Appleのモバイル製品を全部1度に充電してしまう事のできる10,000mAhモバイルバッテリー「AirAlly」

Apple製品をこよなく愛する人は、デザインや使い勝手もさることながら、その統一性の良さにも魅力を感じ愛用しています。
例えばiPhoneとAppleWatch、Macとそれぞれ同じApple IDを使用していれば、iPhoneに届いた通知はAppleWatchやMacのデスクトップに通知されますし、同じネットワークに接続していればiPhoneにかかって来た電話をMacで受けて通話する事だって可能ですし、もちろんAppleWatchでも同様の事が可能になっています。

ただ全部揃えると日々の充電も結構大変です。
iPhone、AirPods、AppleWatch、iPad、これら全てを常に持ち歩いていて充電するとなるとその分のLightningケーブル、磁気充電ケーブル、iPad ProならUSB-Cケーブル、それにプラスして一度に全て充電するとなると4つ出力端子のあるモバイルバッテリーが必要となります。

そこで今回はApple製品をこよなく愛する方に、とっておきのモバイルバッテリー「AirAlly」をご紹介致します。

“Appleのモバイル製品を全部1度に充電してしまう事のできる10,000mAhモバイルバッテリー「AirAlly」” の続きを読む

Appleユーザー必見!!MacBook, iPhone, AppkeWatch, AirPods全てを充電可能なマルチUSBハブ「TOOYN」

この春にQiワイヤレス充電機能を搭載したケースと共に新しくリリースされたAirPods 2は私達Appleユーザーが待ちに待っていたApple純正誘導充電マット”AirPower”のリリースを連想させるに十分な出来事だったのですが、AirPowerは残念ながら開発が中止されました。
その理由としてはAppleが求める”高い品質基準”を十分満たす様な性能を出せないからです。
”AirPower”の魅力はパッドの上のどこiPhone、AppleWatch、AirPodsを置いても充電できる事です。そしておそらくAppleは最大出力で充電できる性能を追い求めたのでしょう。
ただ最大出力で充電する場合は、デバイスに内蔵された受電用コイルと、AirPowerに内蔵されたコイルとが垂直方向に同じ位置にある事が必須です。
その為にワイヤレス充電器には多数の送電用コイルを内蔵するか、コイルを可動式にして位置合わせできる様にするのが一般的なのですが、どちらもAppleの求めるスペックを出せなかったのでしょう。

ただ今回紹介する「TOOYN」はコイルの位置は変化しませんので急速充電させる為には送受電のコイルの位置関係を覚えておいてそこに乗せなければなりませんが、iPhone、AppleWatch、AirPodsのうち2台を同時に充電できる性能を持ったマルチハブです。
“Appleユーザー必見!!MacBook, iPhone, AppkeWatch, AirPods全てを充電可能なマルチUSBハブ「TOOYN」” の続きを読む

今までなら絶対に取れなかった汚れも、浸けておくだけで汚れが取れるウルトラソニッククリーナー「OmiSonic」

最近は衣類のシミ取り機としていくつもの大手家電メーカーから超音波を利用した製品がいくつも出ていますが、超音波クリーナーの利点は衣類で言えば生地を傷めない事です。
特にシルクやウール素材などのデリケートな素材に対して洗剤を使用したり、強く擦ったりする事で生地を傷めてしまうのですが、超音波クリーナーは洗剤も不要な上に擦らなくても汚れが落ちると言うメリットがあります。

そんな超音波クリーナーが汚れを落とす原理は、ドリンクの中に入った炭酸ガスが水面に出て来ると弾けて飛沫が上がり、その上に手をかざすと風圧を感じるのと同じで、水中で超音波を発生させる事で水に含まれた空気が超音波振動によって集まり大きな気泡となります。
そしてその気泡は水中を移動して生地に当たる事で弾け、その弾ける時の力で繊維に絡みついた汚れを弾き飛ばしますので、超音波クリーナーを使えば洗剤も使わず、擦らず簡単に汚れを取り去る事ができるのです。

