ホーム > タグ > VRヘッドマウントディスプレイ

VRヘッドマウントディスプレイ

近眼でも老眼でも左右視力差があってメガネ不要で見る事ができ!!iPhone Xと同じAMOLEDディスプレイ搭載のVRヘッドマウントディスプレイ「Cinego」

一昔前であれば珍しかったVRディスプレイも、スマートフォンを使って簡易的に3D表示可能なVRディスプレイアダプタ(ダンボールで作られたカードボード等)がバラエティーショップ等でも扱われる様になりかなり身近な存在になりましたが、VRディスプレイをかけても3Dには見えずに像が二重に見えたりボヤけたりする方は、左右の視力の差が広がって来ているのかもしれませんよ!!
最近では”スマホ老眼”なんて言葉が認知されて来ている様にスマートフォンを見続ける事で視力が悪くなって来ている方が増えているのですが、それも片方の眼だけが極端に視力が落ちてしまい、もう片方はそのままの視力を保っている為になかなか気付かないと言う方も多いのです。と言いますのも人間は利き目で周囲の風景を認識し、もう片方の眼は距離感の補正を行っているだけで、見えない眼、つまり視力の悪い方の眼では見ていないので意識的に片方の眼を閉じて見ない限りは気付かないのですが、3Dや4D対応の映画を観に行ったりVRディスプレを頭に装着して映像を見ると何故だか映像が左右でズレたりボヤけたりしている事から初めて左右の視力差を認識します。
ただそうだからと言って3D映画や4D映画はメガネやコンタクトレンズの度数を正しいものにして上から専用のメガネを装着すればしっかりと立体に観る事ができるのですが、VRディスプレイだけはメガネをかけた状態では装着できませんし、かと言ってVRディスプレイを装着する為だけにコンタクトに変えますか?と言われても嫌な方もおられるでしょう。

そう言う方にオススメなのが今回紹介するVRヘッドマウントディスプレイ「Cinego」です。

全文を読む

VRヘッドマウントディスプレイに風と言う新たなVR要素を加える「ZephVR」

VRヘッドマウントディスプレイでプレイするのに慣れて来るとちょっと物足りなく感じる事ってありませんか?
確かにVRヘッドマウントディスプレイでは頭を向けた方向にリニアにディスプレイに投影される映像を移動させてくれますので、あたかも実際にその場にいて自分の目でその場の風景を見ているかの様な錯覚を覚えさせてくれる素晴らしいデバイスなのですが、実際のところ目で見て音を感じる以外の実体験の様なものはなく、映画館の4Dシートの様な肌で感じる感触と言うものが何もありませんので、VRに慣れて親しんでしまった方などはきっとVRヘッドマウントディスプレイに物足りなさを感じているはずです。

そんな物足りなさを感じている方に”風”と言う要素を加えるのがこの「ZephVR」です。

全文を読む

左右210°、上下100°で視界を全てカバーするVRヘッドマウントディスプレイ「eyeForce」

VRヘッドマウントディスプレイを実際に装着して違和感を覚えた事ってありませんか?最初は物珍しさから立体に見える映像を見て喜んでいても次第に映像に慣れて来て客観的に見ると、目の前の丸い穴(レンズ)の中の映像を見ている事に気付きます。そして頭ではなくて眼だけをキョロキョロと動かすと、丸い穴の回りには真っ暗な空間が広がっており、客観的に俯瞰的に見れば見るほどVR気分が減って行くのがわかります。
やはりVR(バーチャルリアリティ)ですからその世界に入り込んでこそリアリティが増すと言うもので、それが現実と非現実の境界線が見えているとなると興ざめしてしまいます。

ですがこの「eyeForce」は違います、視界全部をカバーする事で真のVR(バーチャルリアリティ)を体験する事ができます。

全文を読む

Home > タグ > VRヘッドマウントディスプレイ

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。