瞬時に動作モードを切り替えられるモード変更ダイヤルが便利な、スマホ&デジタル一眼レフ用ジンバル「Swift M1 and P1」

昔のスマートフォンには手振れ補正などと言う機能がなかったのでジンバルorスタビライザーがとても重宝しましたが、今のカメラ重視の高性能なスマートフォンには殆ど手振れ補正機能が内蔵されていますので、手持ちでスマートフォンを使って動画を撮影しても画面のブレが気になると言う事は殆どありません。

ですが長時間スマートフォンを両手でホールドして持っていると流石に腕が疲れて来て画面が上下したり、ズームする時も片手で持ち、もう片方の手の指でピンチアウトしますので画面がブレたりスムーズに一定スピードでズームできなかったりと操作上で不便な点はいくつもあります。

ですがそう言う点、ジンバルならジョイスティックを倒すだけで一定スピードでカメラの方向を変える事ができますし、ズームイン・ズームアウトもレバーを倒すだけでできたりとスムーズに撮影し続けると言う点においてはジンバルは本当に便利です。

ただ、そのジンバルの動作を決めているのはスマートフォンであり、デジタル一眼レフ用のジンバルではその動作モードの変換すらワンタッチでは出来ない所があってとても大変ですし、スマートフォンで動作モードを変更するにしても、撮影中にメニューを出して変更するも、変更する事に意識を持って行かれ、被写体を追いかけるのが疎かになったりして失敗する事もよくあります、

そこで今回は、そう言う撮影モードの変更がスムーズにできるジンバル「Swift M1 とSwift  P1」をご紹介致します。

“瞬時に動作モードを切り替えられるモード変更ダイヤルが便利な、スマホ&デジタル一眼レフ用ジンバル「Swift M1 and P1」” の続きを読む

安定した平置きもok!!スマートフォンやタブレットに貼り付ける厚さ5mmの伸縮式スタンド「MOFT X」

iPadのケースは発売当初から横置きの時だけですがスタンドにもなる様に設計されていましたが、最近はスマートフォン向けのケースでもスタンドを出せば自立する様になるものがあったり、後から貼り付けられるものが出て来たりと様々なものが登場しています。

その中で使い易い、使い勝手が良いスタンドとなるとどう言ったタイプのものが挙げられるかと言いますと、まず縦置き横置きとどちらの向きにもする事ができるもの、そしてテーブルの上等に平置きした状態で画面をタッチして操作した時にガタガタと動かず安定した状態で置く事ができるものです。

もちろん縦置き、横置きした状態で画面をタッチして操作した時に安定している方が良いに超した事はありませんが、スタンドを使う様な時は画面をじっくりと見ると言う方が多く画面をタッチすると言う操作は少なくなるので、とりあえず安定して立っていれば良いでしょう。

そう言う条件を全て満たすスマートフォンやタブレットのスタンドとなると数は非常に少なく、今回はその中でもオススメな「MOFT X」をご紹介致します。

“安定した平置きもok!!スマートフォンやタブレットに貼り付ける厚さ5mmの伸縮式スタンド「MOFT X」” の続きを読む

ノートPCからスマートフォン、タブレットまで幅広く使える貼って剥がせる折り畳みスタンド「Tesmo」

最近カフェで、ノートPCを開いて仕事をしている中で、ノートPC用のスタンドにノートPCを立てかけて仕事されている方を見かける事がちらほらと出て来ましたが、このちょっとした角度が身体へ負担を劇的に軽減するって事はみなさんご存じですか?

と言いますのも、人間の頭の重さと言うのはおよそ体重の10%と言われています。つまり体重50kgの方であれば頭の重さは5kgとなり、前方を直視していれば首にかかる負担はそのまま5kgのままなのですが、ちょと下目になって15°程度の角度がつくと負担は2倍に、30°だと3倍、45°で約4倍、60°だと約5倍にまで増えるのです。

つまりテーブルの上に置いたPCは上から覗き込む様な格好になりますので首の角度はおよそ45°〜60°のあたりとなり体重50kgの方であれば20kg〜25kgもの負担が首に筋肉にかかっており、小学校低学年の子どもさんをずっと肩車している状態とほぼ変わらない事になるのですから、当然肩凝りは酷くなりますよね。

そこでディスプレイの位置を上げてやれば下を向く角度が浅くなり首への負担が少なくなる事からノートPCスタンドを使う方が増えている訳です。

その中でもポータビリティ性とリユース性に優れた折り畳みスタンド「Tesmo」を今回はご紹介致します。

“ノートPCからスマートフォン、タブレットまで幅広く使える貼って剥がせる折り畳みスタンド「Tesmo」” の続きを読む

ガラス越しによくある撮影時の映り込みを100%消してくれるレンズフード「Ultimate Lens Hood 2.0」

よくガラス越し、窓ガラス越しに風景を撮影すると部屋の中や車内がガラスに映り込み、うまく外の風景を撮影できないって事がよくありますが、この原因って何なのか皆さんはご存じですか?

