機能だけでなく携帯性にも注目したい、もはやマスト・アイテムとなったスマートフォン用ジンバル「ATOM」

みなさんは”ジンバル”と言う装置はご存じでしょうか?”ジンバル”とは元々、1つの軸を中心として物体を縦横そして回転方向に自由に回転させる事のできる回転台の事で、最近では”ジンバル”に”スタビライザー”の機能(物体を一定の位置に留めておく装置で、カメラで言うと手振れ補正の機械がこれに当たります)が合わさったものを総じて”ジンバル”と呼んでいます。
この”ジンバル”がスマートフォンを使った撮影でマスト・アイテムな訳は、まずスマートフォンには手振れ補正機能を持ったものが少し前までは殆どありませんでした。ですから画質が良くなった分、手持ちで撮影して揺れる画面を見て酔ったりする様な方も多かったのですが、ジンバルのおかげでそれがほぼ解消されれます。
またカメラを動かして違う方向を撮影する場合、手持ちの場合だとどうしても向きを変える際に画面が上下したり移動するスピードにムラが出たりして、動く物体を常に画面の中心に捉えて撮影すると言った様な場合、かなりテクニックを必要とする上に手振れも発生するのでかなり見辛い映像となるのですが、ジンバルで一定速度でスマートフォンを動かす事で、まるで撮影専用の機材を使って撮影したかの様な映像を撮影する事ができます。

と言った様に”ジンバル”がある事で非常に綺麗な絵が撮影できるのですが、今回は携帯性についてもよく考えられた「ATOM」と言うジンバルをご紹介致します。


“機能だけでなく携帯性にも注目したい、もはやマスト・アイテムとなったスマートフォン用ジンバル「ATOM」” の続きを読む

Qiワイヤレス充電への影響ゼロな厚みたった2.6mmのスマートフォンホルダー&スタンド「E-zl」

最近のスマートフォンの画面サイズは大きくなる事はあっても小さくなる事はなく、片手持ちが非常に難しくなっています。
特にiPhoneはiPhone SEが4インチなのに対してiPhone Xは5.8インチとたった1.8インチ(約4.6cm)の差なのに、片手持ちして画面の四隅をスマートフォンを持つ手の親指でタップするのが非常に難しくなっています。

その為にスマホリングと言うスマートフォンに貼り付けるリングがあるのですが、ただの輪っかなのにも関わらず、このリングに指を通しておく事で、片手持ちした時の安定性が非常に増して、操作性が良くなります。

ただその便利なスマホリングもQiワイヤレス充電に対応したiPhone 8/ 8 Plus/ Xにとっては天敵なのです。

そこで天敵とならないQiワイヤレス充電の事を考えて作られた、スマホスタンドとしても利用できるスマートフォンホルダー「E-zl」を今回はご紹介致します。


“Qiワイヤレス充電への影響ゼロな厚みたった2.6mmのスマートフォンホルダー&スタンド「E-zl」” の続きを読む

タフネス中華製スマホを売りにしているBlackview社からトランシーバー機能を搭載したスマホ「BV9500 Pro」が!!

中華製スマホ=中国製のスマートフォンになるのですが、実は格安なスマートフォンの殆どが中国メーカーの製品であると言う事を知っている方は少数です。
例えば最近、どの携帯電話会社のショップでもよく見るHUAWEIやOPPOと言ったメーカーは中国のトップメーカーですし、その他にZTEやXiaomiやVivoと言ったスマホメーカーも中国です。
と言う様に世界から見れば世界中で使われているAndroidスマートフォンの半数以上は中国メーカーのものとなり、今や中国と言えども侮れませんし、3Dプリンターやドローンのトップメーカーも中国です。

そして今回紹介するBlackview社のスマートフォンは防水性はもろん(このBV9500 ProはIP68基準)の事、堅牢さでも有名で、1.8mつまり人が手に持っている状態で地面に落下させても100%壊れない性能を誇っている上にモニターにはサファイアガラスに次いで硬度の高いゴリラガラス5を使っているなど、その頑丈さは従来製品から折り紙付きです。


“タフネス中華製スマホを売りにしているBlackview社からトランシーバー機能を搭載したスマホ「BV9500 Pro」が!!” の続きを読む