水の中に衣類と一緒に入れておくだけで洗濯ができてしまう、洗剤も不要な不思議な洗濯機「WASHWOW 3.0」

みなさんは洗剤不要で水だけで洗濯ができるって洗濯機があるって知ってますか?
まさか洗剤を使わずに汚れが落ちわけがない、と考えるのが普通なのですが、衣類の入った状態の水を電気分解する事で汚れが本当に取れてしまうのです。
その理由は電気分解によって生じる物質が関係しています。

その電気分解を利用する事で衣類を洗濯してしまう画期的な洗濯機「WASHWOW 3.0」を今回はご紹介致します。
“水の中に衣類と一緒に入れておくだけで洗濯ができてしまう、洗剤も不要な不思議な洗濯機「WASHWOW 3.0」” の続きを読む

たった60秒でバクテリアをほぼ100%除去。食中毒が気になる季節にピッタリなウォーターボトル「Luma Bottle」

これから暑くなって来るとTwitterのタイムラインによく、”ペットボトルで食中毒になったかも!?”と言った様なツイートを見かける事が出て来たりするのですが、これは冗談ではなく本当の話なのです。
と言いますのも空気中には様々な菌やウィルスが浮遊しており、それを人間は当然の様に呼吸する事で体内に取り入れ、その雑菌は口の中で増殖します。
ですから直接口をつけたペットボトルの中には少なからずこの口の中で繁殖した雑菌が入り込んでしまいますし、ペットボトルのキャップを外した時点で空気に触れていますので、空気中を浮遊する雑菌もボトルの中に少なからず入ってしまいます。

そして高温多湿と言う条件が整うと菌は爆発的に繁殖し、その雑菌が繁殖したペットボトルに入ったドリンクを飲用すると食中毒にかかってしまう可能性が高くなります。
またそれはみなさんが使っている水筒でも同じで、直接口につけて飲むタイプの水筒はペットボトルと同じ事が起こります。

そこで今回は、そう言う雑菌の繁殖を抑えると言うよりも根絶やしにするウォーターボトル「Luma Bottle」をご紹介致します。
“たった60秒でバクテリアをほぼ100%除去。食中毒が気になる季節にピッタリなウォーターボトル「Luma Bottle」” の続きを読む

濡れて湿った靴をたった15分で乾かすだけでなく、殺菌消臭まで行うシューズデオライザー「Freshoe」

みなさんのご家庭ではご主人や思春期の息子さんの足や靴の臭いで倒れそうになると言う事ってありませんか?
最近は寒くなって来ましたので夏場ほどは臭わないにしても、夏場などは玄関を開けた瞬間に臭いで誰が帰って来たのかが臭いで分かると言うご家庭もある様です。

この臭いの原因は細菌で、この細菌は足や靴から発生するのではなく、空気中を漂っている細菌が靴の中と言う高温多湿な場所に入り込みそこで繁殖しますし、靴を除菌・消臭しなければ靴の中に残っている為にいくら新しい靴下を履いたとしても、寒い冬でもやはり臭いの元となる細菌は靴に付着していますので、体温と足から発汗される汗とで繁殖して帰宅時には相当臭います。

ですから、その元となる細菌を靴から除去しなければ臭い続ける事となりますので、今回はその靴の中に潜む細菌を元から殺菌し除去するシューズデオライザー「Freshoe」をご紹介致します。


“濡れて湿った靴をたった15分で乾かすだけでなく、殺菌消臭まで行うシューズデオライザー「Freshoe」” の続きを読む

LEDの力で殺菌と歯茎の活性化まで行う次世代の超音波電動歯ブラシ「Bristl」

みなさんは歯医者さんには定期的に通われていますか?
と言いますのも口の中は意識的にチェックしないと見る事はできませんし、歯の表面は口を開ければ見えますが、歯茎は合わせ鏡でも使い指で頬をしっかりと広げて見てみないと、今どうなっているのかわかりませんし、最近歯茎が浸みるなぁ~と思っていたらいつの間にか歯周病にかかったり、歯茎が後退していて慌てて歯医者さんへ駆け込む様な事になります。

ですので歯医者さんでは定期的に歯垢の除去と歯のケアに通院する事を勧めているのですが、なかなかそこまで意識の高い方は少なく気が付いて歯医者さんに駆け込んだ時は、歯茎だけは歯医者さんでもすぐには何ともできません。
とりあえず歯石や歯垢を除去し、後は歯の中を常に清潔に保つ事を心がけ、歯医者さんによっては歯茎を優しくブラッシングして血流を促進する事で後退した歯茎の戻りが良くなると言う方もおられますが、とりあえず歯周病にかかると元に戻すのが大変です。

