AirPods、AppleWatch、iPhoneを同時に充電可能なLEDデスクスタンド「ToQi Base」

一昨年にAirPowerと共に発表されたワイヤレス充電対応のAirPodsは、ようやく1年半に月日を得てこの3月にようやくH1チップと共にバージョンアップされてリリースました。
ただ新しいAirPodsはワイヤレス充電の他に従来のLightningコネクタで充電するケース(ケースもワイヤレスイヤホン共々バージョンアップされています)もリリースされており、価格も5,000円も低く設定されている事から、ワイヤレスイヤホンの性能が同じ分、どちらにするか悩まれている方もおられるのではないでしょうか?

そこで今回はiPhoneの3種の神器とまでは言いませんが、iPhone、AppleWatch、ワイヤレス充電AirPods、Lightningコネクタ充電AirPodsを同時に充電できるLEDデスクスタンド「ToQi Base」をご紹介致します。
“AirPods、AppleWatch、iPhoneを同時に充電可能なLEDデスクスタンド「ToQi Base」” の続きを読む

充電しながら使えるのがポイントなiPhone、AppleWatch、AirPodsを同時充電できるワイヤレス充電台「iComboStand」

iPhoneをQiワイヤレス充電している時に充電台やiPhoneが異常に熱くなる事ってありませんか?
これはワイヤレス充電そのものに電力損失が多く、効率良く充電できたとしても70%しか送電できず、残り30%は熱となって無駄に消費されます。
そしてQiワイヤレス充電台の送電用のコイルの位置とiPhoneに内蔵された受電用のコイルの位置がズレると更に伝送効率が悪くなり、送られなかった電力は熱に変換されて消費されますので、Qiワイヤレス充電台に置く位置が悪いと充電台もiPhoneも異常に発熱します。

そして発熱すると電気を無駄に消費するだけでなく充電台も熱で電子部品が劣化しますし、iPhoneに使われているリチウムイオンバッテリーは一般的には充電中にバッテリーの表面温度が45℃を超えたあたりから劣化が始まり、長時間その状態に曝す事で劣化は進みます。
ですからiPhoneを触って熱いと感じると言う事は体温以上に発熱しており、お風呂のお湯よりも熱いと感じるならiPhoneの表面温度は40℃を超えており、バッテリーは更に熱く発熱していますので、iPhoneを触って熱いと感じるならすぐに充電を止めるべきです。

ではどうすれば発熱が抑えられるのかと言うとQiワイヤレス充電台の中に埋め込まれたコイルと、iPhoneの受電用のコイル(Appleロゴの位置に埋め込まれています)をピッタリと合わせる事です。

ですが今回紹介するワイヤレス充電台「iComboStand」はiPhone、AppleWatch、そしてAirPods専用の充電台として設計されていますので、安心してベストな状態で充電する事が可能です。

“充電しながら使えるのがポイントなiPhone、AppleWatch、AirPodsを同時充電できるワイヤレス充電台「iComboStand」” の続きを読む

AirPowerより魅力的!!iPhoneXS2台とAppleWatchが同時充電可能なワイヤレス充電パット「SliceCharge Pro」

もう2年も待たされているApple純正のワイヤレス充電パットAirPowerもようやく発売されるかな?どうかな?と微妙な所ではありますが、リーク情報をつぶさにチェックしていると出て来そうな気配はプンプンとしています。
ただAirPowerがリリースされない間にサーとパーティーからはAirPowerと同じジャンルの製品は多数リリースされて、既に何を選んだらベストなの?と言う状態に。

ただどのワイヤレス充電パットもiPhone+AirPods+AppleWatchと言う組み合わせの充電パットばかりで、iPhone2台の同時充電と言う選択肢がありません。
そこで今回はiPhoneを2台同時充電しながらAppleWatchを充電可能なワイヤレス充電パット「SliceCharge Pro」をご紹介致します。


“AirPowerより魅力的!!iPhoneXS2台とAppleWatchが同時充電可能なワイヤレス充電パット「SliceCharge Pro」” の続きを読む

AirPodsの連続再生時間を24時間にまで増やすだけでなく、紛失防止にもなる「Air.Wear」

みなさんはAirPodsのバッテリーって最近持ちが悪くなって来たりしていませんか?
AirPodsにはリチウムポリマー電池と言う、iPhone等に入っているのと同じ充電式のバッテリーが入っており、それは使用すればする程、iPhone同様に劣化して行き、連続で使える時間は少なくなって行きます。
そしてこの気温の低い冬場はどうしてもバッテリーの化学反応が悪くなり、充電はされているのにバッテリー電圧が下がり、蓄えられたバッテリーを使い切った様な状態になってしまい稼働時間を短くさせてしまいます。