この映り込みと言うのは100%真っ平らなガラスであれば発生しないのですが、天体望遠鏡に用いられる様なレンズに使われているガラスと違い普通の家庭の窓ガラスや自動車のフロントガラス等はそんなに表面の加工精度を求められるものではありませので、肉眼で見えませんが必ず凹凸があり、その凹凸によって室内や車内の風景が乱反射してガラスの中に室内や車内の風景が写り込むのです。

ではどの様にすれば映り込まないのか?それはモノの見え方にヒントがあります。
例えば部屋を真っ暗にして窓越しに夜景を見ると、窓に反射して部屋の中が映り込んだりする事はありませんが、照明をつけた途端に部屋の様子が窓ガラスに映り込んで見える様になったりしますが、これは光に関係があります。
モノが見える仕組みは光が物体に当たりその反射された光が目に入り認識する事で初めてモノを見る事ができるのです。
つまり、カメラのレンズを向けた先にあるガラスに映り込む風景は、周囲の風景に当たり反射した光が更にガラスに反射して見えていますので、その物体に反射した光が窓ガラスに反射しない様に遮断すれば撮影した映像に周囲の風景が映り込まないと言う事になります。

そこで、その理論を具現化したレンズフード「Ultimate Lens Hood 2.0」を今回はご紹介致します。
“ガラス越しによくある撮影時の映り込みを100%消してくれるレンズフード「Ultimate Lens Hood 2.0」” の続きを読む

360°ターン、クイックリリース、そしてポケットサイズが特徴的なスマートフォン用ジンバル「SMOOTH-Q2」

最近の高級なスマートフォンには光学手振れ補正やデジタル手振れ補正機能がついていたりしますので、昔の様にスマートフォンで動画を撮影した時に画面がブレて見辛いと言う事は少なくなって来ましたが、それでも移動しながの撮影時には画面は上下しますし、身体の向きに合わせて画面も左右に揺れますので、完璧に静止した映像を撮影すると言うのは無理です。

そこで便利なのがジンバルと言うガジェットです。

ジンバルと言うのは正確には回転台の事で、カメラを上下左右に動かす装置の事なのですが、ジンバルと言えばスタビライザー(手振れ補正)機能を持ったモノを総称として今はジンバルと呼んでいます。

そしてスマートフォンをジンバルにセットする事で手振れはもちろん、身体の揺れに合わせて動いていた画面の方向をピッタリと一点を静止して向く様に固定する事もできますし、ボタン操作で一定速度でカメラの向きを変える事もできますので、よりプロっぽい映像を撮影するには不可欠なガジェットになっています。

そんなジンバルは既に数多くのメーカーがたくさんのジンバルをリリースしていますが、今回紹介する「SMOOTH-Q2」はユーザーの立場に立ち設計されたと言っても言い過ぎではないジンバルです・

“360°ターン、クイックリリース、そしてポケットサイズが特徴的なスマートフォン用ジンバル「SMOOTH-Q2」” の続きを読む

たった数行のコードを書くだけでスマートフォンから操作可能なデバイス作成が可能なマイコン「Elk」

プログラミングを学習し慣れて来て多くの方がやってみたいと思うのが、スマートフォンとハードの連携です。
例えばスマートフォンでロボットを操作したり、スマートフォンを使って家電製品を操作したり、マイコンと連携して空調を自動でON/OFFしたりする装置を作ったりとそれぞれ思う事は人様々です。

そんな時にみなさんが使われているiPhoneはマイコンとの連携を取るのがとっても難しいのです。
と言うのもAndroidならBluetoothのSPPプロトコルを使いシリアル通信が行えるのでマイコン側にBluetooth通信モジュールを搭載すれば割と簡単にアプリで制御できるのですが、iPhoneではSPPが許可されておらずプログラミング初心者の方がマイコンと通信するとなるとWiFiで接続してTCP/IP通信するのが一番ハードルが低いのですが、プログラミングは非常にハードルが高いのです。