そこで歯茎のケアには有効であるとされる超音波歯ブラシ(歯周ポケットに毛先を入れてブラッシングする事で効率的に歯垢をかき出す事ができます)にLEDのパワーをプラスした最強とも言える超音波電動歯ブラシ「Bristl」をご紹介致します。


“LEDの力で殺菌と歯茎の活性化まで行う次世代の超音波電動歯ブラシ「Bristl」” の続きを読む

O157が気になるこの季節、紫外線を定期的に照射して殺菌してしまう保温ボトル「QUARTZ Bottle」

みなさんは水道の水を直接飲んだり、飲み残したペットボトル飲料を飲んでしまってお腹を壊してしまったって事はありませんか?
日本は他の国と比べて水資源が豊富ですし、水道設備もしっかりしていますので、水を飲んでお腹を壊すと言った様な事はまずありませんが、中にはボトルに入ったミネラルウォーターの水であるにも関わらず生のまま飲んだらお腹を壊してしまったと言う様な事は多々あり、特に衛生面でインフラ設備がきちんと整っていない様な国や地域に旅行された事がある様な方の中には経験された事がある方もおられると思います。
ただ日本でも夏場は比較的に”モノが腐りやすい”とイメージがありますのでペットボトルに飲み残した飲料や、朝持って出た水筒に入れた水やお茶を帰宅してから飲もうと言う様な方はいませんが、寒くなってくるとその腐る….菌が繁殖すると言うイメージが湧かないせいか平気で飲んでしまう方がおられます。
特に口を直接つけて飲んだ水筒やペットボトルは口の中の菌がボトルの中に逆流入して入ってしまい冬場でもしっかりと菌は培養されてしまう為に冬も夏同様に扱わなければ本当はいけません。ですがついつい忘れてしまって……と言う方に定期的にボトルとボトルの中を紫外線殺菌してくれる保温ボトル「QUARTZ Bottle」を今回は紹介致します。


“O157が気になるこの季節、紫外線を定期的に照射して殺菌してしまう保温ボトル「QUARTZ Bottle」” の続きを読む

紫外線を使ってトイレを常に清潔に保つ事ができる自動殺菌ユニット「IllumiBowl」

 トイレって使っていても使っていなくても赤や黒い汚れがついていたりしませんか?これって実はカビなのですが、特によく目立つ赤カビは”メチロバクテリウム”と言う空気中に普通に存在する細菌が、水分が残っている場所で繁殖し、その繁殖過程でピンク色の色素を出す為にピンク色の汚れが発生するのですが、普通のカビが繁殖して色が目立つ様になるのに1週間程度はかかるのに、この赤と言うかピンク色のカビは4〜5日、早ければ3〜4日でカビが放出したピンク色の色素が認識できるくらいにまで増殖しますので、小まめに定期的に掃除していても出て来るのです。
 そしてこの赤カビ(ピンク色のカビ)は健康な人であればそれほど害のあるカビでもなく、しかもアルコールスプレーでサッと一拭きすれば簡単に綺麗に拭き取れてしまいますので、そう気にする事もないのですが、気になる方は気になりますし、それ以上に便座の内側や便鉢の中でカビや細菌やバクテリアが繁殖していないか、とても気になる方もおられるかと思います。

