ちょっとすごくない!!0°〜45°まで5°刻みで角度をつけて切る事のできるカッター「Perfect Cut」

よくホームセンターや文具店などに行くと様々な用途のカッターを目にします。
中にはこれどうやって使うの?と思う様な製品も見受けられ見ているだけで楽しかったりするのですが、そんなカッターの中に45°の角度をつけて切る事のできるものがります。
このカッターは額装(額縁)の様なものや、切断面の見えない角の箱等を作る時に使うカッターで、厚みのある素材に45°の角度をつけてカットした後、カット面を合わせる事で素材同士を90°の角度ピッタリで合わせる事ができますので、四角い箱を正確に作ろうと思うとこう言う専用の道具があった方が素人は失敗しません。
ただ何故か需要がないのか45°以外の角度をつけて切る事のできるカッターはなく、今回はそんは45°までなら5°刻みで角度をつけてカットできるカッター「Perfect Cut」をご紹介致します。


“ちょっとすごくない!!0°〜45°まで5°刻みで角度をつけて切る事のできるカッター「Perfect Cut」” の続きを読む

長さたった5cmのチタン合金よりも固いモノを開けるのにも使えるEDCボールペン「NanoPen」

”EDC”と言う言葉のついたツールがありますが、この”EDC”って何の略語なのかご存じですか?
”EDC”は”EveryDay Carry”の頭文字を取った略称で、毎日持ち歩くモノと言う事になり、毎日持ち歩いていた方がいいよと言う道具になるわけですが、いつもは持っていないのだけど、たまに必要でもっていればよかったのに…..だとか、持っていても使えない…..なんてモノはありませんか?

例えば文房具で外出先で使いたいのに持っていない文房具として挙げる事ができるのが”切る”ために使うハサミやカッターナイフでしょう。
その中でよくあるのがタグで、壊れたり破れたりした時に外出先で新しいモノを買った時にタグのワイヤーはなかなか手では切れませんし、引きちぎる事でせっかく買った新しいモノの生地を伸ばしたりと言う事も有り得ます。

その次が筆記具でしょう。ただ最近はスマートフォンやガラゲーがありますので何か書いてあるものを書き写す、メモを取ると言うのであればカメラで撮影すれば事済みますが、言葉で伝えられた伝言などをスマートフォンでメモる場合はボイスメモを立ち上げたり、メモ帳で自分で打ち込まないといけませんので、そう言う場合は手書きのメモがあった方が便利です。

そしてそれとは別に、何かに記入しなければならない場合、気を使って誰からか筆記具を借りるよりも、自分で持っているモノを使えた方が気を使わなくて済みます。

そう言う時に今回紹介するEDCボールペン「NanoPen」を持っていれば、とても役立ちます。


“長さたった5cmのチタン合金よりも固いモノを開けるのにも使えるEDCボールペン「NanoPen」” の続きを読む

丸めた状態で保管してある包装紙を定規も使わず綺麗に真っ直ぐ一瞬でカットする包装紙カッター「Ezee Cut」

最近は自分が気に入ったモノを気の合う仲間や友人に勧める”プチギフト”なるものが流行っています。
これは食材だったり調味料だったり、ちょっとしたグッズだったり、相手が気を使わない値段で、これいいから試してみて!!なんてものをプレゼントする事を”プチギフト”と呼んでいます。
その”プチギフト”、パッケージのまま差し上げるのではなく、リボンをかけたり、ちょっとオシャレな紙袋に入れたり、包装紙をかけたりすると見栄えがしていかにもギフトっぽくなるのですが、その包装紙って意外とカットし辛くありませんか?

包装紙って丸まった棒状のものを買われる事が多いと思いますが、その丸まった包装紙を机の上に広げてカットするにはまず、机の上からモノを一掃しなければ広げる事はできませんし、広げて包装紙が丸まらない様に端に”重り”を置いてカットするにもカッターを使うと机にキズがいきます。
だからと言ってハサミを使うと先にカット線を描いておかないとズレますし、何かの拍子に”重り”が外れ包装紙がクルクルとまるまって戻ったのに驚いてハサミが歪んで入ってしまっい切断面が歪んでしまって1枚台無しにしたと言う経験をみなさんも1度や2度はお持ちでしょう。

そこで今回はそんなまるまった包装紙を不器用な人でも瞬時に真っ直ぐにカットできてしまう包装紙カッター「Ezee Cut」をご紹介致します。


“丸めた状態で保管してある包装紙を定規も使わず綺麗に真っ直ぐ一瞬でカットする包装紙カッター「Ezee Cut」” の続きを読む