ただそれもバッテリーが新しければその症状もそんなに顕著に出て来ないのですが、バッテリーが劣化して行けば行くほどやはり顕著に出て来てしまい、AirPodsが発売されたと同時に買われた方は、そろそろケースから取り出して直後なのにバッテリー切れを起こしたりしてはいませんでしょうか?

そしてそうなると、AirPodsはバッテリーの交換ができませんので、買換と言う事になります。

そんな長年愛用して来たAirPodsのバッテリー寿命を延ばすだけでなく、24時間フルに連続再生できる能力を与え、またAirPodsの紛失を防ぐ「Air.Wear」を今回はご紹介致します。


“AirPodsの連続再生時間を24時間にまで増やすだけでなく、紛失防止にもなる「Air.Wear」” の続きを読む

AirPodsケースが見つからない!!そんな事がよくある方にあらゆる面で使い勝手を向上させてくれる「AirPodPal」

昨年はワイヤレス充電に対応したAirPodsと、ワイヤレス充電器AirPowerがいつ出るのか出るのかと待ちわび、待ちくたびれてAirPodsを買ってしまった方も多かったのではないでしょうか?

その為にAirPodsをQiワイヤレス充電に対応するアダプタが数多く発売されていますが、そのどれもがAirPodsのコンパクトさを損なわない様な設計になっており、パッと見るとAirPodsにそんなアダプタがついているのか全く見分けがつかないのですが、AirPodsそのものが小さすぎるのでAirPodsが入るポケットがバッグの中にないとバックの中で見失い、バックの中身を半分くらい出した所でようやくAirPodsのケースが見つかると言う事も少なくありません。
ただこの寒い時期は上着を着るので上着のポケットに入れておけば、そう見つけ辛いと言う事はないのですが、薄着になる夏場はパンツのポケットに入れる訳にもいかず結果的にバッグの中となりそう言う事が起こります。

そこで今回は全く違った発想でAirPodsを見つけ易くした「AirPodPal」をご紹介致します。


“AirPodsケースが見つからない!!そんな事がよくある方にあらゆる面で使い勝手を向上させてくれる「AirPodPal」” の続きを読む

iPhone, AirPods, AppleWatch全てをお使いの貴方に!!3つを同時に充電し、デスク回りをスッキリさせる「GAZE TRAY」

iPhone、AirPods、AppleWatchをスッキリと充電する事ができるApple純正のワイヤレス充電器AirPowerは最近は段々とAppleの公式サイトからもフェードアウトしかけており、リリースさせる様な気配を全く見せていませんが、いつまでもAirPowerを待っているわけにはいきません。
何故ならデスク回りを見渡すとたくさんの充電ケーブルや充電器が散乱しているからです。
特に充電ケーブルやApplwWatchの磁気充電器はある特定の決まった場所に置いておくと言う事ができませんので、デスクの上にウネウネとヘビがとぐろを巻く様に丸めて置いておくしかありません。

それをスッキリと1本のケーブルだけでスッキリと充電できる様にするはずだったAirPowerは未だに登場する気配すらなく、もう待ていられないと言う方にiPhone、AppleWatch,AirPodsの3つを同時にワイヤレス充電可能な充電トレイ「GAZE TRAY」を今回はご紹介致します。


“iPhone, AirPods, AppleWatch全てをお使いの貴方に!!3つを同時に充電し、デスク回りをスッキリさせる「GAZE TRAY」” の続きを読む

外出先でAppleWatchとAirPodsを同時に充電可能なモバイルバッテリー「EIRTOUCH」

AppleWatch Series3やSeries4ではセルラー回線での通信が可能になった為に、AppleWatchの使える場面がとても増えました。
その一番の恩恵がiPhoneなしでの通話やAppleMusicでの音楽鑑賞です。
Series2までのAppleWatchやWiFiモデルのSeries3やSeries4では従来通りiPhoneが側にあるか、WiFiで通信できる範囲内でしかiPhoneにかかって来た電話を受けたり、音楽を聴いたりと言う事ができませんでしたが、セルラー回線に対応した事でジョギングに出る際に走る際に”オモリ”となり邪魔なiPhoneを持って出なくても、ジョギング中に電話に出たり、音楽を楽しむ事ができる様になりました。

