ワインを飲むのなら、1度は使って欲し!!飲み頃温度をキープしつつ味をまろやかにさせるワインボトル「CARIVINO」

よく赤ワインは常温、白ワインは冷やしてと言う事がよく言われますが、この赤ワインの常温と言うのは実は何度でも良い訳ではありません。
赤ワインの飲み頃温度と言うのは20℃以下で、実際に酒店にワインを買いに行くと高価な赤ワインは温度管理されたワインセラーに保管されていたりする事からも分かる通り、決して室温25度や屋外で30度も気温がある場所でそのまま放置して良いものではないのです。

そこで、今回は冷蔵庫で適温に冷やしたワインを注ぎ、飲み頃温度をキープしたままBBQ等に持って行く事のできるワインボトル「CARIVINO」をご紹介致します。
“ワインを飲むのなら、1度は使って欲し!!飲み頃温度をキープしつつ味をまろやかにさせるワインボトル「CARIVINO」” の続きを読む

安い赤ワインを劇的に美味しく変化させ、ビンテージワインも使えるワインエアレーター「Aervana Select 」

みなさんはスーパーで売っている紙パックに入った赤ワインでも、1本ン万円の赤ワインに劇的に変化させる事ができるワインエアレーターの事はご存じでしょうか?
誰もが角が立ち口当たりがトゲトゲしく、しかも薄かったり渋かったりする赤ワインの味が変わるわけがないと思い込んでいるのですが、ワインエアレーターを使ってワインに酸素を含ませる事で本当に角が取れ、香りや味も芳醇になるのです。

その原理は酸化です。ワインは樽の中に詰めてまず熟成されますが、この時の熟成を酸化的熟成とも呼び、適度な酸化によって味がまろやかになり、香りが立ち、そして色素も安定します。

つまり、若い赤ワインに対してエアレーションを行い空気に触れさせる事でワインは急速に酸化され一気に熟成し味を変化させる事ができ、それを電動で行うワインエアレーター「Aervana Select 」を今回はご紹介致します。


“安い赤ワインを劇的に美味しく変化させ、ビンテージワインも使えるワインエアレーター「Aervana Select 」” の続きを読む

100%空気が入らない構造で酸化を防止して最大12日間も風味が変わらずに楽しめるデカンタ「eto」

 ワインは封を開けると酸化が始まり、そして酸化が進むと全く違った味わいになってしまうと言うのはワイン好きな方でもそうでない方でも知っている事で、ワインを開けてしまった後にボトルの口に封をせずに放置しておくと酸化が進んで味の風味もどんどん変化して行ってしまいます。だからと言って飲めなくなるわけではないのですが、開封して時間が経ったワインでも美味しく飲みたいと思うのは普通で、酸化を進まなくするガジェットはたくさんあります。

 ではどうすれば酸化しないのか?参加とは酸素と結合する化学変化ですから酸素と触れなければ酸化は進みませんので、酸化を防止するガジェットも空気を遮断したり空気を瓶や容器の中から追い出したりするのですが、空気を抜いてやると瓶や容器の中の圧力が低くなり今度は逆に外から空気が入ろうとしまので外から空気が入らない様に密閉度を上げる為の工夫が必要で、それにはゴムやシリコンと言った素材を使うのですが、このゴムやシリコンと言うのは経年劣化でどうしても硬くなります。硬くなると形が変わらなくなり密閉度が落ちますので、最初はしっかりと密閉して酸化を防いでいても使っているウチに硬くなって隙間が埋まらなくなり空気が入り込んでしまって酸化を防止できなくなってしまいます。

 そこでこの「eto」は容器の中の圧力が外と変わらない様な状態で空気を抜く事で酸化が進まない工夫をしました。そのおかげでこの「eto」の容器に入れたワインは最大12日間も風味も味も変わる事なく楽しむ事ができます。


“100%空気が入らない構造で酸化を防止して最大12日間も風味が変わらずに楽しめるデカンタ「eto」” の続きを読む

パーフェクトにワインの酸化を防止するデキャンタ「Wine Squirrel」

ワインは封を開けるとそこから酸化が始まると言うのは周知の事実ですが、実は他のアルコール類でも同じってご存じでしたか?特に醸造酒と呼ばれる部類のお酒であるワインの他に日本酒もそうですし、ビールでも封を開けるとその瞬間から酸化が始まります。そして酸化を促進させるのが酸素です。ただ酸素の供給を止めてしまえばそこで酸化は止まりますのでそれを利用した製品は多数あります。

例えばただ単にコルクの栓の様にボトルに差し込むだけのタイプのもの。そしてしっかり密閉した上で手動ポンプで空気を抜くタイプと様々なものがありますが、やはり手動ポンプでは完全には真空にはできませんしボトルの中に残った空気だけでも酸化は進んでしまい雑味が生まれ風味が失われる元になります。

ではどうやって動力を使わずに空気を抜くのか?その1つの答えをある発想で導き出したのがこのデキャンタ「Wine Squirrel」です。

“パーフェクトにワインの酸化を防止するデキャンタ「Wine Squirrel」” の続きを読む

超音波でワインを劇的に変化させてくれるデキャンタ「Sonic Decanter」

ワインに超音波を当てると、香りや、赤ワインのタンニンによる渋み(特に若いワイン)が劇的に変化するらしい。
するらしいと言うのは、実際に超音波を当てれば美味しくなると言う事を聞いた事がなかったのだが、ググれば
ちゃんと超音波処理すれば、振動により細かい気泡でワインを攪拌する事によって熟成が進んだワインと同じ
様な状態になると、化学式を交えて丁寧に解説されているサイトに出くわした。その後、超音波洗浄機でも同じ
様な事をやって、めちゃ美味しくなったと言うリポートも読んだ。

と言う事で、この超音波処理はかなり広く世間に知られている、ワインを美味しく飲む方法の様だ。

ちなみにこのデキャンタは、白ワインか、赤ワインかを指定し、飲む時刻をセットすれば、自動的に飲む時間
に合わせて、ワインを美味しくしてくれる。

“超音波でワインを劇的に変化させてくれるデキャンタ「Sonic Decanter」” の続きを読む