Home > Kicstarter | Newガジェット | 生活 | 寝具 > モバイルバッテリーで温まるのでどこででも使える遠赤外線電気ふとん「Radishine」

モバイルバッテリーで温まるのでどこででも使える遠赤外線電気ふとん「Radishine」

みなさんは、すんなりとスムーズに布団やベッドに入る事はできていますか?
と言いますのも今年は11月中旬頃から寒くなり始めて朝晩は暖房がなければかなりきついものがありますが、一番きついのは冷え切った布団に入る時ではありませんか?しばらくじっとしていればいずれは温かくなると言う事はわかっていても、布団そのものが熱を発するのではなくて寝ている人の体温で温められた身体の周りの空気が逃げずにそのまま布団の中や繊維の中に滞留し溜まって行く事で布団と言うのは温まりますので、当然冷え切った身体で布団に入ってもすぐには温まりませんし、筋肉量が少ない女性などは筋肉で作られる熱も少ないのでなかなか温まらず冷たいままでなかなか寝る事ができません。

そこで寒くてなかなか寝る事ができない多くの方は湯たんぽや電気毛布と言ったものを使っておられると思いますが、湯たんぽは足下だけが温かく、電気毛布は低温火傷や皮膚の乾燥も促進されたりと、あまり美容に良いものではありません。

ですが今回紹介します掛け布団「Radishine」は、遠赤外線で身体を温めますので皮膚の乾燥や低温火傷を起こすことなくで身体の芯からポカポカと温めてくれます。


 さて、この「Radishine」には遠赤外線を放出する電熱線複合素材が織り込まれており、その電熱線に電気を通す事で遠赤外線を発生させ身体を温めるのですが、どうして遠赤外線を浴びると人間は温かく感じそして温まるのかご存じでしょうか?
実は原理としては電子レンジと同じなのです。電子レンジは2.4GHzと言うとても高い周波数のマイクロ波を食品に含まれる水分子に当てる事でその水分子が激しく振動して(”おしくらまんじゅう”をした時の様に)熱を自らが作り出して温まりますが、遠赤外線も言うなれば電子レンジと同じで、パワーこそ弱いものの、テラヘルツやペタヘルツと言うとても高い周波数の電磁波で人間に含まれる水分子をダイレクトに振動させそして熱を作り出し、そして皮膚の奥深くまでその遠赤外線は浸透して水分子を振動させますので遠赤外線は身体の芯からポカポカと温まると言うわけなのです。

ですから、この「Radishine」では直接布団そのものが発熱をして温めるものではないので電気毛布の様に低音火傷をする事はありませんし皮膚が乾燥する事もありません。更に言うならば電熱線に電気を通せばその場所にある身体の部分はすぐに遠赤外線を受けて温かく感じますので、ずっと電気を流して温めている必要はなく最初は全身が冷えているのでずっと電気を流しっぱなしであても、布団が温まってくれば電気を流す必要はなく、そうなれば間欠で電気を流してやっても温かさはキープする事ができますので、この「Radishine」は電気を流す部分を移動させながら保温しますのでとても省電力になっています。ですので、この「Radishine」では何とモバイルバッテリーで動作するのです。ですので例えばこれからの寒い季節に車中泊をするだとか、冬キャンプするだとか言った時に、この布団「Radishine」を1枚持って行けば寝ている間もずっとポカポカです。

そしてまたこの「Radishine」では温める部分を変える事ができます。足下、胸元、右、左と4ブロックに分けて温める部分を決める事ができるのですが、もし一緒に寝ているパートーナーが暑がりなのであれば自分の部分だけ温めて、パートナーの寝ている部分はヒーターを切っておくと言った使い方をする事もできます。

 

そしてその他にも”スリープパターンモード”と言って、寝ている時の体温と同じ様に「Radishine」もスイッチを入れてからしばらくは温度の高い状態を維持し、そしてそれから徐々に温度を下げ、そして起床時刻に合わせて温度を上げると言うモードも備えおり、このモードを使えば睡眠パターンを加熱で阻害すると言う事がありませんので、とても良質の睡眠を取ることができるはずです。

そんな「Radishine」にはツインサイズ、クイーンサイズ、ブランケット、ベビーブランケットの4サイズが用意されており、様々な組み合わせのバリエーションが用意されているのですが、加熱用のモバイルバッテリーは用意されていませんので自分で用意する必要があるのですが、モバイルバッテリーは5V2.1A端子があるものであればどの様なバッテリーでも良いのですが、クイーンサイズだけは2ポート必要なので注意が必要です。
そして保温時間ですが、例えばツインサイズの「Radishine」では容量10,000mAhのバッテリーを用意したとしてHighモードで4時間半、Lowとスリープパターンモードで9時間となっていますので余程寒い夜でない限りは10,000mAhものバッテリーがあれば十分温かく一晩過ごすことができますし、その他サイズの「Radishine」も下記URLページに詳細は掲載されていますので、詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1585161310/radishine-wireless-smart-heated-comforter-for-rest

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/79158

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://meiya.jp/wp-trackback.php?p=31150
Listed below are links to weblogs that reference
モバイルバッテリーで温まるのでどこででも使える遠赤外線電気ふとん「Radishine」 from KURA BASE

Home > Kicstarter | Newガジェット | 生活 | 寝具 > モバイルバッテリーで温まるのでどこででも使える遠赤外線電気ふとん「Radishine」

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。