ただAppleWatchで音楽を聴くとなりとOSのアップデートと共に普通に使っていればSeries4では約2日は持っていたバッテリーの持ちも常に通信する事で悪くなり、アッと言う間にバッテリーが減ってしまいます。

そこで必要となるのが充電ですが、移動しながら磁気充電ケーブルで充電するのって確かに磁力でAppleWatchにひっついているのでチャージロスはありませんが、あのケーブルを持ち歩くのがうっとうしいですよね。

そこで今回はAppleWatchだけでなくAirPods+αも同時に充電可能なモバイルバッテリー「EIRTOUCH」をご紹介致します。


“外出先でAppleWatchとAirPodsを同時に充電可能なモバイルバッテリー「EIRTOUCH」” の続きを読む

AirPowerのリリースが先延ばしになった今、iPhone,AppleWatch,AirPodsの同時充電が可能なのはこの「MagDock」

先月、iPhone Xs/ Xs Max/ XR、そしてAppleWatch Series 4の発表が行われiPhone XR以外は既に販売が開始されました。
一方、ずっと期待されつつ消えそうになっているのがAirPowerです。ワイヤレス充電に対応したiPhone, AppleWatch, AirPodsを同時にワイヤレス充電できるこの充電器はAppleユーザーが大いにその発売を期待した製品でしたが、その存在にすら触れられずにリリース時期もひっそりと未定に……

となると充電環境は今までと変化する事はなく、今後もそれぞれワイヤレス充電パットに置いたり、磁気充電ケーブルを使ったり、充電ケーブルを差し込んだりしなければいけません。

ですがガッカリしないで下さい!!今回紹介します「MagDock」ならAirPower同様にiPhone,AppleWatch,AirPods同時充電ができるのです!!


“AirPowerのリリースが先延ばしになった今、iPhone,AppleWatch,AirPodsの同時充電が可能なのはこの「MagDock」” の続きを読む

Appleユーザーに捧げる!!オールインワン・ワイヤレス充電ステーション「Wyrex」 

昔からApple製品を愛する人は信者の様に言われApple製品をずっと使い続けますが、最近のApple製品はよりシンプル化の方向に向かっており、MacBookやiMacのインタフェースはUSB-C(Thunderbolt)1本に統一される傾向にあるだけでなく、iPhoneも最新のiPhone 8/ 8 Plus/ Xに搭載されたインタフェースはLightning端子しかありません。

しかもその最新のiPhone 8/ 8 Plus/ XはQiワイヤレス充電に対応し、日々行う充電はケーブルレスでできる様になっている上にAirPodsもQiワイヤレス充電対応がアナウンスされていますし、みなさんが使っているAppleWatchは最初から独自のワイヤレス充電を採用しており、日々使うモバイルデバイスはケーブルレすで充電できる環境が整いつつあります。

そこで、今回は日々使うモバイルデバイスをたった1つの充電ステーションで充電可能な「Wyrex」をご紹介致します。


“Appleユーザーに捧げる!!オールインワン・ワイヤレス充電ステーション「Wyrex」 ” の続きを読む

エ!?AirPower??iPhone,AirPods,AppleWatchの同時充電が可能なワイヤレス充電ステーション「SliceCharge」

昨年末にiPhone 8/ 8 Plus/ Xと共に発表されたワイヤレス充電ステーションAirPowerですが、リリースされると言われつつまだ発売には至っていません。
少し前に突然発売開始になった新型MacBook Proの様に急にリリースされるかもしれませんが、およその価格以外の詳細は未だに分かっていません。

ですがAppleWatchに続きiPhoneもワイヤレス充電が可能になり、BluetoothイヤホンのAirPodsもQiワイヤレス充電に対応したアダプターが何種類かサードパーティーからリリースされ、これらデバイスをワイヤレス充電できるAirPowerのリリースを渇望されている方はたくさんおられます。

そこで今回はAirPowerにも引けを取らない超極薄のワイヤレス充電ステーション「SliceCharge」をご紹介致します。


“エ!?AirPower??iPhone,AirPods,AppleWatchの同時充電が可能なワイヤレス充電ステーション「SliceCharge」” の続きを読む