ワイヤレス充電に対応したスマートフォンを差し込むだけで確実に充電できるウエストポーチ「Side Pocket」

最近はワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリーが増えて来た事で、自宅でも外出先でもワイヤレスで充電できる様になり、以前の様にケーブルがない!!だとか、ケーブルが壊れていて充電できない、と言う様な事はなくなりましたが、ちゃんとワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリーとスマートフォンを重ねてバッグの中に入れているのに充電されていない、または充電されていてもほんの少ししか充電されていないと言う事はよく聞きます。

その充電不良の一番の原因は、振動です。
ワイヤレス充電は送信側の送電装置が作った磁界の中に受電側のコイルが置かれる事で電磁誘導を利用して受電側のコイルに電力を発生させて充電するのですが、この磁界が安定しなければ発電できないからなのです。
つまり、ワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリーと抱き合わせて入れたスマートフォンのどちらかが移動する振動でバッグの中で移動する様な事があれば電圧がどうしても変動しますので充電が始まらないからないのです。

そこでモバイルバッテリーを元に移動しない様にと考えられたウエストポーチ「Side Pocket」をご紹介致します。

“ワイヤレス充電に対応したスマートフォンを差し込むだけで確実に充電できるウエストポーチ「Side Pocket」” の続きを読む

Appleのモバイル製品を全部1度に充電してしまう事のできる10,000mAhモバイルバッテリー「AirAlly」

Apple製品をこよなく愛する人は、デザインや使い勝手もさることながら、その統一性の良さにも魅力を感じ愛用しています。
例えばiPhoneとAppleWatch、Macとそれぞれ同じApple IDを使用していれば、iPhoneに届いた通知はAppleWatchやMacのデスクトップに通知されますし、同じネットワークに接続していればiPhoneにかかって来た電話をMacで受けて通話する事だって可能ですし、もちろんAppleWatchでも同様の事が可能になっています。

ただ全部揃えると日々の充電も結構大変です。
iPhone、AirPods、AppleWatch、iPad、これら全てを常に持ち歩いていて充電するとなるとその分のLightningケーブル、磁気充電ケーブル、iPad ProならUSB-Cケーブル、それにプラスして一度に全て充電するとなると4つ出力端子のあるモバイルバッテリーが必要となります。

そこで今回はApple製品をこよなく愛する方に、とっておきのモバイルバッテリー「AirAlly」をご紹介致します。

“Appleのモバイル製品を全部1度に充電してしまう事のできる10,000mAhモバイルバッテリー「AirAlly」” の続きを読む

iPhoneをリアルに最大充電電力18Wで急速充電できるクレカより小さい超ミニ・モバイルバッテリー「SuperMini」

急速充電できると書いてあるモバイルバッテリーを買ったのに今までとあまり充電スピードが変わらない、そんな経験をみなさんはされた事はありませんか?
急速充電の規格としては広く使われているのがQuickChargeと言う規格で、クアルコムと言う会社が作った規格で、この他にもiSmartと言う様な充電規格もあるのですが、みなさんが使っているiPhoneはこれら充電規格には残念ながら対応していません。

つまりQC3.0やiSmart対応と書かれた急速充電が可能なモバイルバッテリーを購入したとしても、充電するのがiPhoneではせいぜい最大10W程度でしか充電できませんので、従来のものと全く変わりません。
それならどう言う規格に対応していればiPhoneを急速充電できるのかと言いますとそれとはUSB-C PD(Power Deliver)で、USB-C←→Lightningケーブルを使わないと残念ながら最大18Wでの急速充電の恩恵には与れないのです。

そこで今回はリアルにiPhoneを最大18Wで充電するモバイルバッテリー「SuperMini」をご紹介いたします。

“iPhoneをリアルに最大充電電力18Wで急速充電できるクレカより小さい超ミニ・モバイルバッテリー「SuperMini」” の続きを読む

MacBook Proの充電だけでなく、カードリーダーとしても使える自己充電式モバイルバッテリー「SuperCharger 2.0」

モバイルバッテリーを選ぶ際にバッテリー容量も非常に重要なのですが、それと同じくらい重要なのが合計出力電力が何ワット(W)であるかです。
と言いますのも、一度に何台も充電する場合(スマートフォン1台しか持っておらず、1台充電できれば良いと言う方は別ですが)、この合計出力電力が少ないと急速充電が可能なのに出来ない、出来ていないと言う事になりかねないからです。