そして今回紹介する超音波クリーナー「OmiSonic」は充電式で最大120分も連続使用可能で最大2.2kgもの洗濯物を洗う事ができるのです。
“今までなら絶対に取れなかった汚れも、浸けておくだけで汚れが取れるウルトラソニッククリーナー「OmiSonic」” の続きを読む

600mAhのバッテリーを内蔵し連続使用時間を3倍に延ばすAppleWatch用バンドケース「Batfree」

AppleWatchは新機種がリリースされる度にバッテリーの持ちが格段に良くなり、昨年末にリリースされた Series4では頻繁に通知が来たり、アプリを使わない限り、普通の腕時計と同じ様に使っている分には日中に充電する必要はありませんし、通知の設定も必要最低限にしておけば余裕で2日は充電せずともバッテリーが持つ様になりました。
ですが、iPhoneの通知をAppleWatchで全て表示させていたり、頻繁にアプリを使う様な方はバッテリーの持ちが良くなったSeries4と言えども丸1日持つかな?と言う方もおられるでしょう。

そこで今回はSeries2以降のAppleWatchの連続使用時間を3倍に延ばす事が可能なAppleWatch用バンドケース「Batfree」をご紹介致します。


“600mAhのバッテリーを内蔵し連続使用時間を3倍に延ばすAppleWatch用バンドケース「Batfree」” の続きを読む

iPhone, AirPods, AppleWatch全てをお使いの貴方に!!3つを同時に充電し、デスク回りをスッキリさせる「GAZE TRAY」

iPhone、AirPods、AppleWatchをスッキリと充電する事ができるApple純正のワイヤレス充電器AirPowerは最近は段々とAppleの公式サイトからもフェードアウトしかけており、リリースさせる様な気配を全く見せていませんが、いつまでもAirPowerを待っているわけにはいきません。
何故ならデスク回りを見渡すとたくさんの充電ケーブルや充電器が散乱しているからです。
特に充電ケーブルやApplwWatchの磁気充電器はある特定の決まった場所に置いておくと言う事ができませんので、デスクの上にウネウネとヘビがとぐろを巻く様に丸めて置いておくしかありません。

それをスッキリと1本のケーブルだけでスッキリと充電できる様にするはずだったAirPowerは未だに登場する気配すらなく、もう待ていられないと言う方にiPhone、AppleWatch,AirPodsの3つを同時にワイヤレス充電可能な充電トレイ「GAZE TRAY」を今回はご紹介致します。


“iPhone, AirPods, AppleWatch全てをお使いの貴方に!!3つを同時に充電し、デスク回りをスッキリさせる「GAZE TRAY」” の続きを読む

AirPowerのリリースが先延ばしになった今、iPhone,AppleWatch,AirPodsの同時充電が可能なのはこの「MagDock」

先月、iPhone Xs/ Xs Max/ XR、そしてAppleWatch Series 4の発表が行われiPhone XR以外は既に販売が開始されました。
一方、ずっと期待されつつ消えそうになっているのがAirPowerです。ワイヤレス充電に対応したiPhone, AppleWatch, AirPodsを同時にワイヤレス充電できるこの充電器はAppleユーザーが大いにその発売を期待した製品でしたが、その存在にすら触れられずにリリース時期もひっそりと未定に……

となると充電環境は今までと変化する事はなく、今後もそれぞれワイヤレス充電パットに置いたり、磁気充電ケーブルを使ったり、充電ケーブルを差し込んだりしなければいけません。

ですがガッカリしないで下さい!!今回紹介します「MagDock」ならAirPower同様にiPhone,AppleWatch,AirPods同時充電ができるのです!!


