ベッドや布団の上を自走して、ウィルスやバクテリアだけでなくダニも死滅させる掃除ロボット「ROCKUBOT」

みなさんのご家庭にはレイコップの様な紫外線によってダニを殺し、そして吸い取る布団掃除機はありますか?
発売後2〜3年は類似品等も発売されてダニアレルギーを持っておられたり、ダニに咬まれて嫌な思いをされたご家庭ではこぞって購入されたのではないでしょうか?

そんな布団掃除機ですが、よく考えてみてください。紫外線って目に見える光ですが、これがシーツを越え、カバーを通してマットレスや布団の中にまで届くのでしょうか?
懐中電灯を当てて裏側から見てみれば、その答えがよくわかるでしょう。

つまりシーツやカバーに付いたダニは紫外線で殺して吸い取る事ができますが、それより奥深くに潜んでいるダニに対してはこれら紫外線を利用した布団掃除は無意味と言えますし、いくら一秒間に何千回、何万回と言う振動でダニをたたき出すと言っても、複雑に絡み合った繊維の隙間に入ったダニがそう簡単に上から叩いただけでは出て来るとは限りません。

そこで今回は違うアプローチでダニを死滅させる掃除ロボット「ROCKUBOT」をご紹介致します。

“ベッドや布団の上を自走して、ウィルスやバクテリアだけでなくダニも死滅させる掃除ロボット「ROCKUBOT」” の続きを読む

以前止まったホテルのベッドでダニに噛まれて大変な目に合ったと言う方の紫外線ベッドクリーナー「CleanseBot」

みなさんは旅行先のホテルのベッドで一夜を過ごした後、翌朝目を覚ましたら身体のあちこちに赤い発疹が出ており、詳しく検査してもらったらダニに噛まれた跡だったなんて経験はありませんか?

確かに自宅の布団やベッドなら、小まめにシーツを替え、そして布団なら天日干ししたり、布団クリーナーで掃除したりしてダニが大量に繁殖しない様に気を付けておられると思いますが、旅館やホテルの布団やベッドとなると干したり布団クリーナーでしっかりと掃除しているかと言うと疑問です。
特にホテル等はベッドのマットレスを干せる様な場所もない事もあり、シーツは交換してもマットレスは開業以来一度も清掃した事がないと言うホテルも少なくありません。
そしてそう言うホテルに宿泊した時に運悪く、マットレスの中で繁殖したダニがシーツをスリ抜けて皮膚を咬むと言うのはよくある事なのですが、一度経験するとこのホテルもそうなのでは?と疑いたくなってしまいますし、超高級ホテルで行われている飛散な清掃風景の動画をワイドショーなどで見てしまうと、高級ホテルでもそうなんだからと全てが疑いたくなり、旅行に行く事すらできなくなってしまいます。

そこで今回は布団、ベッドどちらにでも使える紫外線クリーナー「CleanseBot」をご紹介致します。


“以前止まったホテルのベッドでダニに噛まれて大変な目に合ったと言う方の紫外線ベッドクリーナー「CleanseBot」” の続きを読む

折り畳めばバッグになり、手に提げて持って移動する事が可能なペット用ポータブルベッド「Spruce」

愛犬や愛猫を連れて実家に帰省をしたり旅行へ出かけたりと言った時に、みなさんはペットのベッドってどうしていますか?
自家用車にしても新幹線や飛行機にしても移動中はゲージに入れていても、目的地に到着したらゲージから開放してやりたいですし、寝る時もゲージではなく、いつも愛用しているベッドで寝かせてあげたいですよね。

人間でも枕や布団が変わると寝る事ができないと言う方はたくさんおられますが、ペットだって同じです。特に縄張りを意識する犬や猫などは自分がマーキングした臭いのしないベッドや毛布では不安があって寝る事ができないでしょう。
ですからできるだけ自宅にいる状況と同じ状況を作り出してやりたいものですが、自宅に置いている大きなゲージやマットレスや毛布を持って移動するのも、車ならいざしらず公共交通機関となると大変です。

そこで自宅にいる時でも、旅行先でも同じ様に使えるポータブルベッド「Spruce」をご紹介致します。

“折り畳めばバッグになり、手に提げて持って移動する事が可能なペット用ポータブルベッド「Spruce」” の続きを読む

モバイルバッテリーで温まるのでどこででも使える遠赤外線電気ふとん「Radishine」

みなさんは、すんなりとスムーズに布団やベッドに入る事はできていますか?
と言いますのも今年は11月中旬頃から寒くなり始めて朝晩は暖房がなければかなりきついものがありますが、一番きついのは冷え切った布団に入る時ではありませんか?しばらくじっとしていればいずれは温かくなると言う事はわかっていても、布団そのものが熱を発するのではなくて寝ている人の体温で温められた身体の周りの空気が逃げずにそのまま布団の中や繊維の中に滞留し溜まって行く事で布団と言うのは温まりますので、当然冷え切った身体で布団に入ってもすぐには温まりませんし、筋肉量が少ない女性などは筋肉で作られる熱も少ないのでなかなか温まらず冷たいままでなかなか寝る事ができません。

そこで寒くてなかなか寝る事ができない多くの方は湯たんぽや電気毛布と言ったものを使っておられると思いますが、湯たんぽは足下だけが温かく、電気毛布は低温火傷や皮膚の乾燥も促進されたりと、あまり美容に良いものではありません。

ですが今回紹介します掛け布団「Radishine」は、遠赤外線で身体を温めますので皮膚の乾燥や低温火傷を起こすことなくで身体の芯からポカポカと温めてくれます。


“モバイルバッテリーで温まるのでどこででも使える遠赤外線電気ふとん「Radishine」” の続きを読む