例えば1ポートあたり最大18W出力できるUSB(QuickCharge, iSmart, PowerIQと言った充電規格に対応している事も重要)ポートを3ポート備えたモバイルバッテリーやUSB電源があったとして合計出力電力が30Wだとすると、1ポートが18W出力をして急速充電してしまうと残りの2ポートで12Wを分けなければならず、平等に分けたとして6W×2となる事から、残りの2ポートに接続したスマートフォンやタブレット等は普通充電しかできない事になるからです。

ですからそう言う事を踏まえて今回は実用性十分なモバイルバッテリー「SuperCharger 2.0」をご紹介致します。

“MacBook Proの充電だけでなく、カードリーダーとしても使える自己充電式モバイルバッテリー「SuperCharger 2.0」” の続きを読む

ワイヤレスならではの問題をスマホを汚す事なく解決した急速充電可能なQiモバイルバッテリー「ZENLET Coil」

モバイルバッテリーは今、Qiワイヤレス充電とUBS-C充電と言う2つの大きな波がやって来ています。
この2つの波はスマートフォンがQiワイヤレス充電やUSB-Cによる急速充電、USB−Cコネクタの採用など様々な要因があるのですが、この移行過渡期にリリースされているモバイルバッテリーで一番困るのはQiワイヤレス充電です。

と言いますのもQiワイヤレス充電は送電側のモバイルバッテリーと受電側のコイルが離れると充電効率、送電効率が落ちる為にモバイルバッテリーの上にスマートフォンをピッタリと重ね合わせる必要があります。

ただピッタリと合わせるのはテーブルの上に置く言う様に静止した場所に置いて充電するのなら問題ないのですが、立った状態、座った状態で片手にモバイルバッテリーとスマートフォンを抱き合わせて持ちながら操作すると言うのは、やり辛い上にモバイルバッテリーの上に乗せたスマートフォンを誤って落としてしまわないかと言う危険性もつきまといます。

そこで今回は、片手持ちで安心して充電しながら使えるQiワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリー「ZENLET Coil」をご紹介いたします。
“ワイヤレスならではの問題をスマホを汚す事なく解決した急速充電可能なQiモバイルバッテリー「ZENLET Coil」” の続きを読む

最近流行のレトロアーケードゲームと一緒に置きたい「Charge Machine」とカセット型バッテリー「Hotline 16000」

最近は昭和時代のレトロファッションやインテリアが人気を博している他、玩具に関してもその人気は顕著です。
例えばタカラトミーが発売したレコードやテープレコーダー、テレビのレプリカは中身は最新のBluetoothスピーカーであったり、テレビはスマートフォンを仕込んでスマートフォンの画面にレトロ感満載の画質の荒い映像を流したり、砂嵐を起こさせたり、斜め45°から叩くと流れていた画面が止まったりと、当時を懐かしく思い起こさせる仕掛がいっぱいです。
そしてそれに呼応するかの様に、ファミコンやネオジオの復刻版ミニゲーム機が相次いでリリースされるだけでなく、スペースインベーダやパックマンと言った昭和30年代、40年代生まれの方が青春時代にハマったゲーム機のミニチュアまでもがたくさんリリースされています。

そんなレトロ感タップリなガジェットにピッタリのUSB電源「Charge Machine」と平成や令和世代では全く分からない”ウォークマン”を連想させるモバイルバッテリー「Hotline 16000」の2ガジェットを今回はご紹介致します。

“最近流行のレトロアーケードゲームと一緒に置きたい「Charge Machine」とカセット型バッテリー「Hotline 16000」” の続きを読む

モバイルバッテリーをワイヤレス充電しながらスマホをワイヤレス充電できるモバイルバッテリー「Ennercell」

2年前にリリースされたiPhone 8/ iPhone X以降のiPhoneはQiワイヤレス充電に対応し、今までLightningケーブルで充電されている方も置くだけで充電できる利便性の良さを実感されているのではないでしょか?