例えばマイコンとしてArduinoをiPhoneと接続してアプリでArduinoを制御する様な場合、ESP8266と言うWiFiモジュールを使うのがメジャーです。
このESP8266はArduino IDEと言うArduinoの開発環境が使えますのでArduinoでのプログラミング経験があればプログラミングできない事はないのですが、その手順はややこしく、ネットの情報通りに書いてもうまく動かない事も多々あり、素人の方に優しいものではありません。

そこで今回は、素人も方でもわずか数行のプログラムを書くだけでスマートフォンから制御できるマイコン「Elk」をご紹介いたします。
“たった数行のコードを書くだけでスマートフォンから操作可能なデバイス作成が可能なマイコン「Elk」” の続きを読む

DIY好きな方へ!!テーブルにスマートフォンの充電台を埋め込んでみない!?「ALLDOCK INTEGRATE」

みなさんはスマートフォンの充電ってどうされていますかね?
ワイヤレス充電の方にしてもケーブルで充電する方でもテーブルの上に平置きの方が殆どではないでしょうか?

でもそれってテーブルが小さいと邪魔ではありませんか?

もしテーブルに立てられて、しかも同時に充電できるとしたら便利だと思いませんか?

もし電動工具を持っておられ、DIYで木工細工が得意!!好きなら、机に埋め込める充電台「ALLDOCK INTEGRATE」を今回はご紹介いたします。
“DIY好きな方へ!!テーブルにスマートフォンの充電台を埋め込んでみない!?「ALLDOCK INTEGRATE」” の続きを読む

歯の磨き残しが気になる方へ!!今使っている歯ブラシをスマート化する歯ブラシアダプタ「Smartbrush」

堀ちえみさんが舌がんに罹患された事は記憶に新しい所ですが、口の中って鏡を使わないと見えない事もあり、痛み等の症状が出て来た時にはかなり進行しています。
それは虫歯もそうですが、歯周病も同じで、一度悪くなるとなかなか元に戻りませんし、虫歯も1ヶ所で表面を少しだけ削ってレジンで修正して終われば良いのですが、2ヶ所も3ヶ所も虫歯になっていたらそれこれかなりの期間、定期的に歯医者に通わなければなりませんし、費用も長引けば長引くほどかかります。

そこで今回は、今お使いのお気に入りの歯ブラシをスマート化できる歯ブラシアダプタ「Smartbrush」をご紹介致します。
“歯の磨き残しが気になる方へ!!今使っている歯ブラシをスマート化する歯ブラシアダプタ「Smartbrush」” の続きを読む

遂に時代はここまで来たか!!想像する事でコントロールできるマインドコントロール・ドローン「UDrone」

昔のSF映画等の中で頭で考えるだけでコントロールできる様な飛行機や車、宇宙船などが出て来た時には、将来はこんな風な乗り物が出て来るんだぁ〜と関心して見入ったものですが、技術の進歩は非常に早く実際にそう言うモノが遂に出て来たのです!!

そこで早速、脳波でコントロールできるドローン「UDrone」を今回はご紹介致します。
“遂に時代はここまで来たか!!想像する事でコントロールできるマインドコントロール・ドローン「UDrone」” の続きを読む

ノートPCでの作業中によく移動する貴方へ!!滑り落ちる小物をしっかりキャッチするノートPCアクセサリー「blau」

自宅やオフィスで、そんなに離れていない場所にノートPCを持った移動する様な時によくノートPCの上に書類だとか文具品、スマートフォンや充電器と言ったものを乗せて移動される方がおられますが、乗せ方が悪かったり、乗せすぎたりした事で移動中にノートPCの上に乗せたものを落としてしまうと言う様な事は誰にでもある事です。

ただそれが落としても大丈夫なものであれば良いのですが、買ったばかりの保護ケースにも入っていないスマートフォン等を落下させた日には悲惨過ぎてちょっと目も当てられません。

かと言って移動する度にバッグの中に入れてから移動すると言うのも、また1つ1つ取り出してデスクの上に戻さないといけないので面倒です。

そこで今回は、ノートPCの上にモノを一時的に乗せて移動すると言う方にオススメな「blau」と言うアクセサリーをご紹介致します。


“ノートPCでの作業中によく移動する貴方へ!!滑り落ちる小物をしっかりキャッチするノートPCアクセサリー「blau」” の続きを読む