 そう言うトイレに繁殖するカビやウィルスに対して非常に敏感な方の強い味方がこの自動殺菌ユニット「IllumiBowl」です。


“紫外線を使ってトイレを常に清潔に保つ事ができる自動殺菌ユニット「IllumiBowl」” の続きを読む

4~5回洗わなくても嫌な臭いがしたり雑菌が繁殖しない家計に優しいバスタオル「Temkhô」

 バスタオルの洗濯頻度が会話に登った時に、毎日必ず洗うと言う方から1週間は洗わないと言う方まで様々おられ、毎日バスタオルを洗う人から見れば1週間洗わないと言う人は非常に不衛生に思われます。
 ですが毎日バスタオルを洗わない人にとっては綺麗に身体を洗った直後の身体を拭いたタオルが洗濯しなければならない程汚れる事はないと言う明確な理由があるのですが、確かに綺麗に洗った身体を拭いたバスタオルが過度に汚れるとは思えませんが、水を吸ったバスタオルはそのまま湿った状態で空気中に放置しておくと空気中の雑菌を吸着しそこで雑菌が繁殖してしまい悪臭を放ったり、雑菌を繁殖してしまったりしますので、実はそのまま放置するのは不衛生であると言うのが正解なのです。ただ夏場で気温が高く空気が乾燥していて、濡れたバスタオルが直ぐに乾燥して乾いてしまう様な場合ではこの様な心配はしなくても良いので、季節や住んでいる地域の気候によっても左右されます。
 ですが、タオルが速乾性であれば雑菌が繁殖する環境が直ぐに消滅してしまう為に雑菌が繁殖し辛いと言うのは事実であり、そう言うバスタオルであれば洗濯せずに何日か連続して使用しても大丈夫と言う事になり、そんな雑菌の繁殖する環境を作り辛くする工夫をしたバスタオルがこの「Temkhô」です。


“4~5回洗わなくても嫌な臭いがしたり雑菌が繁殖しない家計に優しいバスタオル「Temkhô」” の続きを読む

トレーニング後の汗臭い汚れ物を完全密閉して徹底的に殺菌消臭するドラムバッグ「PAQSULE」

 トレーニングが終わった後のウェアやシューズが入ったバッグの中を開けて、自分の汗が染みこんだものであるにも関わらず、その臭いにむせてしまったって経験はありませんか?
 自分の汗で臭うのですから、満員電車やバスの中で自分の側に立っている方はさぞかしそれ以上の臭いを我慢しているはずです。何故なら腋臭(わきが)でもそうですが、自分では気付いていなくて他人に指摘されて初めて臭う事に気付いたと言う事は他の体臭も含めてあります。
 ですがビニールで厳重に密閉したとしても臭いは外に漏れてしまうのは経験上周知の事実だと思いますが、それは気体はビニールに溶け込む事ができビニールに溶け込んだ臭いを含む気体(ガス)がビニールを通過して外に漏れてしまうからです。
 では長年悩まされている汗の臭いはどうしようもないのか?と言うとそうでもありません、このドラムバッグ「PAQSULE」なら中に入れた汗がタップリ染みこんで強烈に臭うウェアや靴から出る臭いは一切外に出る事はありません。

洗っても落ちない靴の嫌なニオイの元になる雑菌を紫外線で殺菌する「UV Pro Shoe Sanitizer」

某長寿アニメに出て来るお父さんの靴ではありませんがあなたの靴は臭いませんか?まだこの春!?は気温も高くないのでそう臭わないかもしれませんが、これが汗をかいたり靴の中がジメっとしたりする梅雨時期になると雑菌が繁殖すると共に臭いも増してきます。
スニーカー等ならまだ洗えますが革靴や洗えない靴になるとどうしようもありません。臭いを取ろうと天日干ししてもつま先の方までは靴の形状によっては太陽光が差し込みませんから紫外線殺菌する事ができません。

その他にも皮手袋や革製のカバンと言ったものも洗えませんから雑菌やカビと言ったものが発する臭いを取るのは大変です。そう言う雑菌やカビを紫外線で死滅させて臭いの元を断ち切ってしまおうと言うのがこの「UV Pro Shoe Sanitizer」です。


“洗っても落ちない靴の嫌なニオイの元になる雑菌を紫外線で殺菌する「UV Pro Shoe Sanitizer」” の続きを読む

トイレより汚いスマホやタブレット用紫外線殺菌BOX「PhoneSoap XL」

スマートフォンやタブレットのディスプレイってトイレの便器の18倍も病原菌が付着しているってご存じですか?確かにスマートフォンを1日中触っている人でスマホのディスプレイを触る時に1回1回スクリーンをアルコールシートで拭いたりする人はいませんよね。例えば電車やバスの中でメッセージをチェックしようと手すりを掴んだ手でディスプレイを触ったり、食事中に触ったり、友人にスマホの画面を見せるのに貸して友人が触ったり、トイレの中まで持って入る方もおられますよね。そんな時って手は洗ってもスマホのディスプレイまでは綺麗には吹き上げませんよね。下手したらポテチを掴んだ手を服で拭ってそのままディスプレイをタッチして操作なんて事も普通にあります。

そんな雑菌の温床であるスマホやタブレットのディスプレイ、接触感染や飛沫感染する細菌を媒介してしまうかもしれません(インフルエンザウィルス等)。そんなディスプレイを介しの感染を防ぎつつ常にスマホを清潔に保ってくれるのがこの「PhoneSoap XL」です。

“トイレより汚いスマホやタブレット用紫外線殺菌BOX「PhoneSoap XL」” の続きを読む