これ1本あれば何でも充電できるキーチェーン型USBケーブル「High Five」

ようやくと言うか、やっと言うか、2年前には殆どなかったUSB-CないしUSB-C PD(Power Deliver)出力を備えたモバイルバッテリーが増えて来ており、最新のiPhone XS/XS MAX/XRや1世代前のiPhone 8/8 Plus/XはUSB-C出力を備え9V出力が可能なモバイルバッテリーやUSB電源であれば最大18W(9V/2A)で急速充電する事ができます。

つまり外出先でスピーディーに短時間で自分のスマートフォンを充電するにはUSB-C出力を備えたモバイルバッテリーとUSB-Cコネクタのケーブルが必要となります。

そこで今回はどのスマートフォンでもUSBデバイスでも最速で急速充電する事が可能な5in1ケーブル「High Five」をご紹介致します。


“これ1本あれば何でも充電できるキーチェーン型USBケーブル「High Five」” の続きを読む

iPhone, AirPods, AppleWatch全てをお使いの貴方に!!3つを同時に充電し、デスク回りをスッキリさせる「GAZE TRAY」

iPhone、AirPods、AppleWatchをスッキリと充電する事ができるApple純正のワイヤレス充電器AirPowerは最近は段々とAppleの公式サイトからもフェードアウトしかけており、リリースさせる様な気配を全く見せていませんが、いつまでもAirPowerを待っているわけにはいきません。
何故ならデスク回りを見渡すとたくさんの充電ケーブルや充電器が散乱しているからです。
特に充電ケーブルやApplwWatchの磁気充電器はある特定の決まった場所に置いておくと言う事ができませんので、デスクの上にウネウネとヘビがとぐろを巻く様に丸めて置いておくしかありません。

それをスッキリと1本のケーブルだけでスッキリと充電できる様にするはずだったAirPowerは未だに登場する気配すらなく、もう待ていられないと言う方にiPhone、AppleWatch,AirPodsの3つを同時にワイヤレス充電可能な充電トレイ「GAZE TRAY」を今回はご紹介致します。


“iPhone, AirPods, AppleWatch全てをお使いの貴方に!!3つを同時に充電し、デスク回りをスッキリさせる「GAZE TRAY」” の続きを読む

プラークチェックがスマートフォンで驚くほど簡単にできるハンディーカメラ「Plover」

人間、見えない場所で進行する症状は本当に厄介で、特に歯に関しては命を奪う事だってあります。
と言いますのも医療関係者の方からよく聞くのは、誤嚥性肺炎に罹患する原因の主原因がプラーク(歯垢)だからです。
プラーク(歯垢)は実は細菌のかたまりで、その細菌は元々空気中に含まれているものもあり、体温と唾液により高温多湿と細菌の繁殖条件としては最適な口腔内では食べ物を食べなくても自然と繁殖しそして蓄積されます。
そして歯の表面だけでなく歯と歯の間と言った場所どこにでもプラークは蓄積し、そして繁殖して増えて行き唾液を嚥下(飲み込む)した時に誤って気管支に入り、それが肺にまで到達して条件が悪いと菌が増殖して肺炎となるわけです。
ですから寝たきりになってしまった場合は歯が残っているよりも、総入れ歯の方がプラークの繁殖に必要な歯がない為に誤嚥性肺炎にかかる確率が低いのだそうです。

ですがそんな状況にならなくても、虫歯だけでなくプラークが原因で引き起こされる歯肉炎だとか歯槽膿漏だとか、歯に関係する疾患には誰しもかかりたくないですよね。

そこで今回は、歯に関係する病気に関わるプラークをいち早く発見する為のガジェット「Plover」をご紹介致します。


“プラークチェックがスマートフォンで驚くほど簡単にできるハンディーカメラ「Plover」” の続きを読む

周囲の環境に合わせて最も聴き取り易いサウンドに調整できるネックバンド式Bluetoothイヤホン「BHearing」

Bluetoothイヤホンの一番のネックって何だかみなさんご存じですか?
それはバッテリーです。もちろん内蔵するバッテリー容量が少ないと連続再生時間が短くなると言う事もあるのですが、充電式の電池なので寿命と言うものがあり、その寿命を超えると2000円のBluetoothイヤホン、1万円以上するBluetoothイヤホンも使えなくなると言う事です。
中にはバッテリーが寿命を迎えたBluetoothイヤホンを送ればバッテリーを交換するサービスを行っているメーカーもある様ですが、基本的に封入してしまっている為に分解はできない様になっており、そのまま廃棄するしかありません。