ただそんなワイヤレス充電にも欠点がない訳ではありません。例えばワイヤレス充電台の殆どが同時には1台しか充電できず、しかもスマートフォンの半分くらいの大きさのある充電台をデスクの上等に置いておかなければならないので場所を取り、邪魔と言えば邪魔です。

更にモバイルバッテリーを毎日持ち歩いている方であればモバイルバッテリーは以前としてケーブルに接続して充電しなければならず、充電器も複数台必要であったり、複数の出力ポートを備えた充電器が必要だったりしますので、せっかくワイヤレス充電化してもスリムとは言えません。

そこで今回は充電環境を超スリムに簡素化するモバイルバッテリー「Ennercell」をご紹介致します。
“モバイルバッテリーをワイヤレス充電しながらスマホをワイヤレス充電できるモバイルバッテリー「Ennercell」” の続きを読む

これを選べば安心!!最大5つのデバイスを同時に充電する究極のオールインワン・モバイルバッテリー「JUCI」

モバイルバッテリーを選ぶ基準としてはまず最初に比較するのが価格以外ではバッテリー容量でしょう。
そしてその次が一度に何台のデバイスを充電できるかで、最後にマニアックな方や拘りのある方は1ポートあたりの出力電量です。
最近のスマートフォンもそうですが、USBデバイスなども急速充電と言って9V/2A=18Wと言う大電力で充電できるものが増えて来ており、充電するデバイスをたくさん持ち歩いているならば、短時間で充電を終えて次のデバイスの充電を始めるには重要なファクターとなります。

一方最近はQiワイヤレス充電に対応したスマートフォンが増えて来ている事もあり、モバイルバッテリーの上に置いたり、抱き合わせておいて充電する様なモバイルバッテリーが出て来たり、モバイルバッテリー自身を急速充電する為にわざわざ出力電力の高いUSB電源を新たに購入せずともコンセントを内蔵し、コンセントに自家差しするだけで充電できる様なモバイルバッテリーも中にはあります。

と言う様に今では多種多様なモバイルバッテリーがあり、素人ではどのモバイルバッテリーを選べば分かりません。
そこで今回は、これを選んでおけば間違いないと言うモバイルバッテリー「JUCI」をご紹介致します。
“これを選べば安心!!最大5つのデバイスを同時に充電する究極のオールインワン・モバイルバッテリー「JUCI」” の続きを読む

10,000mAhもの大容量のバッテリーを搭載する、Qiワイヤレス充電にも対応したソーラーモバイルバッテリ「SolarBar」

モバイルバッテリーの中にはソーラーパネルを内蔵して、晴れた日に屋外へ出しておけば電気代不要で充電が可能でとってもお得なモバイルバッテリーがありますが、晴天で充電環境はバッチリなのに、殆ど充電されていないと言う様な経験はないでしょうか?

それは充電する為に置いた場所が悪かっただけで、実は太陽光で効率的に充電する為にはある条件を知っておく事が重要です。

まず太陽の光で充電すると言う場合はただ光が当たっている場所に置いただけではダメです。いかに発電セルにたくさんの光を当てるかが重要で、その為に一番良いのは太陽に向かって太陽光パネルを垂直に向ける事です。
そうする事で太陽光は発電セルに垂直に光りを注ぎますので最大限発電できるのですが、少しでも鋭角になると発電セルのカバーのガラス等が入射した光を反射して発電セルに届く光エネルギーの量を減らしてしまうからなのです。

そこで今回は、そう言う向きを気にする事なく、光の当たる場所にさせ置いておけば22.5%の発電効率を誇るソーラーパネル搭載モバイルバッテリー「SolarBar」をご紹介致します。
“10,000mAhもの大容量のバッテリーを搭載する、Qiワイヤレス充電にも対応したソーラーモバイルバッテリ「SolarBar」” の続きを読む

片手持ちの状態で充電しながら安心して使えるQiワイヤレス充電対応モバイル・バッテリー「PBL Charger」

みなさんはスマートフォンを落とした経験ってありますか?
あの手から滑り落ちて地面に向かって落下して行く瞬間って一気に心拍と血圧が上がって心臓にも良くありませんよね。

でもふとした事から、人生のうちで1度は誰もがやってしまうんですよね。

そして時にはバッテリー残量が少なくなって来たからとモバイルバッテリーの上にスマートフォンを重ねて片手で持ち、充電しながら使うって言う方もおられますが、これは更にスマートフォンを危険に曝します。

少し前のiPhoneであればiPhone5s以前の4インチと言う小さなモニターでしたら本体も小さく女性でも薄型のモバイルバッテリーとでしたら重ねて持っても何て事なかったのですが、iPhone XS MAXとモバイルバッテリーの重ね持ちなんて指がスマートフォンに引っ掛かるか引っ掛からないかなので落とす危険性の方が高く絶対に止めた方が無難です。

ところが今回紹介するモバイル・バッテリー「PBL Charger」であれば安心して片手持ち操作する事も可能です。
“片手持ちの状態で充電しながら安心して使えるQiワイヤレス充電対応モバイル・バッテリー「PBL Charger」” の続きを読む