“AirPowerのリリースが先延ばしになった今、iPhone,AppleWatch,AirPodsの同時充電が可能なのはこの「MagDock」” の続きを読む

古いiPhoneをQiワイヤレス充電にしても困らないワイヤレス充電化セット「Bingo Case」

新しいiPhoneがリリースされる度に、今使っているiPhoneには特に不満はないけれど、でもワイヤレス充電は便利そうだから、それだけはやってみたいよねと言う方は増えています。
実際にQiワイヤレス充電パット(送電器)やiPhoneに取り付ける受電用のコイル、受電用パット等も昔に比べてたらとても安くなり3千円も出せば余裕でワイヤレス充電化する事ができます。

ただこの時に1つだけ困った事が出て来ます。その不具合を解消しとても使い易く仕上げられたiPhone用ワイヤレス充電化セット「Bingo Case」を今回はご紹介致します。


“古いiPhoneをQiワイヤレス充電にしても困らないワイヤレス充電化セット「Bingo Case」” の続きを読む

Appleユーザーに捧げる!!オールインワン・ワイヤレス充電ステーション「Wyrex」 

昔からApple製品を愛する人は信者の様に言われApple製品をずっと使い続けますが、最近のApple製品はよりシンプル化の方向に向かっており、MacBookやiMacのインタフェースはUSB-C(Thunderbolt)1本に統一される傾向にあるだけでなく、iPhoneも最新のiPhone 8/ 8 Plus/ Xに搭載されたインタフェースはLightning端子しかありません。

しかもその最新のiPhone 8/ 8 Plus/ XはQiワイヤレス充電に対応し、日々行う充電はケーブルレスでできる様になっている上にAirPodsもQiワイヤレス充電対応がアナウンスされていますし、みなさんが使っているAppleWatchは最初から独自のワイヤレス充電を採用しており、日々使うモバイルデバイスはケーブルレすで充電できる環境が整いつつあります。

そこで、今回は日々使うモバイルデバイスをたった1つの充電ステーションで充電可能な「Wyrex」をご紹介致します。


“Appleユーザーに捧げる!!オールインワン・ワイヤレス充電ステーション「Wyrex」 ” の続きを読む

ウィ〜ンとアームが自動で閉じてiPhoneをキャッチするQi充電対応車載ホルダー「ROBOQI」

最近は車に高価なカーナビゲーションシステムを搭載せずに、スマートフォンやタブレット向けに用意されていますカーナビゲーションアプリを使われる方が増えています。
と言いますのも、カーナビゲーションシステム、通称カーナビは地図の書換が有料なものが殆どな上に、新しい道路が開通したり、ショップがオープンしたとしても殆どのものがリアルタイムには反映されず、半年から1年弱のタイムラグが生じるのが普通です。
ところがスマートフォンのアプリ版のカーナビアプリはと言いますと、道路は若干のタイムラグはあれば1ヶ月とかからず地図に反映されますし、ショップも検索で出て来なければ、ブラウザでショップの住所が検索できれば、その住所をコピー&ペーストして簡単に目的地をセットする事が可能です。

と言う諸事情からスマートフォンでナビゲーションをさせる方が増えているのですが、案内を見ながら運転する為にはどこか運転席から見える位置にスマートフォンを固定させなければいけませんし、その固定する道具を”車載ホルダー”と呼んでいるのですが、今回はその車載ホルダーにQiワイヤレス充電機能までついた「ROBOQI」をご紹介致します。

“ウィ〜ンとアームが自動で閉じてiPhoneをキャッチするQi充電対応車載ホルダー「ROBOQI」” の続きを読む

充電と言う用途だけでなく、Qiに”光らせる”と言う要素を持たせたQiワイヤレス充電システム「UMO」

iPhone 8/8 Plus/ Xのリリースと同時にこれら最新のiPhoneはQiワイヤレス充電と言う、今までの様に充電の度にLightningコネクタを差し込まなくても充電器に乗せるだけで充電可能なシステムを採用したおかげで、置くだけで充電できると言う利便性を手に入れる事ができました。

ただスマートフォンを充電していない時、このQiワイヤレス充電器はデスクの上を占領するただの置物で、デスクの上を掃除をしたり、ちょっと狭いデスクではマウスを動かす度に当たったりとほんの少し邪魔な一面もあります。

そんなスマートフォンを充電してない間はデスク照明とし利用する事ができるQiワイヤレス充電システム「UMO」を今回はご紹介致します。

“充電と言う用途だけでなく、Qiに”光らせる”と言う要素を持たせたQiワイヤレス充電システム「UMO」” の続きを読む