ですが今回紹介するネックバンド式Bluetoothイヤホン「BHearing」はその心配がなく、長く愛用し続ける事ができる様な工夫が施されています。

“周囲の環境に合わせて最も聴き取り易いサウンドに調整できるネックバンド式Bluetoothイヤホン「BHearing」” の続きを読む

ライトセーバーに魅了された方に贈る!!リアルなサウンドとリアルなファイトが楽しめるライトセーバー「WAAN」

ライトセーバーと言えば言わずとしれたスター・ウォーズに出て来る光る剣で、実際にはプラズマを発生させて光る刃を構成しているのですが、この出力を変える事で短刀にもなれば、最大1mくらいの刃を持つ剣にもなります。
その作品が最初に公開されたのが1977年で既に41年の月日が経過していますが、未だに新しい作品が作られる等して今40代前後の方から小学生まで幅広い層のファンを持っており、その主役級の武器とも言えるライトセーバーは時代時代に合わせて改良され、より作品中に出て来るライトセーバーに近いものが出て来ています。

ですがその多くのライトセーバーが、発光とサウンドに重点を置いており、実際に思いっきり竹刀の様に振り回して戦うと”おもちゃ”なので壊れてしまうのですが、今回紹介するライトセーバー「WAAN」は実際に戦う事のできる唯一のライトセーバーで、きっとみなさんもジェダイになりきり、思いっきりライトセーバーを振りまし、思う存分納得行くまで戦う事ができるでしょう。


“ライトセーバーに魅了された方に贈る!!リアルなサウンドとリアルなファイトが楽しめるライトセーバー「WAAN」” の続きを読む

リアルタイム共有機能がすごい!!ホワイトボード・キャプチャ&OCRアプリ「Rocketboard」

スマートフォンのカメラをスキャナと同じ様にOCR(光学文字認識)として使うアプリはたくさんありますし、最新のMac用のOSであるMacOS MojavaにアップデートしたMacには”連携カメラ”機能が加わり、iOS12にアップデートしたiPhoneを使いiPhoneのカメラで書類等をスキャンしてMacに簡単に取り込める様になっています。

と言う様にわざわざアプリをお金を出さなくても簡単に書類を取り込む事ができますが、できればスマートフォンで撮影した状態の画像ではなく、光の反射や影を消し、歪みを補正して真っ直ぐな状態で、しかも文字や絵や記号と言ったものを認識して取り込んでくれるOCRアプリの方が、見やすいのは言うまでもありません。

そこで今回はそう言う補正はもちろんの事、ネットを使ったディスカッションを行う様な時にとっても便利なリアルタイム共有機能を持っているOCRアプリ「Rocketboard」をご紹介致します。


“リアルタイム共有機能がすごい!!ホワイトボード・キャプチャ&OCRアプリ「Rocketboard」” の続きを読む

超巨大な横断幕も任せて!!手で動かして印刷するフルカラー・ハンディープリンター「PrintBrush™ XDR」

みなさんは学生時分に、ノートに印刷できる様なプリンターがあれば、めっちゃ楽なのになと思った事はありませんか?
最近ではスマートフォンが普及し、大学ではスマートフォンのカメラでホワイトボードや黒板を撮影してLINEで出席できなかった友達達に回すなんて事が最近はよく行われますが、それでもその送られて来た画像をノートに書き起こすのは自分であり、手書きです。

そう言う時に手っ取り早くノートにダイレクトにプリントしてくれるプリンターがあれば、手書きする必要がないのでめっちゃ楽ですよね。

そこで今回は、そう言う手軽にどこにでも(と言っても素材によっては印刷できない素材もありますが)印刷可能なハンディープリンター「PrintBrush™ XDR」をご紹介致します。


