ホーム > タグ > センサー

センサー

小学生でも簡単にIoTデバイスが作れてしまう配線、ハンダ付け一切不要のシステムキット「BigClown」

2020年、あと2年もすると小学校からプログラミングの授業が入って来ますが、それ以前に子どもさんにプログラミングを習わせたいと思われている親御さんは多いかと思います。
ただプログラミング教室に行った時にだけプログラミングをやるよりも、自宅で自ら進んでプログラミングをやった方が他の勉強と同じで早く習得できるのは明らかです。
ですが、子どもさんがプログラミングをやっていて聞かれた時に的確に教えられる親御さんなんて職業柄やっていたり、趣味で若い頃からやっていた様な方でないとまず無理ですし、更に自動的に温度や湿度を計測してクラウドサーバーへその計測数値をPUSHしてログを取る様なIoTデバイスを作りたいなんて言われようものなら回路設計をして部品を集めてハンダ付けをしてと一筋縄では行きません。

そんな時にこの「BigClown」で揃えておけば大抵のIoTデバイスがつくれるばかりか、プログラムも用意されたサンプルから選ぶだけなので誰にでもIoTデバイスが作れてしまいます。

全文を読む

LEGOブロックを電動化しスマートフォンで操縦できる様にする「SBrick Plus」

LEGOの”TECHNIC”シリーズや自作のLEGOマシンをラジコンの様に操縦できたらいいな?と思った事ってありませんか?LEGOには”Power Functions”シリーズと言って”TECHINC”シリーズや自作のLEGOマシンに”Power Functions”シリーズのモーターやコントローラー、バッテリモジュールを搭載する事で、”Power Functions”シリーズの赤外線コントローラーを使ってラジコン化する事ができる様になっています。
ですが赤外線は受光部が死角になると赤外線を受ける事ができずに赤外線が切れた途端に動かなくなってしまいますし、ちょっと離れると赤外線も届かずに止まってしまいますので常に赤外線受光部が見える様に一緒に動いてないといけませんし、”TECHINC”シリーズのクレーン車などは走行はさせる事はできますが、アームを伸ばしたり動かしたりは”Power Functions”シリーズだけではできませんので、そう言う細かい部分も”Power Functions”シリーズのモーターを搭載してBluetoothでペアリングされたスマートフォンから操縦できる様にしたLEGOコントローラーが”SBrick”なのですが、”SBrick”も所詮は”Power Functions”をBluetooth化してスマートフォンでコントロールできる様にしただけでそれ以上の拡張性はありませんでした。

そこで今回、”WeDo 1.0”キットを使える様にしたのがこの「SBrick Plus」です。

全文を読む

左右の脚のバランスまで計測してくれるランニング計測アダプター「STEPP」

市民マラソンって一体日本でどれくらい数が行われているかご存じですか?毎年市民マラソンは増えており、今では毎月、日本のどこかの地域で市民マラソンは行わるくらいにまで増え、その数は優に200は超えるまでになっています。
それだけ参加者も年々増えていると言う事ですが、マラソンと言うのはフルで走ると42.195km走り切らなければいけませんし、走ろうと思うとそれなりのトレーニングを積んで自己管理をしっかりしなければ走りきる事はできません。

ですから学生時分にマラソンをやった事がない様な人がいきなりフルマラソンを走るなんて無謀な事ですし、それこそ若い時なら無理もできますが、歳を取っている方はしっかりとしたコーチについてコーチしてもらわなければ大会に出るまでに身体を壊しかねません。

そんな練習のコーチを自分が走りたい時に応じてしてくれる都合の良いガジェットがこの「STEPP」です。

全文を読む

Home > タグ > センサー

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。