海外旅行中でも庭の監視と水やりが可能なスマートスプリンクラー「GardenSpace」

あなたには庭に植えている草花の事が心配で長期旅行には出かけられない…..って言う事ってありませんか?
これから寒い季節は土が乾いてカラカラになると言う事も少ないので、2,3日程度であればちょっと近場に旅行に出かけても大丈夫ですが、夏場はたった2,3日だけでも後で後悔する程大事に育てていた草花が干からびていたってことがありますので、夏場はなかなか長期旅行に出かける事なんてできません。
これがペットであれば連れて行ったり、ペットホテルに預けたりと言う事ができますが、草花はそう言う事ができません。

ですがこの「GardenSpace」を庭に設置すればもう、世界中どこにいたって庭の状況を時間の空いた時に見てそして水やりをする事ができますので、これからは長期旅行へ出かけても安心です。


“海外旅行中でも庭の監視と水やりが可能なスマートスプリンクラー「GardenSpace」” の続きを読む

土中の水分量をリアルタイムでチェックし適切な量の水分だけをやる自動給水器「GROVIO」

 世の中には便利なガジェットを考える人がたくさんいるもので、花が大好きでたくさん家の中で花を咲かせている人にとって便利なガジェットとして”自動水やり器”なんてものがあります。これは自動で鉢植えの花に給水するガジェットで、電動で決まった時間になったらタイマーで一定水量の水を鉢に給水するものから、100円均一ショップ等でも売っているペットボトルの先端に取り付けてペットボトルに水を入れて鉢植えに差し込んでおけば自動的に給水し続けてくれるものまで様々なものがあり、長期旅行の際や日常的にそう言った便利な”自動水やりガジェット”を既に愛用されている方もおられると思いますが、それら”自動水やり器”を使っていて花を枯らせたって事はありませんか?きっとそれは水をやり過ぎて”根腐れ”させてしまったからです。

 つまり自動で給水してくれるから便利だわと思っても、それに見合った水をよく吸う花に使えば便利なガジェットのままなのですが、あまりたくさん水をあげなくても良い花に同じ”自動水やり器”を使うとかえって逆高価になって枯らせてしまうと言う事になるのです。
 ですが、この自動水やり器「GROVIO」はセンサーを駆使して適切な量の水分しか給水しませんので設定さえ間違えなければ花を枯らす事は100%ありません。


“土中の水分量をリアルタイムでチェックし適切な量の水分だけをやる自動給水器「GROVIO」” の続きを読む

長期旅行でも自動で鉢植えに水やりをしてくれる電池のタイマー式水やり器「Rigavit」

 鉢植えの水やりが気になり特に夏場は長期旅行には出かけられないって方はおられませんか?
 そう言う時に活躍するのが電気を使ったタイマー式の水やり器や100円均一ショップでも販売されているペットボトルの先に水やり用の専用のノズルをつけて少しずつ水を供給するアダプターなど、植物への水やりに関しては様々な水やりグッズが世の中にはたくさんあります。
 ですが電気を使ったタイマー式のものは庭と言った拾い面積をスプリンクラーを使って水やりする事を前提とした製品が多く鉢植えには使えませんし、かと言ってペットボトルの先に取り付けるアダプターは、ペットボトルの水がいっぱいに入っている時はたくさんの量が出て、ペットボトルの水が減ってくれば出る水の量も減って行き、更に水はずっと出続けていますから、土が常に湿った環境にあると根腐れしてしまう様な植物には使えませんし、何と言っても夏場の直射日光の当たったペットボトルの中の水はお湯の様になってしまいますので、その水を植物にやってしまったら枯れてしまうのは必須です。

 そう言う水やり器のデメリットを把握しつつ最適なシステムを考えたのがこの「Rigavit」です。

“長期旅行でも自動で鉢植えに水やりをしてくれる電池のタイマー式水やり器「Rigavit」” の続きを読む

長期間留守にしても安心な電気も使わない自動水やり装置「GIY Stick」

今年の夏は地域にもよりますが、全く雨が降らない地域も多く、せっかく育てた植物が熱風で立ち枯れしていたり、土がカラカラに乾いてしまっていて帰った来た時には花が枯れていたと言う方も多かったのではないでしょうか?そう言う時に昔の様に気楽に水やりを頼めるご近所さんがおられればいいのですが、最近ではそうもいきません。
その代わりに自動で水やりをする自動給水器みたいなガジェットはたくさんありますが、そう言うものを買い揃えるにはそれなりの投資が必要ですし設備の設置も手間がかかりますから、100円均一ショップ等で売っているペットボトルに水を入れて蓋にセットして土に差し込む水やりアダプターみたいなものをみなさんよく買われるのですが、あれって実は水の供給量がペットボトルに満杯の状態と1/3くらいまで減った時とでは全く違うってご存じでしたか?あのアダプターと言うのはアダプターの先に細い穴が空いているかと思いますが、ペットボトルに満杯水が入っている時は水の重みで穴から出て来る水の量は多いのですが、たんだん水が少なくなって軽くなると水はチョロチョロとしか出なくなります。ですから水の供給量にムラがあり、特に水を大量に必要とする植物は最初はいいのですが、ペットボトルの中の水が少なくなって来ると水の供給量が少なくなって水をやっているにも関わらず水不足で枯れてしまうと言う事がよくあります。それに直射日光が当たってペットボトル内の温度が上がると中の空気も膨張して圧力が強くなって更に良く水が出ます。

そう言う水の出方のムラをなくして一定の量を常に供給する事ができる簡易水やり装置がこの「GIY Stick」です。


“長期間留守にしても安心な電気も使わない自動水やり装置「GIY Stick」” の続きを読む

ダイレクトに土に水やりをする無駄のないガーデニンググッズ「Garden Thorn」

夏場の水やりって難しいと思った事はありませんか?まだ早朝の水やりは気温も低い(と言ってもいきなり30度もある日もありますが)く水道から出す水もまだ冷えているのでいいのですが、夕方の水やりっていきなりホースから水を出すとホースの中や配管の中に残っていた水がお湯の様になっていてそんな水をやってしまうと草花を枯らしてしまいますし、気温のがまだまだ高いのに水をやってしまうと地面に熱せられていて撒いた水が温められて蒸気となって上がってしまうとこれも草花を傷めてしまうので地面が冷えるくらい水をやらないといけませんので、夏の水やりは冬場に比べて水も良く使います。

ですがその夏場にやる水の大半は熱で熱せられて蒸発してしまい土中に染みるのはほんの僅かなので勿体ないですよね。だったら直接土の中に水をやればいいのではないのか?と言うコンセプトな商品がこの「Garden Thorn」です。

“ダイレクトに土に水やりをする無駄のないガーデニンググッズ「Garden Thorn」” の続きを読む

太陽電池搭載で自動で土壌の状態をチェックして水やりしてくれる「Edyn」

土壌の状態をチェックして自動で水やりをしてくれる、システムがKickstarterに登場した。

センサーは気温、湿度、土の水分量、日光の照射量をチェックし、それをリアルタイムでWiFi経由でEdynCloudと言うクラウドサーバーに送って
土壌状態を常にスマホでチェックできる。また太陽電池を搭載しているので、給電する必要がないのも便利だ

そして給水バルブ。これも太陽電池を搭載しており、給電不要。EdynCloudに接続して、Cloudからの指示で給水を行う。
またデータベースにあらゆる植物のデータが蓄積されており、植えている植物を指定する事によって適切な給水ができると言うシステムだ。

“太陽電池搭載で自動で土壌の状態をチェックして水やりしてくれる「Edyn」” の続きを読む