“超巨大な横断幕も任せて!!手で動かして印刷するフルカラー・ハンディープリンター「PrintBrush™ XDR」” の続きを読む

スマートフォンのバッテリー消費を極力抑える3.2インチ・サイクルコンピュータ「trimm One」

自転車等でツーリングなどに出かける時にスマートフォンをハンドルの見える位置に固定してナビゲーションさせると、いつも以上にバッテリーの減りが早いことに気付きますが、これは錯覚ではなく本当に早く減っています。

と言いますのもスマートフォンの部品の中で一番バッテリーを消費するのが液晶画面です。
液晶画面は画面に差し込む光が明るければ明るいほどバックライトも明るくなり、それに伴ってバッテリー消費も増えて行きますので、当然の事ながらバッテリーの減りも早くなって行くと言うわけです。

となると充電が必要となるのですが、できれば自転車でのツーリングに荷物が増えるとそれだけ身体への負担となって返って来ますので、荷物は増やしたくないですよね……
とは言っても画面の明るさを極限まで暗くすると全く画面に何が表示されているのか分かりませんし、初めて通る道であれば尚更どちらへ行ったら良いのかスマートフォンに指示してもらわないと先に進めません。

そこで今回はバッテリー消費を最小限に抑えて余分な荷物を増やさない様にするサイクルコンピュータ「trimm One」をご紹介致します。


“スマートフォンのバッテリー消費を極力抑える3.2インチ・サイクルコンピュータ「trimm One」” の続きを読む

最強の環境性能と充電性能を持った災害時にも役立つ27,000mAhモバイルバッテリー「PWR27」

今、モバイルバッテリーを買おうと思っているのなら、もれなくUSB-C端子を備えたモバイルバッテリーを選ぶべきです。
と言いますのも、新しい11インチ、12インチのiPad Proが長年使われていたLightningコネクタからUSB-Cコネクタへと移行し、Androidスマートフォンやタブレット、そしてWindows、MacもUSB-C備えたものが増えて来ているからです。

ただUSB-Cと言っても規格が色々とあり、コネクタ形状だけがUSB-Cのものは最大で5V/2Aしか出力できず最大10Wでしか充電できませんしが、USB-C PD(Power Deliver)に対応していれば最大で100W(20V/5A)で充電する事が可能で、スマートフォンやタブレットだけでなくPCも充電する事ができるからです。

ですから、これからモバイルバッテリーを買おうと思うならUSB-Cに対応している事が重要で、今回紹介するモバイルバッテリー「PWR27」もUSB-C出力を備えています。


“最強の環境性能と充電性能を持った災害時にも役立つ27,000mAhモバイルバッテリー「PWR27」” の続きを読む

視力を継続的に計測できるだけでなく、近視・遠視・乱視まで計測可能なスマホde視力チェック「EyeQue VisionCheck」

みなさん視力は大丈夫ですか?
視力は体調とも連動して日々変化し、徐々にですが年齢を重ねると共に老眼が入ると共に乱視も入って来て段々とモノを見る事が辛くなって行きますが、視力は非常に変化がゆっくりですので、本人的にはちょっと今日は見辛いかな?と言う程度で視力が悪くなっていると言う自覚は全くありません。

そこで見辛いからと眼鏡を作り直すのは良いのですが、均一価格の眼鏡店と言う事で見に行ったのに、本人的にはあまり気に入らないフレームだったにもかからず煽てられるままに勧められ、更にレンズも標準ではないレンズに追加でUV加工や着色まで勧めらてかなり余分な出費をしてしまったと言う気弱な方に、視力を自宅で簡単にスマートフォンで計測できるだけでなく、眼鏡を作る上で必要な度数情報まで計測できる「EyeQue VisionCheck」を今回はご紹介致します。


“視力を継続的に計測できるだけでなく、近視・遠視・乱視まで計測可能なスマホde視力チェック「EyeQue VisionCheck」” の続きを読む