厚さ2mmと極薄で、スマホに貼り付けても全く邪魔にならないスタンドとしてハンドグリップとしても使える「Ezl」

スマートフォンを手持ちで長時間持ち続けて動画を見たりするのは結構手や腕が疲労しますので、そう言う時に便利なのがスタンドです。
このスマートフォン用のスタンドも、スマートフォンを立てかける、本体とは分離しているスタンドと、スマートフォンに後から貼り付けるタイプのスタンド、そしてスマートフォンケースそのものがスタンドとして機能したりするものがあります。

この中でも後からスマートフォンに貼り付けるタイプのスタンドは、貼り付けていますので忘れると言う事がないと言うメリットがありますし、スマートフォンケースを取り付けるのが嫌だと言う方はそのままスマートフォンに直貼りすれば良く、スマートフォンケースを使っている方もケースを交換せずにそのまま貼り付けて使い続けられると言うメリットがあります。

ただ問題は、後付の貼り付けタイプのスタンドは貼り付けると厚みでQiワイヤレス充電できなくなってしまったり、テーブルの上にスマートフォンを平らに置いた状態で操作する時に画面をタップすると、スタンドの厚みによる段差でガタガタと動いてしまう事がある事です。

そこで今回は、厚さ2mmと言う極薄の貼り付け型スマートフォンスタンド「Ezl」をご紹介致します。

“厚さ2mmと極薄で、スマホに貼り付けても全く邪魔にならないスタンドとしてハンドグリップとしても使える「Ezl」” の続きを読む

走行中、滑走中、滑空中の空気抵抗を最小限に抑え首へのダメージを低減するヘルメット用カメラ「Cambox V4 Pro」

アクションカメラの先駆者そして1番の老舗であるGoProシリーズは今でもバージョンアップを続け様々なバリエーションを取りそろえていますが、1番の難点は価格です。
一方サードパーティー製の似た様なスペックのアクションカメラは画質は大丈夫かな?と疑問を持ちたくなる様な低価格で、中国のショッピングサイトで購入すると、正規のGoProとカタログ上で同等のスペックを持ったアクションカメラが1/10の価格で手に入れる事が可能です。

それもあっては最近ではライダーの方や、スカイダイビングをされる方、スキーやスノーボードをされる方がヘルメットにGoProか、その類似アクションカメラを装着して撮影しておられるのを見かける事があるのですが、あのGoProの形状っていくら掌にスッポリと入る大きさとはいえ、時速100kmで走っているバイクのライダーのヘルメットに取り付けるとアクションカメラが受ける風圧は何キロになります。
つまりアクションカメラを取り付けたライダーは、普通でさえ重いヘルメットの上に走行中に後ろ向きに押す風圧をモロに受け続けてしまいますので、頭や首を支える筋肉の負担はいつも以上になるのは間違いありませんし、下手をすると首の筋肉を傷めてしまう方も出て来ます。

そこで今回はそう言う風圧から来る影響も考え、ヘルメットに取り付けても影響ゼロにする事ができるヘルメット用カメラ「Cambox V4 Pro」をご紹介致します。
“走行中、滑走中、滑空中の空気抵抗を最小限に抑え首へのダメージを低減するヘルメット用カメラ「Cambox V4 Pro」” の続きを読む

厚さ3mm重さ65gと、つけている事を全く感じさせない貼り付け式ノートPC用スタンド「MOFT」

世の中にはノートPCを載せ斜めにして、モニター側を持ち上げるノートPC用のスタンドがありますが、これって何の為だけご存じですか?
わざわざキーボードを斜めにして傾斜をつけた事で手首がより反った様になりキーボードが打ちづらくなるのが分かっているのに何故、この様なスタンドがたくさん売られているのでしょうか?

その1つにはノートPC用キーボードやトラックパットは使わずに別途持っているキーボードやマウスを使うと言う方がいるからです。その為にキーボードを斜めにする事でノートPCがテーブルの上を占拠する面積の割合が減り手前に空間ができますので、そこにキーボードを置いたり自由にマウスを動かす事ができる様になります。

そしてもう1つは身体です。特にノートPCは姿勢的に首や肩に過大な負担をかけますので身体にとっても良くないのですが、画面の位置を少しでも上げる事でかなり楽になるのです。

そこで、少しでも楽にノートPCでの作業ができる様に今回はノートPCに直接貼り付けるノートPCスタンド「MOFT」をご紹介致します。


“厚さ3mm重さ65gと、つけている事を全く感じさせない貼り付け式ノートPC用スタンド「MOFT」” の続きを読む

テーブルに穴を開けなくても埋め込めるフラット型Qiワイヤレスチャージャー「Funxim Pro」

ようやくiPhoneもワイヤレス充電が標準装備となりケーブルを差す必要がなくなったにも関わらず、そのワイヤレス充電器はデーンとテーブルの上で幅を効かせていますし、ケーブル充電だった時代はケーブルさえテーブルの上に置いておかなければテーブルの上には何もなくスッキリとしていたのに、ワイヤレス充電にした事でその充電機がテーブルの上の一角を占領する様になりました。

そのお陰でテーブルの掃除がし辛かったり、テーブルが狭くなったり使い辛くなったりして困っておられる方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなテーブルの上に乗っているワイヤレス充電器がとても邪魔な方へ、以前の様にスッキリとテーブルの上をフラットにする事ができるQiワイヤレスチャージャー「Funxim Pro」をご紹介致します。


“テーブルに穴を開けなくても埋め込めるフラット型Qiワイヤレスチャージャー「Funxim Pro」” の続きを読む