローラーであれば指先でボタンを探す必要もありませんから、誤操作も防げますよね。

この「VRGO」はそんなジェスチャー、モーションでコントロールできるゲーム用コントーラ-なのです。決してダルマや風呂の椅子、タマゴ型の椅子などではありません。見た目はそう見えるかもしれませんが、ちゃんとしたコントローラーなのです。


“手放しで使えるVRゲーム用コントローラー「VRGO」” の続きを読む

マインクラフトPEで使えるジョイスティック「Screen Stick」

iPadやiPhoneでジョイスティックが使えたら便利だと思いませんか?フライトゲームでも微妙なスロットル操作や機体のコントロール、マイクラでも敵にに追いかけられた時に逃げるのに、ついつい地形が邪魔してうまく逃げられずリスボーンになったりT_T

そんな時にジョイスティックが装備されたコントローラがあったら微妙な操作や迅速な方向転換ができると思った事はありませんか?

この「Screen Stick」はそんな微妙な操作や迅速な操作ができる、タブレットやスマホに貼り付けて使うジョイスティックです。吸盤で画面に貼り付けるので、タブレットやスマホの大きさは問いません。画面上のジョイスティックアイコンの上に位置合わせして貼り付けるだけで微妙な操作が可能になるのです。

“マインクラフトPEで使えるジョイスティック「Screen Stick」” の続きを読む